すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

主が喜ぶ実



テーマは「 主が喜ぶ実 」です


【マタイの福音書3章6-8節】

自分の罪を告白して、ヨルダン川で彼からバプテスマを受けた。

しかし、パリサイ人やサドカイ人が大ぜいバプテスマを受けに来るのを見たとき、ヨハネは彼らに言った。「まむしのすえたち。だれが必ず来る御怒りをのがれるように教えたのか。

それなら、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。

実を結ぶ木はたくさんあります。


しかし、ある実はとても美味しいですが、ある実は食べると大変なことになります。

良い実と悪い実があるので、見極める必要があります。


人間が結ぶ実も、良い実があれば悪い実もあります。


特に宗教儀式に熱心なパリサイ人やサドカイ人たちは敬虔な実を結んでいるように見えましたが、実はすべて神と人を騙す偽善の実でした。


主が忌み嫌う実でしたので、ヨハネも彼らに向かって「悔い改めにふさわしい実を結びなさい」と言いました。



私たちが悪い実を結ぶならば、神は悪い木をみな切り倒されて、火に投げ込むと言われました。


ですから 後に後悔することがないように、主が喜ぶ実を私たちは結ばないといけないです。

主が喜ぶ実はどんな実でしょうか。




愛の実




神を愛し、人を愛して結ぶ実を主は喜びます。

愛のない者が結ぶ実は すべて価値のない実です。


【第1コリント13章3節】

また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。



悔い改めの実




罪人が罪を悔い改めて主に立ち返ることを 主はとても喜びます。


そして悔い改めにふさわしい実を結ぶことを喜びます。


取税人のかしらであったザアカイは主に出会って、すぐに悔い改めにふさわしい実を結びました。


「主よ。ご覧ください。私の財産の半分を貧しい人たちに施します。また誰からでも、私がだまし取った物は、四倍にして返します。




光の実




【エペソ5章8-9節】

あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。光の子どもらしく歩みなさい。

──光の結ぶ実は、あらゆる善意と正義と真実なのです──



伝道の実




魂が救われることを誰よりも望んでおられるのが主です。

ですから私たちは主が喜ぶ伝道の実を結ばないといけないです。


【マルコの福音書16章15節】

それから、イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。


私たちに恵みを与えておられる主は、その恵みによって私たちが良い実を結ぶことを期待します。


恵みの中で成長し、主が喜ぶ実を結ぶ時に、主はさらにその人たちを祝福しますが、悪い実を結ぶ者は必ず神の御怒りに会います。


いま良い実を結んでいますか?


2019.11.24
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖徒の生活



テーマは「 聖徒の生活 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 16章21~26節

それから、イエスは弟子たちに言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、 自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。 いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は 、それを見いだすのです。 人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、 人はいったい何を差し出せばよいでしょう。(マタイ16:24~26)

【 要 旨 】

聖書の福音の奥深いところは、聖書を通して知らなければならない。

神は私たちと共におられて、自分の十字架を背負って、わたしについて来なさいと言われるのは、最初であり、またすべてである。


しかしながら、このように聖書に忠実に真の言葉を語る教会は少ない。

私たちがしたいという信仰生活と、神がしなさいという生活とは、全く異なるのであるが、人間的でないと信徒が集まらないためか、 真実とかけ離れたパリサイ人のような教えになっているのである。


私たちが教会に来る理由は、種なしパンである主に従うということで、光と真理を求めるためである。

聞く耳のある者にのみ、教会は教えるべきである。

世の中的な肉的なことでは本物の聖徒にはなれないし、いつまでたっても罪が分からない。


私たちは、主に従う生活、すなわちイエスと共にいて、イエスのために生きる生活をしないと、生まれ変われない。

イエスの十字架による代価で買い取られているのであるから、古い罪人である自分を否定する生き方に変えてほしい。


神と対決しても勝利する者は一人もいない。

神の栄光にならないものは捨ててしまって、真の命を損じないように生きることが大切である。

2014.11.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ