テーマは「 兄弟愛の責任 」です


◎基調聖句 ヨハネの手紙第一 3章13~24節

◎関連聖句 ヨハネの手紙第一 4章20~21節

キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟のために、いのちを捨てるべきです。 世の富を持ちながら、兄弟が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。 子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行いと真実をもって愛そうではありませんか。(Ⅰヨハネ3:16~18)

【 要 旨 】

全ての愛は神様の望むものではありませんが、互いに愛し合っている状況は神様の喜びです。

兄弟を憎む者は、皆人殺しです。


しかし、兄弟を愛する者は、死からいのちに移されます。

愛は私たちにイエス様がいのちを捧げて下さったことを証しすることであり、証しされた人々には、命が流れてゆくのです。


「愛する娘を殺されても、私はその者を赦します。犯人の命をとることは、罪を犯すことですから」と言われる立派な方がいらっしゃいます。

「兄弟を愛しなさいというのは、神様の命令ですから、それを行動に移します。」とも。

憎しみは自分の首を絞めるようなものですから。


モザンピークで2000以上の教会をもって働いている女性の友人は、神様を愛する姿が素晴らしいです。

名前のない、すなわち神から存在を否定されている人を祈り、逆に赦して、イエスを信じなさいという真実の愛の行動で、困っている人達に、心を閉ざすことをしませんでした。


また、フランチェスコは、メンバーが断食をするのは、彼らが愛し合うことを実践する時であったのに、掟を破ってスープを飲んだ人を批判した若い人に対して、自らスープを飲んで、非難するのは、神様の正義に反すると、憎しみを戒めました。


これこそが真実の愛なのです。



神を愛すると言いながら、兄弟を憎んでいるなら、その人は偽り者です。目に見える兄弟を愛していない者に、目に見えない神を愛することはできません。(Ⅰヨハネ4:20)
と聖書は語ります。

2014.9.21
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■