すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

信仰生活

天国は誰が入るのか



テーマは「 天国は誰が入るのか 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 11章12節

◎関連聖句 ルカ13:24、Ⅰペテロ5:8~9

バプテスマのヨハネの日以来今日まで、天の御国は激しく攻められています。そして、激しく攻める者たちがそれを奪い取っています。(マタイ11:12)

「悔い改めなさい。天の御国は近づいたから」と言われているのに、その日のメッセージに無関心で、いくら笛を吹いても踊らない人は、天国へ入るのは難しいと言われています。

また、ルカ13:24では

努力して狭い門から入りなさい。なぜなら、あなたがたに言いますが、入ろうとしても入れなくなる人が多いのですから
とイエス様は言われているのですから。


高い山に登る人は、はじめは緩い道なので、賑やかなのですが、頂上が近くなると険しくなるので、静かになります。

信仰生活もそれに似ています。


もう一歩の所でダウンしないように気をつけてなくてはなりません。

教会の奉仕がつらくなったりした時は、サタンの策略ですから誘惑に負けないように気をつけましょう。


Ⅰペテロ5:8では

身を慎みなさい。あなたがたの敵である悪魔がほえたけるししのように、悔い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。
と書かれています。


このことに後で気がついても、手おくれになることが多いのです。

もう一つ大切なことは、パリサイ人のように二重生活をすることを避けることです。


肉の思いが強くなったと感じたなら、み言葉を口ずさんで下さい。

そして努力して良いことができると、イエス様が待っていて下さいます。


神さまの思いは、私たち全員が真理の道を究めて、天国に入ってくれることです。

2017.10.15
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖徒の基本的な信仰生活の姿勢



テーマは「 聖徒の基本的な信仰生活の姿勢 」です


◎基調聖句 テサロニケ人への手紙第一 5章16~22節

いつも喜んでいなさい。 絶えず祈りなさい。 すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。(Ⅰテサロニケ5:16~18)

【 要 旨 】

私たちの信仰生活には、夫々のスタイルがあるが、それでは聖霊は働きにくい。


しかし、そのスタイルは次々と変えるべきものである。

次々と新しいものに変えなければ、停滞してしまうからである。


「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことについて感謝しなさい。」というフレーズは、信仰の基本であって、簡単に思われるが、肉の姿があらわれて来ると、実際の信仰生活では貫徹は難しいものである。


神様の霊的祝福は永遠の命であり、自分の気分次第で変えるべきものではないが、実社会で生活していると、神様が望んでいる所の祈り、交わり、感謝は困難な場合が生じるので、父、御子、御霊といつも交わり、どんな時でも、つぶやかないようにして、自分の思いを捨てる努力をしなければならない。


また、「預言をないがしろにしてはなりません。」とも言われている。

これは偽預言者に気を付けなさいと言うことであるが、本物かどうか見極めて識別することは、かなり難しい。


要は、どんな悪でも避けること、小さな悪でも誘惑されないように、神の言葉の基本をしっかりと身につけ、生きたクリスチャン生活に励むことに尽きる。

一番確かなのは、預言などは、その実を結んでいるか否かである。


聖霊の火を消してはなりませんとも言われている。

要は生きた信仰生活を送って、いつも、喜び、祈り、感謝する中で、より本物に近づくことが、基本的な姿勢であることを忘れてはならない。

2016.1.24
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主のことばに親しむ



テーマは「 主のことばに親しむ 」です


◎基調聖句 詩篇 1篇2~3節

◎関連聖句 ローマ10:17、Ⅰペテロ2:2、申命記6:6-7、マタイ4:3-11、詩篇119:105

まことに、その人は【主】のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。 その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。(詩篇 1:2~3)

【 要 旨 】

私たちが、先ず第一に実行すべきことは、霊的食物であるみことばを熱心に食べ続けることである。


Ⅰペテロ2:2には

生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。それによって成長し、救いを得るためです。
と書かれている。

神の民であるユダヤ人は、子どもの時から聖書に親しんできているが、我々日本人はそうではない人が多いので、一層の奮励努力が要る。


また、ローマ6:6-7には

私がきょう、あなたに命じたこれらのことばを、あなたの心に刻みなさい。これをあなたの子どもたちによく教え込みなさい。あなたが家に座っているときも、道を歩くときも、寝るときも、これを唱えなさい。
とある。


かつては日本の子どもは昔話などで、訓練されていたようであるが、現代はテレビやゲームなどにうつつをぬかし、人殺しが平気になるような、色々な問題を起こしている。

そのようなものを捨てて、新しい人になることが切に望まれる。


そのためには暗唱聖句を毎日唱えることが大事なことで、これがなければ霊的な信仰生活には入れない。


みことばは、不安を拭い去ってくれる。


ヨシュアは神に「雄々しくあれ、強くあれ」と励まされて、連戦連勝したように、聖書のみことばは毎日の希望である。


みことばは神を伝道できる。
語る言葉を持っていることは、それを毎日口ずさんでいることは、必要な時に、必要な人に伝えることができるわけで、知恵を得て、正しい決定ができる。


あなたのみことばは私の足のともしび、私の道の光です。(詩篇119:105)

みことばと祈りは我々には欠かせない。

2015.11.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

良いサマリヤ人のたとえ



テーマは「 良いサマリヤ人のたとえ 」です


◎基調聖句 ルカの福音書 10章30~37節

次の日、彼はデナリ二つを取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『介抱してあげてください。もっと費用がかかったら、私が帰りに払います。』 この三人の中でだれが、強盗に襲われた者の隣人になったと思いますか。」 彼は言った。「その人にあわれみをかけてやった人です。」するとイエスは言われた。「あなたも行って同じようにしなさい。」(ルカ10:35~37)

【 要 旨 】

基調聖句ルカ10:30~34は、先週の週報に示している。

ある人が強盗どもにおそわれて、着物をはぎ取り、なぐりつけ、半殺しにして逃げたのに、祭司もレビ人も見ないふりをして、反対側を通り過ぎてしまったが、旅の途中のサマリヤ人は彼を見て、近寄ってオリーブ油とぶどう酒を注いで、介抱したという現場の状況である。


旧約で信仰深いと言われている祭司たちは、立派な信仰を学んでいながら、何で助けなかったのであろうか。

信仰生活には教会生活と隣人に接する生活の両面が必要である。

隣人のものを盗んではならないという十戒を学んでいながら、良心が麻痺されているとしか言いようがない。


自分さえ良ければいいというのはサタンの生活である。

イエスはそれを反省し、いたく心を痛められ、憐れみの心、すなわち道徳的な心を持つ手本として弟子たちに示されたのである。


隣人に無関心であるのは、私の物は私の物という憐れみの心のない生活で、偽善的な態度である。

人は自分のためだけでなく、他人のために生きねばならない。

それが親切で、善を行い、感謝する生活である。


口先だけでいいことを言うのではなく、サマリヤ人のように善を行い、100人位は隣人を持つように、あなたもしなさい。

2015.6.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ