すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

信仰

信仰の人と不信仰の人



テーマは「 信仰の人と不信仰の人 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 9章18~34節

◎関連聖句 マタイの福音書 9章13節

この人たちが出て行くと、見よ、悪霊につかれて口のきけない人が、みもとに連れて来られた。 悪霊が追い出されると、その人はものを言った。群衆は驚いて、「こんなことは、イスラエルでいまだかつて見たことがない」と言った。 しかし、パリサイ人たちは、「彼は悪霊どものかしらを使って、悪霊どもを追い出しているのだ」と言った。(マタイ9:32~34)

【 要 旨 】

イエスは山上の垂訓のあと、カペナウム、ガリラヤあたりで多くの奇跡やいやしを行った。

そのことがマタイの9章に書かれている。


いやされた人は、その人の信仰によるとイエスは言われた。

しかし彼らは信仰を持っていてイエスの所に来たのではなく、自分の力では、どうしようもない可哀想な人であった。


何不自由のない人は、神の不必要な人々であり、そのような人には神の奇跡は起こらない。


神のみが頼りの人、すなわち持っている物をすべて捧げて、神のみを信じる人には、神の助けがあり、信仰を得て永遠の命に入ることができる。

人生の荒野を通る者は、金と権力には左右されないで、神からの奇跡が体験できる。


これに対して、目の前にイエスがいても信じない人がいる。


律法学者やパリサイ人がその類である。

彼らは自分の思いだけ、すなわち、宗教は信じるが、神は信じていない人たちである。


マタイ9:3には

律法学者たちは心の中で、この人たちは神を汚している
と言ったと記されている。


素直になれない人は、不信仰の人になることを如実に示している。

また、パウロもイエスに会うまでは、自分自身の知識を力にしていた。


人間は失敗する動物である。

しかし、それが駄目だとは決まらない。


自分で解決できない時は、まず神の前に出て、助けて下さいと言えばよい。


不信仰を手放さないと、神の恵み、すなわち、成功は覚束ない。

これが真理である。

2017.7.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

偏見を捨てましょう



テーマは「 偏見を捨てましょう 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 7章45~52節

彼らのうちのひとりで、イエスのもとに来たことのあるニコデモが彼らに言った。 「私たちの律法では、まずその人から直接聞き、その人が何をしているのか知ったうえでなければ、判決を下さないのではないか。」 彼らは答えて言った。「あなたもガリラヤの出身なのか。調べてみなさい。ガリラヤから預言者は起こらない。」(ヨハネ7:50~52)

【 要 旨 】

偏見を捨てるには、肉にあるものを取り除き、神からの霊的訓練を受けることから始まる。

イエスの話に多くの人は耳を傾け、信仰を持つようになったが、パリサイ人は自尊心が強く、イエスのすべてが嫌いだという想いに満たされていた。


それで律法を知らない群衆は惑わされている。呪われていると言った。

そして、ガリラヤからは預言者も奇跡も起こらないと断じた。

これは偏見以外の何ものでもない。


今の時代でも、キリスト教に対する偏見がある。

また、教会の中でも争いが生じている。


偏見は間違った判断を引き起こす。
民族、出身地、学歴などに対する偏見は、分裂を起こし教会を惑わす。


自分だけが正しいと考えないで、他人は自分より立派だと認識すべきである。

そうでないと悪魔に取りつかれてしまう。


罪人と見られている人とは交わらないと決めているパリサイ人と同じ考えではいけない。

韓国人に対して、一部の日本人は偏見を持っている。

よくよく調べないで、他人の悪口を言うことは、自分は正しいとの思いからの独断である。


誰かの悪口を言うのは、皆の気分を悪くする。
すなわち悪影響を与える。


私たちはひとつづつでも、偏見を減らして行こうではないか。

真理を知らずに、神に反対する者になってはならない。

イエスの命をいただき、真理を見出す者にさせていただこう。


盲人が盲人の手引きをすると二人とも穴に落ちると言われている。

2017.7.2
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

勝利を得る者



テーマは「 勝利を得る者 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 13章13節

◎関連聖句 マタイ22:23、第1コリント3:11~15、第2テモテ4:6~8、3~8、2:3~6、マタイ22:37~40、黙示録2:3~5

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。(第1コリント13:13)

【 要 旨 】

「いつまでも残るもの、すなわち勝利を得る者は、信仰と希望と愛で、その中で一番すぐれているのは愛です」
と第1コリント13:13でパウロは言っています。


神の国は、オリンピックの勝利者のような、この世の勝利者とは異なっています。


いくら預言や奇跡を沢山行ったからと言っても、イエス様に褒められない人は、裁きの日には不法を成す者ども、わたしから離れて行けと告げられ、あなたを全然知らないと突き放されることになります。


イエス様の前に残る者を神様は評価して下さいます。

それは忠実な者で、完成に向かって、信仰を成長し続ける者であって、自分の命の尽きるまで、上記(第2テモテ4:7~8)で告白しているパウロに見習うべきです。



世を愛すると、イエス様の決めた信仰の道をそれてしまいます。

神様は公平な方です。


最後まで忠実に走り続けるなら、私たちのために素晴らしいものを用意して下さいます。


神さまの永遠の国を相続させて下さいます。

それが神の国の希望、栄光、収穫を得ることで、勝利を得る者ということになります。


神の愛は私たちをキリストの花嫁として受け入れて下さいます。


この世は段々と不安全になって来て、いつ滅亡するか分からない状況にあります。

完全に悔い改めて、始めの愛を持ち続けて、勝利を得る者とさせていただきましょう。

2017.5.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

みことばによる回復



テーマは「 みことばによる回復 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 8章5~13節

◎関連聖句 ローマ10:17、へブル4:12

イエスがカペナウムに入られると、ひとりの百人隊長がみもとに来て、懇願して、 言った。「主よ。私のしもべが中風で、家に寝ていて、ひどく苦しんでいます。」 イエスは彼に言われた。「行って、直してあげよう。」 しかし、百人隊長は答えて言った。「主よ。あなたを私の屋根の下にお入れする資格は、私にはありません。ただ、おことばを下さい。そうすれば、私のしもべは直ります。(マタイ8:5~8)

【 要 旨 】

マタイの福音書8章5~13節は、支配者であるローマ帝国から来た百人隊長であり、神のみ言葉による権威を、イエスが驚くほどよく理解していた。


信仰とは、まだ見ていないものを信じ切ることである。

命をかけて戦うということは、上からの権威に従い、部下には完全に従わせることができないと勤まらない。


百人隊長はそれができたので、イエスはイスラエルのうちの誰にもこのような信仰を見たことがないと誉めた。


この世で最も恐るべきものは、神の権威による神の言葉である。


北朝鮮の金正恩は自らを権威だててはいるが、単なる暴君である。

悪いことのために人民を支配し、自らが好き勝手にふるまっているだけである。


それに対して、神は忍耐して我々を待っていて下さり、信仰の成長を見守って下さっている。

であるから、み言葉を賜わり、心を燃やして下さいと祈らなければならない。


ローマ人への手紙10章17節には

信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみ言葉によるのです
と書かれている。


神のみ言葉に従えば、百人隊長のような、まことの信仰を得ることができる。

しかし、多くの人は従わない。


これは神を無視することであるが、それでも神は忍耐して待っていて下さる。


私たちは権威に従うべきと心に決めれば、その熱い想いで、神はみ言葉を下さり、本来のあり方に回復させて下さる。

2017.5.21
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主と弟子の再会



テーマは「 主と弟子の再会 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 26章31~32節、28章6~7節

◎関連聖句 マルコ16:11、マタイ28:16~17、マルコ16:14

「ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。 ですから急いで行って、お弟子たちにこのことを知らせなさい。イエスが死人の中からよみがえられたこと、そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれ、あなたがたは、そこで、お会いできるということです。では、これだけはお伝えしました。」(マタイ28:6~7)

【 要 旨 】

今日はイースター(復活祭)です。

イエスは世にあった最後の日に、弟子たちに二つの約束をされました。


よみがえってガリラヤへ行くことと、必ず再臨するという約束です(再臨はまだ実現しておりません)。

しかし、弟子たちはイエスに言われた約束は、心に残っていませんでした。


信じていない姿、これが私たち人間の姿なのです。

復活したイエスを弟子たちは信じようとせず、疑った者もいました。


先入観や自分の経験や思いを大切にするので、復活を信じることができなかったのです。

いくら真理であっても、自分で理解できないことは、受け入れないのです。


しかし、イエスは神の子だと霊的にとらえて、主の言葉はすべて真実だと信じた人には、イエスは必ず来て下さいます。

「主よ、来てください。」と言えば必ず来て下さいます。


これが信仰というものです。


再臨を信じない世の人のようであってはいけません。

2017.4.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ