テーマは「 敬虔な信仰の人テモテ 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 2章19~22節

◎関連聖句 テモテへの手紙第一 5章23節

だれもみな自分自身のことを求めるだけで、キリスト・イエスのことを求めてはいません。 しかし、テモテのりっぱな働きぶりは、あなたがたの知っているところです。子が父に仕えるようにして、彼は私といっしょに福音に奉仕して来ました。(ピリピ2:21~22)

【 要 旨 】

テモテはパウロと同様に、ユダヤ教からキリスト教に改宗した人であります。

それは、自己犠牲となる献身者として福音に奉仕する者となり、命までも100%神であられるキリストに捧げる決意をしたからです。


人は価値観で決まります。
それは何が命をかけるに値するかということ、すなわち、神にすべてを寄進しても良いという思いです。

パウロもキリストを見た時、彼の中に大きい変化が生じました。

使命のための価値観が変わったのです。


テモテも同じ道を歩んで行くことになりました。

パウロはテモテがいたので、福音活動に励むことができました。

テモテは若い時に救われた従順な人です。


パウロに訓練され、パウロに聞いてことを実行しました。

パウロとテモテはお互いに生きる目標を確認して、更に従順さを増して行きました。


ゆとりがない、力が足りないと言う人は、従順な人ではありません。

従順するということは、自分の思いは外すことで、自分を考えに入れてはならないのです。


パウロもテモテも、そんなに健康とは言えませんでした。

それで、Ⅰテモテ5:23にあるように、薬の代わりとして、ぶどう酒を飲んでいました。


テモテの病気は、神の計画の中にある従順さを保つための弱さで、それ故に一生懸命働けるとパウロは言いました。

条件が良くても悪くても、喜びを持って、神の福音を伝えること、これが生きた信仰です。


私たちは発想の転換を求められています。
テモテに学びましょう。

2016.2.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■