すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

伝道

弟子としての福音伝道



テーマは「 弟子としての福音伝道 」です


◎基調聖句 使徒の働き 8章4~8節

◎関連聖句 ヨハネ3:16、Ⅰコリント15:3、使徒4:19、 使徒2:37~38、コロサイ2:6~7

他方、散らされた人たちは、みことばを宣べながら、巡り歩いた。 ピリポはサマリヤの町に下って行き、人々にキリストを宣べ伝えた。 群衆はピリポの話を聞き、その行っていたしるしを見て、みなそろって、彼の語ることに耳を傾けた。(使徒8:4~6)

【 要 旨 】

弟子に対するイエスの命令は、

  • ①互いに愛し合いなさい。
  • ②全世界に出て行きすべての造られた者に福音を宣べ伝えなさい。

―であった。


福音伝道というのは、神のひとり子であるキリストの福音メッセージが中心であるから、受ける人の信じるか否かは別の問題であり、弟子たちは伝える責任がある。

日本人は多宗教であり、キリスト教は1%以内であるから、このことは理解し難い。


ヨハネ3:16には、

神は実にそのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
とヨハネは宣言している。


要は神の霊的祝福を伝える方法が、大切なのである。

ピリポの巡行を見るにつけても、私たちは初代教会の福音について、もう一度考えなければならない。


すなわち、伝えたい思いを聖霊に満たされて祈り、伝道の賜物を活かして、エリシャのように働くべきである。


伝道の実を結ぶためには、私たちは他人の話をよく聞いて、聖書の導きを受け入れ、たましいに必要な、永遠に変わらないみことばを期待することから始めよう。

伝道は主の仕事ととらえて働こうではないか。


キリスト教が伝えないため、イスラム教は勢いがある。
これは私たちの脅威である。


神に祈り、福音を伝えると神は助けてくれる。

この時、力を持って伝道することができる。その働きには、知恵と勇気が与えられる。

2015.8.2
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

あなたの信仰を点検しなさい



テーマは「 あなたの信仰を点検しなさい 」です


◎基調聖句 ペテロの手紙第一 2章9節

◎関連聖句 使徒2:44~46、へブル10:25、マタイ28:19、
マルコ16:15、使徒1:8、使徒8:1

しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。 それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、 あなたがたが宣べ伝えるためなのです。(Ⅰペテロ2:9)

【 要 旨 】

教会はイエス様が残したもので、建物のことをいうのではなく、主の名によって聖徒たちが集まる所である。


教会は霊的に言うとイエスの身体であり、イエス様が頭である。

その役割は大きく分けて二つある。


第一はエクレシアと言われる役割で、神に召された者が共に集まることを意味する。

すなわち、闇から光に招かれた人々が集まって、神の御言葉を聞き、神の御心を知る所で、人々の成長を助けるという大切な仕事を担っている。

そこで、神の御言葉を聞き、祈り、神と親しく交わり、神の恵みを授かる。この神からの特権(恵み)を空しく受けてはならない。


第二の役割はディアスポラと呼ばれ、これは散らされた人々という意味で、散っていって伝道することである。

このことは、マタイ28:19、マルコ16:15、使徒1:8に書かれているように、祝福を受けた人は、まだ受けていない人に伝道するという大切な役割である。


伝道により、リバイバルを起こすのが主な任務であるが、伝道しないと迫害が生じる恐れがある。

使徒8:1には、使徒以外の人々は散らされたと記されている。


光に生きると、神は必ず魂を生き返らせて下さる。

教会の役割を守って、神の民となる働きをしよう。

2014.10.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

実の意味



テーマは「 実の意味 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 13章8節

◎関連聖句 ルカ6:43~44、ローマ6:22~21、ガラテヤ6:8、
         マタイ3:10、ガラテヤ5:22~23、テトス3:14

悪い実を結ぶ良い木はないし、良い実を結ぶ悪い木もありません。 木はどれでも、その実によってわかるものです。いばらからいちじくは取れず、野ばらからぶどうを集めることはできません。
(ルカ6:43~44)

【 要 旨 】

愛情のこもった野菜は本当に良い実である。
さて、聖書の実は霊的行動の結果であって、人の一人ひとりの行いは、その人を見て判断できる。
いばらからいちごはできない。行動は、身体にその結果が現れるものである。

良い実を結ぶには、キリストに属していて、信頼してつながっていることである。
イエスの弟子たちは、イエスを見習っていて、人間が変わって、その行いが良い実を結んだ。


罪の奴隷であったままでは、良い実は結ばないし、行く先は死である。み言葉により神の世界に入れられて命を得る。
―― これが良い実となる。

御霊のために蒔く者は、永遠のいのちを刈り取ることができるが、
肉のために蒔く者は滅びを招く、み言葉のために働く者は、神から祝福されて、報われる。
しかし、そうでない者 すなわち自分の弱さを認めないで、
神を信頼しない不信仰な者は、実を結ばない木として伐り倒される。


ガラテヤ書5:22~23には、「御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。」と記されている。いつも神様からの賜物を求めて、それを用いて伝道するならば、良い実がみのる。

2013.10.13
礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長・/a>


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ