テーマは「 律法と山上の説教の関係 」です


◎基調聖句 出エジプト記 21章23~25節

◎関連聖句 ヨハネ13:34、マタイ5:21~22、27~28、38~42、Ⅰテサロニケ5:15、マタイ5:43~44、マタイ5:20

しかし、殺傷事故があれば、いのちにはいのちを与えなければならない。 目には目。歯には歯。手には手。足には足。 やけどにはやけど。傷には傷。打ち傷には打ち傷。(出エジプト記21:23~25)

【 要 旨 】

律法は厳格な神の旧約時代の啓示である。

新約では、イエス・キリストは旧約を完成させるためにこられた。


そのことはマタイの福音書の5章に山上の垂訓(説教)として、出エジプト記と同じようなことが書かれていることで分かる。

似たようなことは、イスラム教のコーランにも書かれている。


ヨハネ13:34には

あなたがたに新しい戒めを与えましょう。あなたがたは互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、そのように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。
とイエスが言われたと書かれている。


愛するためには忍耐と寛容が必要不可欠である。

ということは、律法(モーセの十戒)も山上の垂訓(イエスの説教)も本質は同じなのである。


我々は、言葉で悔い改めて、人々を赦して、憎しみを増大させないようにしなくてはならない。


イエス様から見ると、人々は誰でも人殺しである。

すべての人は心の中の怒りが行動になる。


今、流行のウザイとか死ねとかと言うのは、人を自殺に追い込む。

神の言葉は、天地が滅んでも廃れない。


天国に入りたい者は、自分を捨てて十字架を負ってイエスについて行こう。

旧約の律法は、これと同じである。


私たちはあくまでも神の言葉に従順すべきである。

2016.12.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■