テーマは「 神が私たちに愛を示された 」です


◎基調聖句 ヨハネの手紙第一 4章9~10節

◎関連聖句 ヨハネ3:16、ヨハネ15:9、ヨハネ15:13~14、
ローマ5:7~8

神は実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3:16)

【 要 旨 】

神の愛を悟るなら、何がなくとも心が満たされる。

自分も心から神を愛することができると、聖書は様々な形でそれを示している。

そこで今日は、このことを3項目に分けて解説する。




⑴神はそのひとり子を世に遣わした

神はイエスを人に仕えさせた。
イエスは、わたしは父の中にいると言われた方であるのに、私たち罪人の奴隷にするような形をとられた。

それほどまでに世を愛された。

この神の決断、これこそが神の愛である。




⑵神は私たちに警告を発せられた

神の主権に我々人間は従うべきであるのに、善悪の知識の木の実を食べて、罪人となった私たちを憐れんで、命を繋ぎ止めて下さった。

私たちの命を再認識させるために、また罪の苦しみから救うために留めない愛を示されたのである。




⑶神を愛してない人たちも含めた全人類(罪人)をも愛された

私たち罪人に対して、ひとりとして滅びることのないように、永遠のいのちを持たせるのが神の愛である。

これほどの神の愛に対して、我々は感謝しているであろうか。

特にこのクリスマスの時は、その愛を再認識したい。

2014.12.21
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■