テーマは「 愛の実践 」です


◎基調聖句 ヤコブの手紙 2章1~9節

私の兄弟たち。あなたがたは私たちの栄光の主イエス・キリストを信じる信仰を持っているのですから、人をえこひいきしてはいけません。 あなたがたの会堂に、金の指輪をはめ、りっぱな服装をした人が入って来、またみすぼらしい服装をした貧しい人も入って来たとします。 あなたがたが、りっぱな服装をした人に目を留めて、「あなたは、こちらの良い席におすわりなさい」と言い、貧しい人には、「あなたは、そこで立っていなさい。でなければ、私の足もとにすわりなさい」と言うとすれば、 あなたがたは、自分たちの間で差別を設け、悪い考え方で人をさばく者になったのではありませんか。(ヤコブ2:1~4)

【 要 旨 】

聖書のすべての言葉のうちで、「心を尽くして主を愛しなさい。」と「あなたの隣人を愛しなさい。」の戒めが、神の前の裁きにつく時の最も大切な戒めである。

これらを守れない人に、神は「あなたをわたしは知らない。」といわれる。

これが神の第一の評価だからである。


教会は、すべての人に対して門戸を開いている。

教会の主はイエス・キリストである。

知識のある者をイエスは受け入れないが、疲れた人、病気の人、貧しい人、罪人を歓迎される。


貧しい人を差別することは、人を裁くことであり、人間にはその権限はない。


善悪の判断は、人間には与えられてなく、これは神の権限に属する。

そして、これを犯す者は違反者として責められて言い訳できない。


イエスは弟子の足を洗った時、

わたしのしたようにしなさい。貧しい者、最も小さい者にしたことは、わたしにしたのです。人は愛によって変えられ、そうなれば清くなります。
と言われた。


主に仕えることは、主の戒めを覚えて行動することである。

問題のある人はつらい。何もかも失った人に必要なのは、愛して仕えることである。


神はあなた方が互いに愛し合いなさい。そして与えなさいと言われる。

私たちは渇いた者であったが、互いに愛する者となり、神の最大の戒めを実践しよう。

2015.10.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■