テーマは「 真の弟子パウロの人生目標 」です


◎基調聖句 使徒の働き 21章10~15節

◎関連聖句 使徒21:4、ルカ9:51、ヨハネ16:24、ルカ14:26~27、使徒20:22~24、ルカ14:26~27

私たちはこれを聞いて、土地の人たちといっしょになって、パウロに、エルサレムには上らないよう頼んだ。 するとパウロは、「あなたがたは、泣いたり、私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は、主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることばかりでなく、死ぬことさえも覚悟しています」と答えた。(使徒21:12~13)

【 要 旨 】

真の弟子は皆、聖霊に満たされていた。

しかし、神の計画であれば、苦しみの道もある。


パウロは苦難の道を上るのが、神の御心と考えていた。

人間的な思いでは、真の人生目標に到達はしない。


使徒21:13には

するとパウロは、あなたがたは、泣いたり、私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることばかりではなく、死ぬことさえも覚悟しています。
と引き止めようとする者に答えている。


私たちも人生目標は、イエス様といつまでも共にいることである。

そしてイエス様のあとを親密に歩むことである。


イエス様は、私たちのために命を捧げてくれたのであるから。

ルカ14:26~27にはそのことが、はっきりと書かれている。


パウロは苦しみの中でも神に文句を言わなかったのは、脇道にそれることのない目標を神に置いたからである。

主のために生き、主のために死ねる。

そして永遠の命に生きるという人生に照準を当てている。


私たちも、この世の多くの誘惑から外れて、残り少ない人生を正しく歩みたいものである。

2016.8.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■