すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

不従順

信仰を妨害するもの



テーマは「 信仰を妨害するもの 」です


【ルカの福音書14章16-24節】

するとイエスはこう言われた。「ある人が盛大な宴会を催し、大ぜいの人を招いた。

宴会の時刻になったのでしもべをやり、招いておいた人々に、『さあ、おいでください。もうすっかり、用意ができましたから』と言わせた。

ところが、みな同じように断り始めた。最初の人はこう言った。『畑を買ったので、どうしても見に出かけなければなりません。すみませんが、お断りさせていただきます。』

もうひとりはこう言った。『五くびきの牛を買ったので、それをためしに行くところです。すみませんが、お断りさせていただきます。』

また、別の人はこう言った。『結婚したので、行くことができません。』

しもべは帰って、このことを主人に報告した。すると、おこった主人は、そのしもべに言った。『急いで町の大通りや路地に出て行って、貧しい者や、からだの不自由な者や、盲人や、足のなえた者たちをここに連れて来なさい。』

しもべは言った。『ご主人さま。仰せのとおりにいたしました。でも、まだ席があります。』

主人は言った。『街道や垣根のところに出かけて行って、この家がいっぱいになるように、無理にでも人々を連れて来なさい。

言っておくが、あの招待されていた人たちの中で、私の食事を味わう者は、ひとりもいないのです。』」

神によって人間には自由意志が与えられ、人間はそれで選択することが出来ます。


選択権で自由に選択出来ますが、神は私たちが正しい選択をすることを望んでいます。

誤った選択の結果は、すべて自分に降りかかります。



本文は例えですが、盛大な宴会を用意したのは神様です。

そして大勢の人を招きました。


盛大な宴会なのに招かれた人たちは、神の思いや宴会のことにはまったく関心がなく、みな断り始めました。


その理由はちっぽけな理由でした。

生死にかかわる理由は一つもありませんでした。



昔も今も人々は福音を聞いても、天国の話を聞いても同じ理由で断ります。

何を選択するかは彼らの自由意思に懸かってあります。



家の主人は良いものを用意して招待したのに、みんなが断ったことで怒りました。


招待された人たちの選択を皆さんはどう思いますか。

良い選択でしたか。


彼らは悪い選択をしました。



その結果は「主の食事を味わう者は一人もいません。」でした。

天国に入ることがないですね。


なぜ素直に受け入れることが出来なかったでしょうか?

色々な要素があったと思います。



彼らの高慢、ものに対する貪欲、世に対する快楽、不従順な心、迷い、世の心配、サタンの邪魔などがあるので、誤った選択、愚かな選択をして、取り返しのつかない失敗をします。

頭が良いから正しい選択をするのではないです。


神を恐れ、みことばを信じる人が正しい選択をします。


2020.9.20
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

堕落してしまったアダム



テーマは「 堕落してしまったアダム 」です


【創世記3章17-19節】

また、人に仰せられた。「あなたが、妻の声に聞き従い、食べてはならないとわたしが命じておいた木から食べたので、土地は、あなたのゆえにのろわれてしまった。あなたは、一生、苦しんで食を得なければならない。

土地は、あなたのために、いばらとあざみを生えさせ、あなたは、野の草を食べなければならない。

あなたは、顔に汗を流して糧を得、ついに、あなたは土に帰る。あなたはそこから取られたのだから。あなたはちりだから、ちりに帰らなければならない。」

最初の人アダムが犯した罪の責任はとても大きいです。


彼は神が臨在する世界、いのちあふれる世界、完璧な世界に最初に罪をもたらした人間です。


聖書はアダムが犯した罪の重さに対して このように記録してあります。


【ローマ5章17節】

もしひとりの違反により、ひとりによって死が支配するようになったとすれば、

【ローマ5章18節】

こういうわけで、ちょうどひとりの違反によってすべての人が罪に定められたのと同様に

【ローマ5章19節】

すなわち、ちょうどひとりの人の不従順によって多くの人が罪人とされた

アダムの罪は神のことばに対しての不従順でした。

神のことばには逆らい、サタンのことばには聞き従いました。


この世では殺人を一番悪い罪と考える傾向がありますが、神から見ると神への不従順が一番大きい罪です。


被造物が創造主に逆らう行為は決して小さい罪ではないです。


神に栄光をささげる使命があるのに、神を侮辱しました。


自ら神になろうとしました。

反逆罪があります。



罪は神との関係をまず壊しました。

罪を犯した人間が最初に取った行動は神から隠れることでした。


悔い改めもせず、言い訳と責任転換でした。

神への非難も口にしました。



堕落した人間の醜い姿をアダムからまず見ることが出来ました。


転落した人生を見ると悲惨で悲しくなります。

アダムの転落した人生がある意味、一番悲惨な転落でした。


罪を犯した人間に与えられたのはのろいでした。


エデンの園から追い出され、死が入りました。

そして一生労苦しながら食を得なければならなくなりました。



神と親しく歩むことが出来なくなり、地上ではさすらい人になりました。

重荷を負って苦しみながら生きる人生になりました。


神が与えた祝福すべてを失ってしまいました。

そして全人類がアダムの罪の結果で、罪に支配されるようになりました。


もしアダムが罪を犯さなかったならば、今の不幸な世界は存在しないと思います。


あらゆる不幸をすべて神のせいにする人が多いですが、神ではなく、アダムのせいで悪いものがすべて始まりました。


2019.3.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神を裏切った民



テーマは「 神を裏切った民 」です


【イザヤ書1章2-4節】

天よ、聞け。地も耳を傾けよ。主が語られるからだ。「子らはわたしが大きくし、育てた。しかし彼らはわたしに逆らった。

牛はその飼い主を、ろばは持ち主の飼葉おけを知っている。それなのに、イスラエルは知らない。わたしの民は悟らない。」

ああ。罪を犯す国、咎重き民、悪を行う者どもの子孫、堕落した子ら。彼らは主を捨て、イスラエルの聖なる方を侮り、背を向けて離れ去った。

裏切り者は 知っている人、それも信頼し、信用した人が良い関係を一方的に壊し、相手を辛い目に合わせる行為です。

された側の心の痛みはとても大きいです。


神ほど裏切られた経験が多い方はおられないと思います。


イスラエルの民族が選民になったことには目的がありました。

私たちクリスチャンは霊的イスラエルなので選ばれた目的は同じです。


【出エジプト記19章5-6節】

今、もしあなたがたが、まことにわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るなら、あなたがたはすべての国々の民の中にあって、わたしの宝となる。全世界はわたしのものであるから。

あなたがたはわたしにとって祭司の王国、聖なる国民となる。これが、イスラエル人にあなたの語るべきことばである。」

神の目的と期待がありました。

そして神は特別な祝福をイスラエルに与えました。


エジプトの奴隷から解放し、律法を与え、神は直接彼らの世話を毎日しました。

乳と蜜が流れるカナンの地に導き入れ、多くの祝福を与えました。


豊かになった彼らは、その時から神の愛を悟ることも、理解することもせず、つぶやきと不信仰、不従順が増えました。

神より世を愛する者になりました。


預言者を遣わして彼らの罪を指摘しても耳を傾けず、ますます罪を犯す民になりました。


その結果「祭司の王国」「聖なる国民」「神の民」が「罪を犯す国」「咎多き民」「悪を行う者どもの子孫」「堕落した子ら」になりました。


民全体の罪がどれほど深刻であるかを見せてあります。

このようになってしまった原因は、彼らが聖なる方を侮り、背を向けて離れ去ったからです。






罪の道を歩んで神を裏切る者たちは、まず神を捨てることから始めます。

神から一歩下がります。


自分の心と生活の中から神の存在を小さくしていきます。

神に従うことも神を喜ぶこともしません。


礼拝を形式的なものにしてごまかします。

そしてどんどん神との距離を広げていき、世に向かって歩み出します。


そしてそのうち神に完全に背を向けます。

また神を嫌う態度を見せます。



良い子が悪い子になっていく姿を想像したらよく分かると思います。

親から背を向け、親が嫌うことをし、親に反抗的な態度を見せます。


悪い子らと仲良くして、悪いことを平気に行います。

愛して育てた親の心に釘を打つようなことをします。


神を裏切る者も神に対してそのような行動をします。


神は痛みを感じない方でしょうか。

無感覚な方でしょうか。


誰よりも神は心を痛めておられます。



神はただ教会に通う人ではなく聖徒を捜しています。


形式的な礼拝をささげ、口先だけ愛を告白する者、神を裏切る者を見て嘆いておられます。


私たちの姿はどうでしょうか。

イエス様を裏切ったユダの結末を思い出しましょう。

それが今も行われています。


私たちのあるべき姿は心から神を愛し、賛美と感謝をもって主の前に出て、主をほめたたえることです。


2018.11.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

従順する人生



テーマは「 従順する人生 」です


◎基調聖句 申命記 28章1~14節

◎関連聖句 詩篇 23篇1~6節

もし、あなたが、あなたの神、【主】の御声によく聞き従い、私が、きょう、あなたに命じる主のすべての命令を守り行うなら、あなたの神、【主】は、地のすべての国々の上にあなたを高くあげられよう。 あなたがあなたの神、【主】の御声に聞き従うので、次のすべての祝福があなたに臨み、あなたは祝福される。 あなたは、町にあっても祝福され、野にあっても祝福される。 あなたの身から生まれる者も、地の産物も、家畜の産むもの、群れのうちの子牛も、群れのうちの雌羊も祝福される。(申命記28:1~4)

【 要 旨 】

聖書は白黒がはっきりしている。

祝福される人と呪われる人で、中間の人は登場しない。


神の約束は必ず成就する。

しかし、従順であることという条件がある。


熱心に祈っても祝福されない時は、自らの行動が従順であったかどうか調べる必要がある。


不従順の中では、悪魔が働くからである。

別の神についている人、困った時だけ祈る人では神は聞いてくれない。


教会に通っている人でも、不従順な人はいる。


神はその人の器を評価する。

不従順な人は神から離れてゆく。


イエス様は人間の世界(悪の世)にいても、一度も神に不従順なことはしなかった。

また、行いのない信仰も死んだようなものである。


ダビデは詩篇23:5~6で

私の頭に油を注いでくださいます。私の杯は、あふれています。まことに私の命の日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも主の家に住まいましょう
と言っている。


神は人を祝福したいと願っておられる。


このように、いつも良い物を下さる神に従わないで、この世と調子を合わせ、サタンに従うことは、早急に卒業してほしい。

2017.11.26
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖徒が逆戻りしてはならない理由No2



テーマは「 聖徒が逆戻りしてはならない理由No2 」です


◎基調聖句 ガラテヤ人への手紙 4章8~11節

◎関連聖句 Ⅰサムエル12:20-21、Ⅰ列王記2:6-7、ルカ12:15-26、Ⅰペテロ2:22

しかし、神を知らなかった当時、あなたがたは本来は神でない神々の奴隷でした。 ところが、今では神を知っているのに、いや、むしろ神に知られているのに、どうしてあの無力、無価値の幼稚な教えに逆戻りして、再び新たにその奴隷になろうとするのですか。 あなたがたは、各種の日と月と季節と年とを守っています。 あなたがたのために私の労したことは、むだだったのではないか、と私はあなたがたのことを案じています。(ガラテヤ4:8~11)

【 要 旨 】

ガラテヤ書でパウロは

あなたがたは神に知られているのに、無力、無価値の幼稚な教えに逆戻りして、再び奴隷になろうとするのですか。あなたがたのために、私の労したことは、無駄だったのではないかと、私はあなたがたのことを案じています。
と嘆いている。


また、サムエルは

主に従い、わきにそれず、心を尽くして主に仕えなさい。役にも立たず、救い出すこともできない空しいものに従って、わきへそれてはならない。それは空しいものだ。
と民に命じている。


まことの神を知っていても、占ってもらっているクリスチャンがいるのは残念である。

これは信仰の逆戻りである。


人間は言葉から滅びる。

神に背を向けている人は、神の道から外れて逆戻りする。


神は愛する者に対しても懲らしめる。

神の中に留まらない者は肉のままに生きることになり不従順の罪から免れない。


神のものを求めない貪欲な心は、この世を愛する姿である。

ルカ伝に、ある金持ちの畑が豊作になったので倉を建て替えて、安心して食べて飲んで、楽しもうと考えた人に、神は「愚か者、お前のたましいは今夜おまえから取り去られる。そしたら用意したものは、いったいだれのものになるのか。自分のために貯えても、神の前に富まない者は、この通りになる。」と言われた。


新しい生活に入っても、昔の習慣が残っている人は、逆戻りして救われていない人々のようになることが多々ある。

これも神の道から離れる不敬虔の罪である。


毎日過ちを起こさないように、神の御言葉を頼りに、溌剌と生きよう。

2016.9.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ