すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

マリヤ

イエス様に対する異なった反応



テーマは「 イエス様に対する異なった反応 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 2章1~13節

◎関連聖句 ルカ2:12~20、マタイ5:3~10

イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。「ユダヤ人の王としてお 生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」 それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。エルサレム中の人も王と同様であった。(マタイ2:1~3)

【 要 旨 】

今日はクリスマスです。

イエスの来られた日に聖日礼拝できることを感謝します。


イエスはユダヤ人の王として、ユダの地ベツレヘムにお生まれになりました。

多くの人は聖書に書かれているイエス様が、いつ来られるのか、首を長くして待っておりました。


しかし、多くのユダヤ人の見せた態度は、純粋に喜びには満ちていませんでした。

歓声が上がるほどのことはなかったのです。


それはユダヤ人ではない東方の博士に神の啓示が下ったことを見るとわかります。

また、ヘロデ王は、自分が王であるにもかかわらず、恐れ惑ったと書かれていることによっても知れることです。


ユダヤ人は、異邦人には救いはないと多くの人は信じていました。

それはユダヤ人の先入観、プライドが許さなかったのです。

行って見たことを信じなかったのが問題です。


マリヤは思い巡らしていたと書かれています。

聖書はこのあと再臨があると預言しています。


しかし、多くのクリスチャンは、いまだそれを信じていないのです。

ですから、キリストがお生まれになった時も、そんな状態であったことは、当然考えられることです。


神様の言葉を信じること、そうしないと天の御国は私たちのものではなくなります。

主が来られることを無視すると滅びしかありません。

命に至る道はせまいと言われます。


多数が必ずしも真理とはかぎりません。

イエスを信じる者として下さい。


私たちは恵みを求めます。

賛美をあなたに捧げます。

2016.12.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

弟子として生きることは



テーマは「 弟子として生きることは 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 13章1~5節

◎関連聖句 ルカ22:24-27、Ⅰコリント15:10、Ⅱコリント12:9-10、 ルカ14:26-27、ルカ14:33

すると、イエスは彼らに言われた。「異邦人の王たちは人々を支配し、また人々の上に権威を持つ者は守護者と呼ばれています。 だが、あなたがたは、それではいけません。あなたがたの間で一番偉い人は一番年の若い者のようになりなさい。また、治める人は仕える人のようでありなさい。(ルカ22:25~26)

【 要 旨 】

弟子たちの足を洗ったイエスは、弟子たちに大切なメッセージを送ったのである。


それは、わたしがあなたたちの足を洗うように、あなたもそうしなさいということであった。

3年間育てた弟子たちに、イエスを離れると、どう生きられるかを見せるためであった。


イエスのように身を低くして、歩みなさいと言われた。

そのことはルカ22:24~27にも示されている。


信仰は聞くことから始まって、実践することで成就される。


イエスが常に身をもって示したのは

すべてのことに感謝して、主と人々に仕えなさい。任されたことに対してないがしろにしてはいけません。欲のままに動くのが教会ではありません
ということである。

これは神と無関係に生きてはならないということでもある。


また、主から学ぶ弟子たちは、その姿勢が大切である。

マルタが主の話だけ聞いていたマリヤを、もてなしの手伝いをするように言って下さいと、主に頼んだ時に、イエスはマリヤはいい方を選んだのですから、それを取り上げてはなりませんと、マルタをたしなめている。

学ぶとき居眠りをしているのはもっての外である。


自分の十字架を背負って自分の財産などを捨てて、多くの魂が導かれるように、あらゆる国の人々を弟子とし、やっぱりあなたはクリスチャンですねと言われる働きをしたい。

2015.8.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神から出た者と悪魔から出た者



テーマは「 神から出た者と悪魔から出た者 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 8章41~47節

◎関連聖句 ルカの福音書 10章42章

あなたがたは、あなたがたの父である悪魔から出た者であって、あなたがたの父の欲望を成し遂げたいと願っているのです。 悪魔は初めから人殺しであり、真理に立ってはいません。彼のうちには真理がないからです。彼が偽りを言うときは、 自分にふさわしい話し方をしているのです。なぜなら彼は偽り者であり、また偽りの父であるからです。(ヨハネ8:44)

【 要 旨 】

イエスは神の言葉、権威ある者からの言葉で話をされた。
それに対してパリサイ人や律法学者は、イエスに反発して敵対した。
プライドが高く、憎しみをさらけ出していた。

イエスはその姿勢を見て、あなたがたは悪魔から出た者と断定された。 彼らは世の法則に関心を持ち、世を愛し、豊かな生活にあこがれ、真理よりも偽りを選んだ。


神からの者は「しもべは聞いています。」という態度でなければならない。マリヤはイエスの言葉が命であるとみて、イエスの言葉に熱心に耳を傾けた。 イエスはそれをごらんになり、彼女は良い方を選んでいるとお褒めになった。

あなたはまことにわたしの言葉を受け入れているので、わたしに属する者にすると言われた。


基調聖句のヨハネの福音書にもある通り、悪魔ははじめから人殺しであり、熱心な態度を見せるのは、それを隠すためなのである。


それに対して真理は神の口からしか出ない。

それに関心があり、それを信じる者、従う者は神に愛される者となれる。そして約束のものを受け取ることができる。
自分はどちらに属するのか、この際、確認して欲しい。

2014.2.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ