すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

パウロ

信仰の目で見ること



テーマは「 信仰の目で見ること 」です


◎基調聖句 ピリピ書4:10~13

私のことを心配してくれるあなたがたの心が、このたびついによみがえって来たことを、私は主にあって非常に喜びました。あなたがたは心にかけてはいたのですが、機会がなかったのです。

乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。

私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。

【 要 旨 】

使徒パウロは「私は、私を強くして下さる方によって、どんなことでも出来るのです。」と言われました。

パウロがそのように言えたのはイェス様によって、しっかりと訓練を受けたからです。


その訓練を通して、どんなことに対しても満ち足りることが出来、自分自身をその環境に適用させることが出来ました。


人間は環境にとても弱く、変わる環境に対して強いストレスを受ける人も多いです。

ある人は耐えられなくて逃げる人もいます。


パウロはイェス様に出会って生活が激変しました。

本当に目まぐるしく変わりました。
それも過酷な環境です。


しかしパウロはその中で鍛えられました。

心が強くなりました。
恐れず、大胆な人になりました。


満ち足りる心は満足する心です。

どんな環境でも満足出来る人はこわいものがない人です。

一番強い人です。



主から鍛えられて強くなった人は、信仰によって生きる力ある生活が出来ます。

そして祈りによっていつも神のみわざを体験しながら生きます。


そして死に至るまで自分の十字架を負って、主に従って歩む生活をします。


2018.9.30
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

門を開くイエス様



テーマは「 門を開くイエス様 」です


◎基調聖句 使徒の働き 16章14~15節

◎関連聖句 黙示録3:14~15、ヤコブ1:5、マタイ6:33

テアテラ市の紫布の商人で、神を敬う、ルデヤという女が聞いていたが、主は彼女の心を開いて、パウロの語る事に心を留めるようにされた。そして、彼女も、またその家族もバプテスマを受けたとき、彼女は、「私を主に忠実な者とお思いでしたら、どうか、私の家に来てお泊まりください」と言って頼み、強いてそうさせた。(使徒16:14~15)

【 要 旨 】

神の命令を受けてパウロはピリピを最初に伝道した。

次いでマケドニヤにルデアという女性を伝道した。


伝道は神の導きがなければ、神は喜ばれない。

信仰の門はイエスが開けば開く、私たちはすべて神の計画に従うべきである。

以下神の開く門について述べる。


福音の門は、最初から受け入れる人は少ない。

イエスはパウロのために、異邦人伝道の最初の門を開いた。

それでパウロは福音を語れるようになった。


信仰の扉はみ言葉に反応する。

イエスは求めなさい。そうすれば開かれますと言われた。


パウロは閉ざされた門を見て祈った。
そして求め続けた。

すると主が開いてくれた。


霊的知恵の門は、み言葉が悟れるように、覆いを取って下さるようにと祈る。


ヤコブ1:5には

あなたがたの中に智慧に欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなくとがめることなく、お与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。
と言われている。


最後に、私たちは霊的祝福の門が開かれるように求めなければならない。


マタイ6:33には

「だから神の国と神の義を第一に求めなさい。そうすればそれに加えてすべてのものが与えられます。
と書かれている。


とにかく、天の門が開かれるようにとイエス様にまず求めよう。

2016.5.29
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

私を強くして下さる方によって



テーマは「 私を強くして下さる方によって 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 4章13節

◎関連聖句 箴言24:16、Ⅱコリント4:7~9、エペソ6:10、 ゼカリヤ4:6~7、にコリント12:9~10

私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものでないことが明らかにされるためで 私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。(Ⅱコリント4:7~8)

【 要 旨 】

私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。(ピリピ4:13)
という今日のみ言葉は、 私たちに、霊的な力を発揮させる燃料は何かを問いています。


私たちを動かす原動力は、神の力です。
私たちは力がないから何もできないという人々が多いのですが、これに対して、イエス様は“信仰の薄い人たちだ。力ある神に頼らないでどうするのか”と言われました。

厳しい状況下にいる時、不可能と思われても、それは自分の力だけに頼っているからでして、 神の力はいつでも不可能を可能にするのですから、神の力をダウンロードすればいいのです。


正しい者は七たび倒れても、また起き上がるからだ。悪者はつまずいて滅びる。(箴言24:16)
と言われています。


力の中心が偏っていないから倒れないのです。

聖霊の力の働きがある環境の下では弱い人が多いのですが、
パウロは、伝道の時に、自分に使命と力を与えてくれる方が誰かを知っていて、常に信仰によって生きていたから、死をもおそれなかったのです。


また、パウロは、私が弱い時こそ、私は強いと言っています。
神の力によって大胆に動くことが肝心です。

神様は弱音をはく人を喜びません。み言葉は私たちを助けるためにあるのです。

2014.7.20
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神自らが神の人を備える



テーマは「 神自らが神の人を備える 」です


◎基調聖句 使徒の働き 7章30~37節

だれがあなたを支配者や裁判官にしたのか』と言って人々が拒んだこのモーセを、 神は柴の中で彼に現れた御使いの手によって、支配者また解放者としてお遣わしになったのです。

この人が、彼らを導き出し、 エジプトの地で、紅海で、また四十年間荒野で、不思議なわざとしるしを行いました。

このモーセが、イスラエルの人々に、 『神はあなたがたのために、私のようなひとりの預言者を、あなたがたの兄弟たちの中からお立てになる』と言ったのです。(使徒7:35~37)

【 要 旨 】

神様に用いられるモーセのような人を見ると、私達はその人に力があると思ってしまうが、そうではない。

真実は、神の恵み以外の何物でもない。
神様の時にかなった恵みだけが事を成しとげる。


モーセは王子であったのに、40歳の時にエジプト人を殺したために逃亡者となって、荒野での生活を余儀なくされていた。


その彼が80歳の時に神から声がかかった。
イスラエル人をカナンの地に導きなさいという命令であったが、彼はどうか他の者を遣わして下さいと辞退した。

しかし、神はそれを許さず、わたしが共にいるから、あなたは杖のように動けば良いと言われ、神の人モーセに変えてしまった。


また、アブラハムは、神の計画の実現を長い間待たされたけれど、最後にイサクを授かるという、大きい恵みをいただいた。


パウロは神を迫害したが、神の恵みにより働き人として選ばれ、信仰の道を誰よりも強く生き抜いた。


命も健康も知恵も、人間は、自分ではどうすることもできない。
しかし、神はどんな人でも選び、使うことができるお方である。


神の選ぶ人は、弱い者であっても、主の前に砕かれた心を持ち、主を求めるならば、喜んで選んでくれ、訓練してくれ、その時、人は神の人に変えられる。

2014.6.29
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

パウロがイエスから学んだもの



テーマは「 パウロがイエスから学んだもの 」です


◎基調聖句 ピリピへの手紙 4章11~13節

◎関連聖句 ガラテヤ2:20、Ⅱコリント1:8~9、 ピリピ2:6~8

私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。 いま私が、この世に生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。(ガラテヤ2:20)

【 要 旨 】

パウロは信じる者を迫害した者であったのに、ペテロなどの12弟子よりもよく働いて、真理を説いた。

教会を立ち上げたのはパウロである。
パウロは真の神を知りたいという思いが、ことのほか強かったのである。


「私を見た者は父を見たのです。」というキリストの言葉がある。
だから「私を見習う者になりなさい。」とも言われた。

そこでパウロは考えた。
肉体を持った方であるにもかかわらず、あのようになられたのは、父を見たからだと。


それならばキリストとひとつになる方法を学ばなければならない。
もっともっと知りたい思いを知らしめなくてはならないと。


そのようにして、パウロが悟ったのが、ガラテヤ2:20にある言葉、
すなわち、

「いま私が、この世に生きているのは、 私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。」
という心境である。


イエスは弟子たちの足を洗われた。
これは高慢な人間には出来ないことである。

また、自分を低くするということは、自分を捨てて従順になることである。


パウロがイエスから学んだことは、先ず第一に霊的なもの(神の知恵)、次にいつもイエスを忘れない。それから平安と感謝である。


2014.3.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ