テーマは「 唯一の救い主イエス・キリスト 」です


◎基調聖句 使徒の働き 4章1~12節、2章37~38節

◎関連聖句 使徒の働き3:6~7、3:12、4:13~21

人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか」と言った。 そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。 そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。(使徒2:37~38)

【 要 旨 】

ペテロたちはペンテコステのあと、聖霊充満で大胆になった。

それで最初のリバイバルが起こった。


聖霊のバプテスマを受けて、聞いた人が悔い改めて、救われて確信の命、すなわち新しい人に変えられるのがリバイバルである。

新しい人に変えられるのは、イエス・キリストの御名による。

イエスの名によるということは、自分の栄光のためではなく、
この人の他には誰もいないと、イエス・キリストの福音を述べ伝えることである。


そして人々の目を開かせて、罪人が罪から立ち返り、真の命を得ることである。

イエス・キリストが唯一の救い主であるのだから。


イエス・キリストを非難する人は、聞く耳を持たない人である。
御声を聞く時は心をかたくなにしては、話が通じない。


ピラトやヘロデたちは、イエスを語る者を迫害した。
そして、イエス・キリストの奇跡を見ながら、全く信じない人であった。

しかし、私たちのなすべきことは、迫害されても福音を述べ伝えることである。


福音を伝えることは、唯一の真実、正しいことであるのだから、死人を守るのはその反対である。

人々の魂をいやし、目を覚ますのが、私たちの役割である。
目前の親に従わなくても、イエス・キリストに従うべきである。


私たちは時がよくても悪くても、正しくイエス・キリストを伝えなければならない。
一人ひとりが、このお方以外に救い主がいないことを、熱心に伝えよう。

2014.7.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■