すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

サタン

サタンの仲間



テーマは「 サタンの仲間 」です


【マタイの福音書23章33節】

おまえたち蛇ども、まむしのすえども。おまえたちは、ゲヘナの刑罰をどうしてのがれることができよう。

普段、謙遜で穏やかなイエス様が語った一番厳しいことばは これだと自分では思います。

誰に向かってこのような厳しいことを語ったでしょうか。


主は、人の心も行いもすべて見ておられるので間違った判断はしません。



蛇やまむしと言われるのは 主に属する者ではなく、サタンに属する者、すなわちサタンの仲間で、その者たちは地獄に行くとはっきり言われました。


サタンの仲間になっている人は、どのような人でしょうか?

ある人たちは自分がサタンの仲間になっていることも知らないです。




敬虔な者のように見せる偽善の宗教家たち




そこには宗教指導者、にせ預言者、にせ教師、名ばかりのクリスチャンも含まれています。

敬虔を利得の手段と考えている貪欲な者がいます。


主は、彼らを犬ども、偽善者、金を愛する者とも言われました。



また、この世を神ではなく、自分たちの力で支配出来ると思っている世界の支配者たち、グローバリスト、ビック・テック、大金持ちたちです。

この者たちは高慢で、今バベルの塔を建てている者たちです。


神の栄光ではなく、人の栄光を求めています。


また神を愛するよりは、この世をもっと愛し、神のことばより、この世のことばに耳を傾け、それに従う者たちです。



神の働きを妨害し、教会や信徒たちを迫害する者たちはサタンの仲間です。


最後まで罪を悔い改めず、熱心に偶像崇拝しながらサタンに仕える者たちは 神の仲間ではなく、サタンの仲間です。



サタンは、今もこのような人たちを支配しながら、自分のやりたいことをやっています。

そして永遠の滅びであるゲヘナに陥れます。


サタンの仲間にはゲヘナの刑罰しかないです。


2021.4.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

新しい人として生きること



テーマは「  新しい人として生きること 」です


【エペソ4章25-32節】

ですから、あなたがたは偽りを捨て、おのおの隣人に対して真実を語りなさい。私たちはからだの一部分として互いにそれぞれのものだからです。

怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。

悪魔に機会を与えないようにしなさい。

盗みをしている者は、もう盗んではいけません。かえって、困っている人に施しをするため、自分の手をもって正しい仕事をし、ほねおって働きなさい。

悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい。

神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、贖いの日のために、聖霊によって証印を押されているのです。

無慈悲、憤り、怒り、叫び、そしりなどを、いっさいの悪意とともに、みな捨て去りなさい。

お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。

自分が主を信じて新しい人になったのか、古い人のままなのかは、自分の日常生活に現われる自分の態度や生き方、ことば、習慣などで分かります。


以前と変わってないならば古い人のままです。

しかし明らかに良い方向に変わってあるならば、新しい人になったことを確認することが出来ます。


本文の内容は古い人から新しい人に変わる内容です。




・偽りを捨て隣人に対して真実を語ります。


偽りはサタンに属し、真実は神に属します。




・いつまでも怒らず自制することです。


それはサタンに機会を与えないためです。

サタンは機会を狙って私たちが罪を犯すように誘惑します。




・人のものを盗まず自分の手で働いて食べることです。


怠けず勤勉に働くことです。




・悪いことばを使わず、知恵のことば、恵みのことば、慰めや励ましのことばを使うことです。


私たちが悪意や怒り、悪いことをするならば、聖霊を悲しませることになるので、悪いものは捨てることです。


反対に親切で心の優しい人、赦す人になるならば聖霊は喜びます。

これらの姿は新しい人の姿です。


主を信じて生まれ変わったならば、新しい人として生きることです。


古いものは捨てないといけないです。


2021.1.17
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

忍耐と勝利



テーマは「 忍耐と勝利 」です


【第1ヨハネ5章4-5節】

なぜなら、神によって生まれた者はみな、世に勝つからです。私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。

世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。

この世は決して私たちの味方ではありません。


この世はサタンと暗闇の力が支配してあります。

人間が犯した罪によって 残念ながらそのようになってしまいました。


罪の中にとどまっている者は、常にサタンの支配下に置かれます。



神に立ち返った人は神の支配下に置かれますが、サタンは信徒に対して絶えず誘惑の手を伸ばし攻撃し、また迫害します。


その時、勝利するために必要なものが信仰で、信仰なしには勝利出来ないです。

信仰ある者たちが神の約束のことばを信じて戦う時に 神は助けて下さいます。



戦いはすぐに終わるものではなく、神の国に入るまで続きます。

その中で私たちが心に留めるべきことばがあります。


【ヘブル10章35-36節】

ですから、あなたがたの確信を投げ捨ててはなりません。それは大きな報いをもたらすものなのです。

あなたがたが神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。

忍耐は祈って与えられるものではなく、患難の中から生み出されます。


【ローマ5章3-4節】

そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、

忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。

霊的戦いは続きます。


ですから患難につまずかず、信仰をもって戦い、耐える時に忍耐が生まれ、忍耐によって勝利を自分のものにすることが出来ます。


勝利者は神の国で良い報いを受けます。


2020.12.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰がさらに成長するためには



テーマは「 信仰がさらに成長するためには 」です


【第2テサロニケ1章3-4節】

兄弟たち。あなたがたのことについて、私たちはいつも神に感謝しなければなりません。そうするのが当然なのです。なぜならあなたがたの信仰が目に見えて成長し、あなたがたすべての間で、ひとりひとりに相互の愛が増し加わっているからです。

それゆえ私たちは、神の諸教会の間で、あなたがたがすべての迫害と患難とに耐えながらその従順と信仰とを保っていることを、誇りとしています。

みなさんは信仰の成長を願っていますか?


「私は信仰がないです」というクリスチャンもいます。

謙遜なことばに聞こえますか?


信仰がないことは大変なことです。

救われていないこと、いのちがないことを意味しますのでぜひ信仰ある人になって下さい。


【ヘブル11章6節】

信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。

このように言われてあるので、私たちは信仰ある者になって神を喜ばせる者になることです。



信仰にも色々あるので、私たちは信仰がさらに成長するように励まないといけないです。


信仰が弱いと、それもとても危険ですから、揺るがない強い信仰を持たないといけないです。


どのようにしたら信仰をさらに成長させることが出来るかを語ります。

聖書にはすべての答えがあります。




神のことばをよく聞くこと




信仰はいつから始まりましたか。


信仰を持って生まれる人は誰もいません。

人間はサタンの支配を受けながら生まれます。


ですから信仰を持つためには必ず主に出会わないといけないです。

どのように主に出会いますか?


【ローマ10章17節】

そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。

すなわちキリストについてのみことばを聞いて、キリストに出会い、そのことばに従う時から信仰が始まります。



ですから、みことばによって始まった信仰を成長させるには、さらにみことばを良く聞いて、みことばに従うことです。


心を開いて、みことばを植えるならば、みことばが成長し、豊かに実を結ぶことが出来ます。




神の恵みを慕い求めること




幼子は絶えず両親に頼りながら必要なものを求めます。

乳を求め、日々必要なものを求めます。


それと同じく私たちも神に必要な恵みを求めないといけないです。


【ヘブル4章16節】

ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。

神からの恵みを体験すると信仰も成長していきます。


生きておられる神を体験して、信仰が成長しない人はあまりいないです。

恵みを体験することは必要です。




聖霊に満たされると信仰は成長する




【使徒の働き1章8節】

しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」

聖霊を受ける前は信仰の薄い者であった弟子たちが、聖霊を受けた後は 信仰が成長して勇気ある者、謙遜な者、真理の人になり、成熟した姿を見せました。



信仰が成長すると患難も迫害も乗り越えることが出来ます。


2020.5.17
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神にほめられたヨブ


【ヨブ記1章6-8節】

ある日、神の子らが主の前に来て立ったとき、サタンも来てその中にいた。

主はサタンに仰せられた。「おまえはどこから来たのか。」サタンは主に答えて言った。「地を行き巡り、そこを歩き回って来ました。」

主はサタンに仰せられた。「おまえはわたしのしもべヨブに心を留めたか。彼のように潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっている者はひとりも地上にはいないのだが。」

ヨブの時代も世界にはたくさんの人がいたと思います。


その中でヨブは神の目に留まった人物でした。

「潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっている唯一無二の人」として。


これはとても名誉なことです。


すべてを知っておられる神に褒められることはとても難しいことです。

ヨブはそれほど神の目にかなった人でした。



ヨブは神から豊かに祝福され、すべてに恵まれていました。


恵まれた中で、神に仕えていたので、人々はそれを当然なことだと思っていました。

サタンもそう思っていました。


そのことでテストを受けたヨブは一瞬にしてすべてを失いました。

天国から地獄に落とされたような人生が始まりました。



多くの信仰ある人々も、そのような状況では失望して信仰を失います。

神から離れ、神を呪う人まで出てきます。


しかしヨブはすべてを失った直後に神の前に出て礼拝をささげました。


【ヨブ記1章21節】

私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。

と主の前に信仰告白をしました。


ヨブは心の中でも、行動においても、ことばによっても罪を犯しませんでした。


ヨブの信仰は祝福にかかったのではなく、神にかかっていました。


苦難の中でひたすら忍耐しながら神だけを求めました。

失ったものには目も向けず、神だけを切に求めました。


すべての望みを神にかけました。



ヨブは祈りの人、忍耐の人、悔い改める人、神を求める人でした。

神はヨブの姿を見て、彼を回復させ、二倍の祝福を与えました。


神はヨブの姿で満足しました。


苦難の中でも神への信仰を守り通すのが本物の信仰です。


神に褒められる信仰です。


2019.10.20
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ