すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

クリスチャン

完全な従順



テーマは「 完全な従順 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 2章6~8節

◎関連聖句 Ⅰペテロ2:21、黙示録3:20、ヨハネ15:4~5、黙示録3:19

キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、 ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、 自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。(ピリピ2:6~8)

【 要 旨 】

イエスの見習うべき姿は従順である。

イエスは神であられるのに、人間の姿でこの世に来られた。


天という次元から地上に来られるのは簡単ではない。

被造物は、神になりたいという願望があるが、イエスはこれとは逆で、父なる神の御心を持っていて、聖なる御国におられたのに、父なる神に完全に従順した。


イエスは人間として、しかもナザレのような田舎町で生を受けたので、一般民衆と同じようであって、人々に尊敬されないで、むしろ憎しみの目で観察されることが多かった。


そのような苦労の連続であったけれども、神への従順を守った。

それは最後に十字架で完了するまでも、完璧に父なる神に従った。


キリストはあなたがたのために苦しみを受け、その足跡に従うようにと、あなたがたに模範を残されたと、Ⅰペテロ2:21に記されている。


人間はクリスチャンと呼ばれた人でも、完全に従順な人はどれだけいるだろうか。


栄光に入りたいなら完全な従順が求められる。


それは、イエスの完全な従順がなかったら、私たちは成就しないことを見ても分かる。

私たちは、御心とは何なのかを良くわきまえて、何のために、誰のために生きているのか、よくよく考えねばならない。

2017.3.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

イエス様に対する異なった反応



テーマは「 イエス様に対する異なった反応 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 2章1~13節

◎関連聖句 ルカ2:12~20、マタイ5:3~10

イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。「ユダヤ人の王としてお 生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」 それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。エルサレム中の人も王と同様であった。(マタイ2:1~3)

【 要 旨 】

今日はクリスマスです。

イエスの来られた日に聖日礼拝できることを感謝します。


イエスはユダヤ人の王として、ユダの地ベツレヘムにお生まれになりました。

多くの人は聖書に書かれているイエス様が、いつ来られるのか、首を長くして待っておりました。


しかし、多くのユダヤ人の見せた態度は、純粋に喜びには満ちていませんでした。

歓声が上がるほどのことはなかったのです。


それはユダヤ人ではない東方の博士に神の啓示が下ったことを見るとわかります。

また、ヘロデ王は、自分が王であるにもかかわらず、恐れ惑ったと書かれていることによっても知れることです。


ユダヤ人は、異邦人には救いはないと多くの人は信じていました。

それはユダヤ人の先入観、プライドが許さなかったのです。

行って見たことを信じなかったのが問題です。


マリヤは思い巡らしていたと書かれています。

聖書はこのあと再臨があると預言しています。


しかし、多くのクリスチャンは、いまだそれを信じていないのです。

ですから、キリストがお生まれになった時も、そんな状態であったことは、当然考えられることです。


神様の言葉を信じること、そうしないと天の御国は私たちのものではなくなります。

主が来られることを無視すると滅びしかありません。

命に至る道はせまいと言われます。


多数が必ずしも真理とはかぎりません。

イエスを信じる者として下さい。


私たちは恵みを求めます。

賛美をあなたに捧げます。

2016.12.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

キリストと信徒の関係



テーマは「 キリストと信徒の関係 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 1章1~14節

初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。 この方は、初めに神とともにおられた。 すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。 この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。 光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。(ヨハネ1:1~5)
ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。(ヨハネ1:14)

【 要 旨 】

キリストを知れば、神の子となる特権が与えられる。

知らなかったら呪いが来る。


だから私たちにとってはキリストを知ることが、どれ程大切かが分かる。

信仰とはキリストを深く、広く知ることである。


多くのことを知ること、正しい知識を持つことが、我々は罪人としての自覚を促すことに通じる。


イエス・キリストは私たちを罪から贖うために、救い主として来られた。

イエスは私たちの大祭司である。

子羊としていけにえになり、私たちが悔い改めて、罪と死から脱出させてくれるためである。


イエスは天地の始まりからここにいた。

だから、神であると宣言された。

すなわち、永遠の命、全能の主である。


我々、人間にとっては、永遠のいのちである。

我々が正しく生きるための、いのちのパンである。


栄光の神を見ている唯一の方であり、我々の羊飼いである。


イエスは人の子と称し、人間の痛みと苦しみを感じ、知っている。

アブラハムを遣わしたメシヤでもある。

アルファでありオメガである。

すべてのものをひざまずかしている方である。


私たちクリスチャンは、今すぐに、このことを理解しなければならない。

イエスは私たちの先頭に立っている神の子羊である。

イエス・キリストをもっともっと良く知れば神の恵みが、どれほど大きいかを知ることができる。

2016.9.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

弟子として生きることは



テーマは「 弟子として生きることは 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 13章1~5節

◎関連聖句 ルカ22:24-27、Ⅰコリント15:10、Ⅱコリント12:9-10、 ルカ14:26-27、ルカ14:33

すると、イエスは彼らに言われた。「異邦人の王たちは人々を支配し、また人々の上に権威を持つ者は守護者と呼ばれています。 だが、あなたがたは、それではいけません。あなたがたの間で一番偉い人は一番年の若い者のようになりなさい。また、治める人は仕える人のようでありなさい。(ルカ22:25~26)

【 要 旨 】

弟子たちの足を洗ったイエスは、弟子たちに大切なメッセージを送ったのである。


それは、わたしがあなたたちの足を洗うように、あなたもそうしなさいということであった。

3年間育てた弟子たちに、イエスを離れると、どう生きられるかを見せるためであった。


イエスのように身を低くして、歩みなさいと言われた。

そのことはルカ22:24~27にも示されている。


信仰は聞くことから始まって、実践することで成就される。


イエスが常に身をもって示したのは

すべてのことに感謝して、主と人々に仕えなさい。任されたことに対してないがしろにしてはいけません。欲のままに動くのが教会ではありません
ということである。

これは神と無関係に生きてはならないということでもある。


また、主から学ぶ弟子たちは、その姿勢が大切である。

マルタが主の話だけ聞いていたマリヤを、もてなしの手伝いをするように言って下さいと、主に頼んだ時に、イエスはマリヤはいい方を選んだのですから、それを取り上げてはなりませんと、マルタをたしなめている。

学ぶとき居眠りをしているのはもっての外である。


自分の十字架を背負って自分の財産などを捨てて、多くの魂が導かれるように、あらゆる国の人々を弟子とし、やっぱりあなたはクリスチャンですねと言われる働きをしたい。

2015.8.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

復活は聖徒の生ける望み



テーマは「 復活は聖徒の生ける望み 」です


◎基調聖句 ペテロの手紙第一 1章3節

◎関連聖句 マタイ28:1~8、Ⅰコリント15:20

私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神は、ご自分の大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました。(Ⅰペテロ1:3)

【 要 旨 】

今日は復活祭、すなわちイースター礼拝の日です。

復活の主を見上げながら、礼拝を捧げて参りましょう。


復活は私たちの生ける望みです。
これなくしては、信仰も人生の希望も生じてこないでしょう。


復活は迫害されても、死をも耐え忍ぶことができるという神の約束なのですから。

イエスが十字架にかかる前までは、誰も復活を信じた人はいませんでした。

望みを持っている者はなかったのです。
弟子たちも不安だけでした。


ところが、十字架から三日目の安息日の朝早く、イエスは復活されました。

マリヤたちが、花を供えに行ったら、御使いたちがそこにいて、「ここにはおられません。」と言われました。

そして、急いで行って弟子たちに、この復活の事実を伝えなさいと催促されました。


クリスチャンの中にも、今でもこの復活の事実を信じない人がいますが、弟子たちも、はじめは信じませんでした。

信仰の薄い人たちでしたが、イエスが何回も現れてくれたので、信じました。

そして、その事実を記録に残しました。


キリストは眠った者の初穂として、死者の中からよみがえられたのです。


復活という希望によって、二度と朽ちない栄光の身体としていただくには、聖霊の助けによって、この事実を信じ、死に至るまで忠実でなければなりません。

肉体は必ず死にますが、生きる望みで、再び立ち上がることができます。

2015.4.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ