すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

クリスチャン

蒔いたものを刈り取る



テーマは「 蒔いたものを刈り取る 」です


【ガラテヤ6章7-10節】

思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。

自分の肉のために蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊のために蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。

善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります。

ですから、私たちは、機会のあるたびに、すべての人に対して、特に信仰の家族の人たちに善を行いましょう。

人はいつ 神を “不公平の神” だと勘違いするでしょうか。


それは、自分のことではなく、他人が蒔いた通りに刈り取らないのを見た時です。

悪人が繁栄し、苦しみもなく、思い通りの人生を生きているのを見ると、その怒りを神にぶつける人が多いです。


現実を見て、そう思う時もあります。


しかし神は不公平な神ではなく、公平な神です。

私たちが勘違いしているだけで、神は公正、公平な方です。



個人の意見ですが、神がなぜ、永遠の世界を造ったのかを考えた時に、人それぞれの生き方に従って、正しく裁くためであるかも知れないと思ったりします。


短い人生で毎日蒔いたものを刈り取らせるならば、生き残る人は一人もいないと思います。



神は人間に自由意志を与えました。

自分の意思で選択出来るようにして下さいました。


しかし、その選択に対しての責任は本人に取らせます。

死んだ後に必ず裁きを受けると聖書に書いてあります。


その時、正しい裁き主である神の前に驚く人は多いと思います。



クリスチャンが受ける恵みは、神がそれらのことを事前に教えておられることです。


神のことばを真剣に受け入れると、種を蒔く時に何も考えずに蒔くことはしないと思います。



私たちが蒔く種は二つです。

肉のために種を蒔くか、御霊のために蒔くか です。


肉のために蒔くなら、肉の行いが出てきます。

肉の行いにはこれらのものがあります。


不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、酩酊、遊興、殺意、不義、悪とむさぼり、欺き、不平不満、悪事、不従順、不慈悲、高慢などたくさんあります。


これらによって永遠の滅びを刈り取ります。

肉の欲望を満足させても、そこから刈り取るものは滅びです。



しかし御霊のために蒔くならば、永遠のいのちを刈り取ります。


御霊によって歩む人は、御霊の実を結ぶために良い種を蒔きます。



御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。

また善を行います。


神はその選択を喜びます。


そしてその人たちには永遠のいのちと良い報いを与えます。



人は死んだ後に神と清算します。

それが裁きです。


いつか裁き主の前に立ってさばきを受けることを忘れないで、今良い種を蒔きましょう。

2019.11.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰の成長と成熟



テーマは「 信仰の成長と成熟 」です


【ヤコブ1章21-24節】

ですから、すべての汚れやあふれる悪を捨て去り、心に植えつけられたみことばを、すなおに受け入れなさい。みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます。

また、みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。

みことばを聞いても行わない人がいるなら、その人は自分の生まれつきの顔を鏡で見る人のようです。

自分をながめてから立ち去ると、すぐにそれがどのようであったかを忘れてしまいます。

クリスチャンたちが感じる大きな悩みの一つは 信仰が停滞したり、無感覚になることです。


熱心に奉仕をしたのに いつの間にか、力が抜けたり喜びが消えたり、受けた恵みも忘れて、この世と妥協してしまうことが増えたりします。

苦難の時には神を求めていたのに、嵐が過ぎた後には信仰が薄くなっていくことを感じたりします。


信仰がまだ未熟ならば、そういうことがよく起こるので、信仰の成長が必要です。



信仰の成長と成熟のためには次の三つの部分で成長しないといけないです。


「自分と神との関係」「みことばに対する姿勢」「自分と罪との関係」において成長していくことです。


今の時代のクリスチャンは 神を求めるよりも、世の富や名誉、人からの尊敬を求める傾向が強いです。


しかし、自分の野望と欲を満たすことよりも、みことばの中でイエス・キリストの心と生き方に似ていくことが霊的成長の秘訣です。



形だけの神との関係ではなく、キリストの中に生きることが必要です。


神に頼りながら、神のことばに聞き従うときに 変化と成長が期待出来ます。


神のみことばをないがしろにするのではなく、みことばに対する飢え渇きが必要です。


そして習慣的な罪も、みことばと聖霊に対する霊的渇望によって無力化させることが必要です。



ゴミのような罪を心に満たしてあるならば、御言葉が入る場所はありません。

罪は悔い改めることで捨てることが出来ます。


そしてすぐにみことばで満たすときに信仰は成長していきます。


罪は霊的成長の最大な敵なので、聖潔な生活のためには決断して罪と決別しなければなりません。


神の臨在の中で、信仰が成長し人格が成熟することが私たちには必要です。


2019.8.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

報いの恵み



テーマは「 報いの恵み 」です


【第2テモテ4章7-8節】

私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。

今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現れを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。

神のことばに素直に従って歩むと、この世では得するより損することが多いです。


ですからクリスチャンでも損をしたくないので、神のことばを知っていても その通りには従いません。


【マタイの福音書5章39-42節】

しかし、わたしはあなたがたに言います。悪い者に手向かってはいけません。あなたの右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい。

あなたを告訴して下着を取ろうとする者には、上着もやりなさい。

あなたに一ミリオン行けと強いるような者とは、いっしょに二ミリオン行きなさい。

求める者には与え、借りようとする者は断らないようにしなさい。

【ローマ12章20節】

もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。

【ピリピ2章30節】

なぜなら、彼は、キリストの仕事のために、いのちの危険を冒して死ぬばかりになったからです。彼は私に対して、あなたがたが私に仕えることのできなかった分を果たそうとしたのです。

そして主の働きのために弟子たちはみんな殉教しました。

彼らが無知で愚かで盲目だったので自分たちのいのちを粗末にしたでしょうか。


神の知恵を得ていた彼らは、他の者よりも知恵があり、悟りがありました。

主がどのような方であるのかをよく知っていました。



そして自分たちの働きが無駄ではなく、尊い働きで報いも大きいことを知っていました。

その報いは人々が想像することも出来ない素晴らしい報いであることを知っていたので、いのちを捨てることにも 何の恐れもなく惜しむこともありませんでした。


主はたとえ私たちが忘れても、私たちが主のためにしたすべてのことを覚えて報いを与えて下さいます。



悪い主人のように騙してタダ働きをさせる方ではなく、すばらしい報いを与えて下さる方です。


忠実に主のために働いた者たちは勝利者として天に迎えられます。



【ヨハネの黙示録2章7節】

勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう。」』

【ヨハネの黙示録2章10節】

死に至るまで忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。

【ヨハネの黙示録2章11節】

勝利を得る者は、決して第二の死によってそこなわれることはない。

【ヨハネの黙示録2章17節】

わたしは勝利を得る者に隠れたマナを与える。

【ヨハネの黙示録2章26節】

勝利を得る者、また最後までわたしのわざを守る者には、諸国の民を支配する権威を与えよう。

【ヨハネの黙示録3章5節】

勝利を得る者は、このように白い衣を着せられる。そして、わたしは、彼の名をいのちの書から消すようなことは決してしない。

【ヨハネの黙示録3章12節】

勝利を得る者を、わたしの神の聖所の柱としよう。彼はもはや決して外に出て行くことはない。

【ヨハネの黙示録3章21節】

勝利を得る者を、わたしとともにわたしの座に着かせよう。それは、わたしが勝利を得て、わたしの父とともに父の御座に着いたのと同じである。

このような素晴らしい報いは世には存在しません。


しかし主は勝利を得る者たちにこのような報いを与えて下さいます。


2019.6.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

復活への希望



テーマは「 復活への希望 」です


【第1コリント15章19-22節】

もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。

しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。

というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活もひとりの人を通して来たからです。

すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。

アダムによって罪が世界に入り、罪によって死が世界に入りました。


生まれて来るすべての人間にどんでもない呪いをもたらしたのはアダムでした。


生まれて来るすべての人間は 罪と死、闇とサタンの束縛から逃れることが出来ない状態です。


しかしキリストがこの世に来られて 十字架の死の遂げた理由は、悲惨な状態の人間を贖うためでした。


そして十字架の死は人間に救いの道を開きました。

しかしそれですべてが完成したわけではなく、主の復活によって救われた人々に 永遠の命を与えて下さいました。



主を信じる人々にはキリストの復活によって復活の希望があります。

キリストと共に古い人が死んだ者は、キリストと共に復活のいのちにあずかります。


キリスト教は歴史の中で絶えず迫害を受けました。

いつもその危機を乗り越えたのは復活信仰があったからです。


どんな悲しみや恐怖、失望や苦しみ 孤独も、復活の事実を信じ、復活の力の中で生き、復活の福音を伝えるクリスチャンを倒すことは出来ません。


復活の信仰がなかったならば、キリスト教は迫害に耐えられず、この地上から消えて もはや存在しないと思います。

この復活のいのちは永遠に消えることがありません。


主にあって死んだ者は、キリストが死から復活したように、必ず復活します。


これは事実です。

偽りではありません。


キリストの約束です。


2019.4.21
イースター礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神の約束



テーマは「 神の約束 」です


【第2コリント7章1節】

愛する者たち。私たちはこのような約束を与えられているのですから、いっさいの霊肉の汚れから自分をきよめ、神を恐れかしこんで聖きを全うしようではありませんか。

神の約束を信じますか。


神の約束に対してどんな思いがありますか。

神の約束がどれほどあるか知っていますか。


また自分とどんな関係があるかを知っていますか。

神の約束に対して考えてみましょう。




神は約束に誠実な方なのか




聖書には神からの約束が多いです。


神のことばを誰よりも早く受けた選民・イスラエルで苦しい生活が長く続いた時、彼らは神の約束を疑いました。


【詩篇77編8節】

主の恵みは、永久に絶たれたのだろうか。約束は、代々に至るまで、果たされないのだろうか。

このように、神は約束を果たさない方でしょうか。


これに対して問題の解決に導くことばがあります。


【詩篇77編11-12節】

私は、主のみわざを思い起こそう。まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。

私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたのみわざを静かに考えよう。

振り返ってみると神は約束に真実な方でした。


約束を信じないで、疑ったことがあらゆる問題の原因でありました。

そこから様々な罪や反逆が起こりました。


神は約束に対してもどんな時にも真実な方です。




神が約束を成就する時




多くのクリスチャンが神の約束に対して一番つまずくのが、“神の時”です。


自分が考える時と神の時は同じではないです。


神の時を聞かないで勝手につまずくクリスチャンが多いですね。

待つことが無理だと思って待ちません。

約束も信じません。


忍耐出来ず神に文句を言います。

腹が立つと神を非難します。


再臨に対しても、この “時” を巡って つまずいた人が多いです。

しかし主は定めた時に必ず来られます。


私たちは、神の思いをはかり知ることが難しいです。


ですから信じて、先走った考えを捨て、神の時を待たなければなりません。




神の約束の祝福を受けるためには




神の約束を、絵に描いた餅と考えてはいけないです。


それは信じる人々に神が実際に与える祝福です。

しかし神の約束には多くの部分で条件付きです。


それを知らないと、またつまずきます。

その条件とは神への従順です。


“神が語ることばに従順するならば” と言われてあります。


いっさいの霊肉の汚れから自分をきよめ、神を恐れかしこんで、神への信仰をもって神に反応していく時に、神の時に神はみわざを現わして下さいます。


神の約束には慰め、励まし、希望、力を与える目的があります。

その目的を深く考えて、神の真実を信じて神に献身するならば、神の祝福の約束を受ける者になります。


2018.11.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ