すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

キリスト

ただイェスおひとりだけ



テーマは「 ただイェスおひとりだけ 」です


◎基調聖句 マタイの福音書17:1~8

それから六日たって、イエスは、ペテロとヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に導いて行かれた。

そして彼らの目の前で、御姿が変わり、御顔は太陽のように輝き、御衣は光のように白くなった。

しかも、モーセとエリヤが現れてイエスと話し合っているではないか。

すると、ペテロが口出ししてイエスに言った。「先生。私たちがここにいることは、すばらしいことです。もし、およろしければ、私が、ここに三つの幕屋を造ります。あなたのために一つ、モーセのために一つ、エリヤのために一つ。」

彼がまだ話している間に、見よ、光り輝くその人々を包み、そして、雲の中から、「これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。彼の言うことを聞きなさい」と言う声がした。

弟子たちは、この声を聞くと、ひれ伏して非常にこわがった。

すると、イエスが来られて、彼らに手を触れ、「起きなさい。こわがることはない」と言われた。

それで、彼らが目を上げて見ると、だれもいなくて、ただイエスおひとりだけであった。

【 要 旨 】

イェス様が3人の弟子だけを連れて高い山に登った時に、突然彼らの目の前で主の姿が変わりました。

それは光輝く栄光ある姿で、そこに昔死んだモーセとエリヤまで現れました。


その光景はあまりにも素晴らしかったです。

すると雲が現われ、彼らを覆い、雲の中から「「これは私の愛する子、私はこれを喜ぶ。彼の言うことを聞きなさい。」という声がしました。


イェス様がどういう方であるのかを天の父なる神が語って下さいました。

イェス様はどういう方でしょうか。


「彼の言うことを聞きなさい。」と言われました。

イェス様は私たちに語って下さる方です。



信仰に生きる人は、神のことばによって生きる人です。

主の口から出ることばは、いのちのパンです。


信仰によって生きるためには、主の口から出ることばが、いのちのパンになります。

イェス様はことばが人となった方です。

ですからいつも聞く耳をもって主のことばを聞かなければなりません。


またイェス様は人を変える方です。

自分で自分を変えることも、人が人を変えることも出来ないです。


すなわち古いものを新しいものに変えることが出来ません。

古いものを新しい者に変えることが出来る方はイェス様だけです。


第二コリント5:17

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。
またイェス様は唯一なる救い主です。



私たちを罪から贖う方は主キリストだけです。

他にはいないです。


だれ一人罪のための贖いをした人がいないからです。

しかし主は十字架によって罪を贖って下さいました。


イェスさまおひとりだけが罪から私たちを救うことが出来る方です。


使徒の働き4:12

この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は与えられていないからです。

2018.10.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

救いが必要な存在



テーマは「 救いが必要な存在 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 3章16節

◎関連聖句 ローマ5:8、マルコ10:45、ヨハネ3:36、ローマ3:24

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3:16)

【 要 旨 】

救いが必要な存在であるのは、御子を信じる者が

ひとりとして滅びることなく、永遠の命を持つため(ヨハネ3:16)
である。


今日は救いの必要性を、
①救いの性格、②神様の救いの計画、③我々は救いをどう受けるか、に分けて解説する。


① 救いの性格

最初に神がアダムとイブを造った時は、人間は非常に良かった。

しかし、彼らが罪を犯したために、続く全人類に遺伝子が続くように続いた。

「義人はいない」と言われる所以である。


罪の報酬は死である。

しかし、愛のある神さまは、人の罪は当然と考えられないで、救いを考えて下さったのである。



② 神様の救いの計画

その計画とは、神の愛で、イエス・キリストをこの世に贈って下さったことである。

そして私たちを救うために十字架で死んで下さり、復活までされた。


人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。
とマルコ10:45に記されている。



③ 我々は救いをどう受けるか

ヨハネ3:36に

御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。
と言われている。


神の約束の言葉を信じるより、我々は救われる方法はない。

今が救いの時、恵みの時であることを自覚しよう。

2018.3.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

キリストに見習う



テーマは「 キリストに見習う 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 2章6~11節

◎関連聖句 ピリピ人への手紙 1章27節

キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、 自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。(ピリピ2:6~8)

【 要 旨 】

ピリピ1:27では、パウロは

ただ、キリストの福音にふさわしい生活をしなさい。
と言っている。


私たちはキリストの子どもだから、常に悔い改めて、神の姿を捨てて、十字架の死にまで従ったイエス・キリストに見習って、生きなさいと諭されている。

アダムの子どもでは、私たちは天国に行けない。


それに反してイエスは、完全に神に従順するという模範を示された。

これが本物の愛である。


神はイエス・キリストを主と信じさせた。

イエスは人間になって、すべてに勝るものを与えられたのである。


イエスは、神に愛と謙遜の姿を見せ、本物としての行動で態度を現わした。

これがクリスチャンの生き方である。


私たちもキリストを見習って、正しく美しく生きたいものである。

2018.2.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

生ける川の水



テーマは「 生ける川の水 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 7章37~39節

◎関連聖句 ヨハネ14:26、ローマ8:10~11、使徒2:38~39、ヨハネ4:10、4:14、イザヤ43:19~20、エレミヤ2:13

さて、祭りの終わりの大いなる日に、イエスは立って、大声で言われた。「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。 わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」(ヨハネ7:37~38)

【 要 旨 】

日本の水はとてもきれいである。

特に地下から湧き出る泉が良い。


上高地の梓川の水は秀逸である。

だから日本では、水であまり苦労しない。


このように良質な水に恵まれていることに感謝すべきである。


しかし、世界中では泥水や不純物で苦労している地域が多い。

その所に住む人の寿命は、日本の半分くらいの所もある。


イエス・キリストの送ってくれる生ける川の水は、父なる神からの聖霊の水である。

その水が注がれるのは、イエスを信じる人だけである。


父、御子、聖霊と呼ばれる三位一体の神は、私たちの死ぬべき身体をも導いて守って下さる。


使徒行伝の弟子たちが、聖霊に満たされて異言などを語り出したのも、生ける川の水に満たされた聖霊によるものであった。


これに反してパリサイ人たちの、まむしの末と言われる人々は、聖霊を拒否していて、この生ける川の水を飲まない。

これは許されない罪である。霊的危機である。


エレミヤ書2:13には

わたしの民は二つの悪を行った。湧き水の泉であるわたしを捨てて、多くの水ためを、水をためることのできない、こわれた水ためを、自分たちのために掘ったのだ。
と書かれている。


聖霊に満たされていない者は、飢え乾きがないため、その外側で生きることを考える。


そうすると、いのちあふれる信仰生活ができなくなるので、良い実が結べなくなる。


そのようにならないために、悔い改めて、聖霊が降りるように按手を受けるなどして、我々はまことの信仰生活に立ち返らねばならない。


2017.12.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰はどのように生まれるのか



テーマは「 信仰はどのように生まれるのか 」です


◎基調聖句 ローマ人への手紙 10章17節

◎関連聖句 ローマ10:9~10、3:26~28、使徒4:12、ヨハネ14:6、ローマ10:13~14、申命6:4、ルカ8:15、ヤコブ1:22、ヨハネ1:1~3、14:5、5:24~25、アモス8:11~12

そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。(ローマ10:17)

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。(ヨハネ14:6)

【 要 旨 】

生まれた時から信仰があるという人はいません。

教会に通うから、信仰があるとは必ずしも言えません。


救いに至る信仰でないと、本物の信仰とは言えないのです。

では、そのことは聖書の何処に書いてあるかを、これから学んで参りましょう。


まず、ローマ10:9~10で

もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。
とあります。


次いで、ローマ3:26~28には

神ご自身が義であり、また、イエスを信じる者を義とお認めになるためです。人が義と認められるのは、律法の行いによるのではなく、信仰によるというのが、私たちの考えです。
と書かれています。


また、ヨハネ14:6では

わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。
とも書かれています。


ですから、結局、信仰は基調聖句にあるように、

信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。
ということになります。


しかし、神の愛のキリストによる言葉を聞いたことのない人は、救いと信仰は無理ということになります。


我々は真の神を知らない人に、伝えることが最大の役目なのです。


人はパンのみで生きるのではありませんから。

2017.12.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ