すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

イエスキリスト

イエス様の教会



テーマは「 イエス様の教会 」です


◎基調聖句 エペソ人への手紙 1章22~23節

◎関連聖句 マタイ16:18~19、黙示録3:7

また、神は、いっさいのものをキリストの足の下に従わせ、いっさいのものの上に立つかしらであるキリストを、教会にお与えになりました。 教会はキリストのからだ であり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。(エペソ1:22~23)

【 要 旨 】

教会はキリストのからだであり、いっさいのものを、いっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。
とペテロはエペソ人への手紙1:22に書いてあります。


すなわち、教会はイエス・キリストの血によって集まった人々が、心を尽くして、祈る所であります。


神は私たちに愛を与えるために、十字架のイエスを賜わったのです。


また、シモンペテロは、マタイ16:16で

あなたは生ける神の御子イエスです。
とイエス様の問いに答えています。


そしてあなたの岩の上に教会を建てると宣言されています。

と言うわけで、イエス・キリストは天国への鍵を持っています。


教会は、聖くないと神は働きません。


そのためには、教会に罪が宿っていたのでは、駄目です。

教会の頭は全き従順を神に示すキリストだからです。


主よ、主よと言っている口先だけの人間が頭ではないのです。


教会員はイエス様の証人ですから、助け合って、分別をもって、神の秩序の中で用いられ、地の果てまで伝道するように訓練されないと、神の使命を伝えることはできません。


私たちが勝利を得るために、イエス様は冠を与えると言われました。

この世を変えるために、御言葉が与えられています。


教会員は神にあっては兄弟ですから、一人一人がその使命を自覚しましょう。

2017.10.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

二つの罪の問題



テーマは「 二つの罪の問題 」です


◎基調聖句 ローマ人への手紙 7章19~25節

◎関連聖句 マタイ5:20~30、箴言6:16~19、ローマ7:7~14

すなわち、私は、内なる人としては、神の律法を喜んでいるのに、 私のからだの中には異なった律法があって、それが私の心の律法に対して戦いをいどみ、私を、からだの中にある罪の律法のとりこにしているのを見いだすのです。 私は、ほんとうにみじめな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでしょうか。 私たちの主イエス・キリストのゆえに、ただ神に感謝します。ですから、この私は、心では神の律法に仕え、肉では罪の律法に仕えているのです。(ローマ7:22~25)

【 要 旨 】

パウロは律法に詳しい人であったが、イエス・キリストに出会うまでは、内面の罪には気づいてなかった。


刑法で決められているような表面的な罪と、内面的な罪が二つの罪であるが、律法学者らは、旧約の律法は表面的な罪と理解していた。


それ故、イエス・キリストは律法学者らを心の堅い者とか、まむしの末と評していたのである。

このことは、マタイの福音書5章20節に

あなたがたの義が、律法学者やパリサイ人の義にまさるものでないなら、あなたがたは決して天の御国に入れません。
と書かれている通りである。


内面的な罪は、アダムとイブの時からの原罪であって、人々はこの罪には気づきにくい。

しかし、この罪の方がより重要である。


箴言6章17~19節には、主の憎むもの六つは、次ように書かれている。

高ぶる目、偽りの舌、罪のない者の血を流す手、邪悪な計画を細工する心、悪へ走る速い足、まやかしを吹聴する偽りの証人、兄弟の間に争いをひき起こす者。

基調聖句にあるように、人間はどんなに努力しても、罪の解決は難しい。


イエス・キリストを信じて、心が砕かれ、目覚める以外にない。


大いなる十字架の恵みに気づいて、特に内面の罪を忌み嫌うことにより、悔い改めて主に立ち返ることが私たちの最大の課題である。


ローマ書7章8章は罪の正体がよくわるように記されている。

結局は神の愛である。

2017.7.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神と和解するクリスマス



テーマは「 神と和解するクリスマス 」です


◎基調聖句 ルカの福音書 2章14節

◎関連聖句 ヨハネ1:14、エペソ2:16-18

いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。(ルカ2:14)

【 要 旨 】

今年は世界的に、テロや戦いが多かった。

特にISの不安と恐怖は極まっている。


しかし、歴史の中で一番の争いは、人間と神の争いである。

心ない人々は、神は戦争をなぜ許すのかなどと言っているが、その原因はすべて人間の罪に起因している。


イエス・キリストが来て下さった時代も、平和のない時代であった。

その時、神は「平和が御心に適う人々にあるように」(ルカ2:14)と、私たちのためにひとり子イエス・キリストを賜ったのである。

これがクリスマスの真の意味である。


であるから、私たちは、イエス・キリストが来臨されたことは、十字架を思って、罪を悟ることが第一義なのである。

キリストの生誕のみ祝うのは、実は第二義と言うべきことであり、世の心ない人々は、それが分かっていないのは残念である。


神と和解するのがクリスマスである。
サンタが来る日ではない。


私は道であり、真理であり命であると、イエスは言われた。

イエスを通してでないと私たちは神様の所へ行けない。

すなわち、イエスは神と人間の仲介者なのである。


しかし、それ以上に、イエスは人間の姿で来られたのであるから、人間の心だけでなく、身体の苦しみも知っておられる。


ヨハネは「見よ。世の苦しみを取り除く神の子羊」とイエスの霊的な姿を最初から見抜いていた。


イエスが来られたことで、神と話が出来て、神の御座に導かれることに、私たちは大いなる感謝を捧げよう。

2015.12.20
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・ *:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ