すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

イエス

主と弟子の再会



テーマは「 主と弟子の再会 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 26章31~32節、28章6~7節

◎関連聖句 マルコ16:11、マタイ28:16~17、マルコ16:14

「ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。 ですから急いで行って、お弟子たちにこのことを知らせなさい。イエスが死人の中からよみがえられたこと、そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれ、あなたがたは、そこで、お会いできるということです。では、これだけはお伝えしました。」(マタイ28:6~7)

【 要 旨 】

今日はイースター(復活祭)です。

イエスは世にあった最後の日に、弟子たちに二つの約束をされました。


よみがえってガリラヤへ行くことと、必ず再臨するという約束です(再臨はまだ実現しておりません)。

しかし、弟子たちはイエスに言われた約束は、心に残っていませんでした。


信じていない姿、これが私たち人間の姿なのです。

復活したイエスを弟子たちは信じようとせず、疑った者もいました。


先入観や自分の経験や思いを大切にするので、復活を信じることができなかったのです。

いくら真理であっても、自分で理解できないことは、受け入れないのです。


しかし、イエスは神の子だと霊的にとらえて、主の言葉はすべて真実だと信じた人には、イエスは必ず来て下さいます。

「主よ、来てください。」と言えば必ず来て下さいます。


これが信仰というものです。


再臨を信じない世の人のようであってはいけません。

2017.4.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

最後の晩餐



テーマは「 最後の晩餐 」です


◎基調聖句 マルコの福音書 14章12~16節、22~25節

◎関連聖句 出エジプト記12章1~14節

そして、その人が入って行く家の主人に、『弟子たちといっしょに過越の食事をする、わたしの客間はどこか、と先生が言っておられる』と言いなさい。 するとその主人が自分で、席が整って用意のできた二階の広間を見せてくれます。そこでわたしたちのために用意をしなさい。」(マルコ14:14~15)

【 要 旨 】

弟子たちは最後の晩餐に気付かなかったが、イエスは用意していることをすべて述べられた。

イエスが言った通り、席が用意できていた。


このことはイエスが神であられることを物語っている。

最後の食事に招かれるのは、弟子たちの特権である。

過ぎ越しの子羊とはイエスご自身のことであるのだから。


旧約の出エジプト記12章1~14節には、神様がモーセとアロンに告げられている。

羊を焼いて食しなさい。
これは過ぎ越しのいけにえであると。


その通りにすると、あなたがたに与える血の災いは、起こらないからと言われた。


そのためのしるしとして、ほふられた羊の血を門柱とかもいの間につければ、あなたの家には災いは起こらないから、永遠のおきてとして、この祝いをしなさいと書いてある。


これが過ぎ越しの祭りである。

しかし民は何度も反逆して、神の言われることに従わなかった。

これが人間の姿である。


しかし、イエス様は、過ぎ越しの子羊となって、私たちの罪を悔い改めさせて下さった。

それが、マルコ14:22~25に書かれているパンとぶどう酒のイエスの私たちへの捧げ物である。


パンとぶどう酒をいただいた者は、イエスの血と命、すなわちイエスの十字架の恵みを知っているのであるから、主の力がみなぎった聖別された者となり、罪のために裁かれことのない神の国へ入ることができる。


この恵みに感謝しなければならない。

2017.4.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主への陰謀と愛



テーマは「 主への陰謀と愛 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 26章1~13節

◎関連聖句 マタイ23:25~26、マタイ22:37

イエスは、これらの話をすべて終えると、弟子たちに言われた。 「あなたがたの知っているとおり、二日たつと過越の祭りになります。人の子は十字架につけられるために引き渡されます。」 そのころ、祭司長、民の長老たちは、カヤパという大祭司の家の庭に集まり、 イエスをだまして捕らえ、殺そうと相談した。(マタイ26:1~4)

【 要 旨 】

祭司長と長老は人々に尊敬されていた。

そして本人たちも義人と自負していた。


しかし、彼らはイエスに罪人と言われ、イエスに対する憎しみが増していた。


彼らは権力を愛し、高慢であったので、一般の人々や神を利用し、ラビに対して反抗しようとする者には死刑など残酷な処置をすることもあった。


マタイ23章5節には

忌まわしいものだ。偽善の律法学者、パリサイ人たち。あなたがたは、杯や皿の外側は清めるが、その中は強奪と放縦でいっぱいです。
と書かれている。


今も一番の悪人は、宗教を利用して、仮面を被って、人民を支配しようとするが、自らの犯した罪は刈り取らなければならない。


それに対して、上記のマタイ26:7~10に記されているように、高価な香油をイエスの頭に注いだ女に対しては、わたしに対しては埋葬の準備をしてくれたのであるから、神の御心に適った立派な、愛に満ちた行動をしてくれたとイエスは言われ、彼女は天国に入れると評価された。


マタイ22:37~38で

心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。これが大切な第一の戒めです。
とイエスは言われている。


神は良いことも悪いこともすべてを明らかにして下さり、いつも私たちを愛して下さる。

2017.4.2
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

謙遜な主の姿



テーマは「 謙遜な主の姿 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 21章4~10節

◎関連聖句 マタイ3:13~15、ルカ22:27

これは、預言者を通して言われた事が成就するために起こったのである。 「シオンの娘に伝えなさい。『見よ。あなたの王があなたのところに来られる。柔和で、ろばの背に乗って、それも、荷物を運ぶろばの子に乗って。』」 そこで、弟子たちは行って、イエスが命じられたとおりにした。(マタイ21:4~6)

【 要 旨 】

人間でも傲慢な人といると、よい気はしない。

そのような人とは、付き合いたくないと言うのが本心である。


しかし、イエスは謙遜さにあふれていて、高い所から低い所、すなわち神が人間になられたのである。

そして、人間として罪人と同じようにヨハネからバプテスマを受けた。


それを知らない人達は、ナザレから何の良い物が出るだろうかと揶揄した。


ルカ22:27には

食卓に着く人と、給仕する者と、どちらが偉いでしょう。むろん、食卓に着く人でしょう。しかし、わたしはあなたがたのうちにあって、給仕する者のようにしています
と言われました。


そしてイエスは最後の晩餐の時にも、弟子たちの足を洗った。

裏切ったユダの足でさえも奴隷のような恰好で洗い、わたしを見習う者になりなさいと、範を示されたのである。


十字架にかかることは、完全に自分を無にして、神に対して最高に従順になることである。


イエスは十字架では弱弱しい姿を見せるが、これはまことの神の正しい生き方を、我々に教えて、正してくれている。


わたしが、あなたがたを赦したように、あなたがたも赦しなさい。受けるよりも与えるほうが幸せです

とイエス様は、いつでも何処でも私たちを見守っていて下さる。


2017.3.26
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

完全な従順



テーマは「 完全な従順 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 2章6~8節

◎関連聖句 Ⅰペテロ2:21、黙示録3:20、ヨハネ15:4~5、黙示録3:19

キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、 ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、 自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。(ピリピ2:6~8)

【 要 旨 】

イエスの見習うべき姿は従順である。

イエスは神であられるのに、人間の姿でこの世に来られた。


天という次元から地上に来られるのは簡単ではない。

被造物は、神になりたいという願望があるが、イエスはこれとは逆で、父なる神の御心を持っていて、聖なる御国におられたのに、父なる神に完全に従順した。


イエスは人間として、しかもナザレのような田舎町で生を受けたので、一般民衆と同じようであって、人々に尊敬されないで、むしろ憎しみの目で観察されることが多かった。


そのような苦労の連続であったけれども、神への従順を守った。

それは最後に十字架で完了するまでも、完璧に父なる神に従った。


キリストはあなたがたのために苦しみを受け、その足跡に従うようにと、あなたがたに模範を残されたと、Ⅰペテロ2:21に記されている。


人間はクリスチャンと呼ばれた人でも、完全に従順な人はどれだけいるだろうか。


栄光に入りたいなら完全な従順が求められる。


それは、イエスの完全な従順がなかったら、私たちは成就しないことを見ても分かる。

私たちは、御心とは何なのかを良くわきまえて、何のために、誰のために生きているのか、よくよく考えねばならない。

2017.3.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
カテゴリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ