すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

みことば

みことばの力



テーマは「 みことばの力 」です


【ネヘミヤ記8章8-12節】

彼らが神の律法の書をはっきりと読んで説明したので、民は読まれたことを理解した。

総督であるネヘミヤと、祭司であり学者であるエズラと、民に解き明かすレビ人たちは、民全部に向かって言った。「きょうは、あなたがたの神、主のために聖別された日である。悲しんではならない。泣いてはならない。」民が律法のことばを聞いたときに、みな泣いていたからである。

さらに、ネヘミヤは彼らに言った。「行って、上等な肉を食べ、甘いぶどう酒を飲みなさい。何も用意できなかった者にはごちそうを贈ってやりなさい。きょうは、私たちの主のために聖別された日である。悲しんではならない。あなたがたの力を主が喜ばれるからだ。」

レビ人たちも、民全部を静めながら言った。「静まりなさい。きょうは神聖な日だから。悲しんではならない。」

こうして、民はみな、行き、食べたり飲んだり、ごちそうを贈ったりして、大いに喜んだ。これは、彼らが教えられたことを理解したからである。

神のことばの威力は創世記1章で知ることが出来ます。

すべては神の口から出たことば通りになりました。


神のことばには力だけでなく、権威もあるので すべてがその通りになります。



神のみことばの力を、クリスチャンはもっと知らないといけないです。


ネヘミヤはエルサレムの崩れた城壁を52日で完成しました。

しかし それで終わったのではなく、主の民の信仰を回復させました。


信仰を回復させるために、民たちは24日間 毎日集まって昼に何時間も神のことばを聞いていました。

これは凄いことでした。



真剣に神のことばを聞いた彼らに どんな変化が起こったでしょうか?


みことばによって彼らは自分たちの罪に気づきました。

それで彼らは悪を断ち切り、断食して神に悔い改めました。

自分たちの行動を自制しました。


また、みことばによって 彼らの中に信仰が芽生えました。

その信仰によって彼らは神が喜ぶ礼拝をささげました。



神はみことばを通して彼らに知恵、力、悟り、喜びを与えました。

また真理を知ることで彼らは自由になり、心は聖められました。


神のことばが民全体を変え、民の中には喜びがあふれました。



みことばを聞くとき、彼らは泣いていましたが、心の中には大きな喜びがありました。

みことばから喜びでした。



真の悔い改めも信仰も喜びもみことばを理解したところから始まります。

みことばに対して真剣な姿勢を見せるならば、みことばの力を感じます。


【詩篇119編11-12節】

あなたに罪を犯さないため、私は、あなたのことばを心にたくわえました。

主よ。あなたは、ほむべき方。あなたのおきてを私に教えてください。

2020.9.27
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰がさらに成長するためには



テーマは「 信仰がさらに成長するためには 」です


【第2テサロニケ1章3-4節】

兄弟たち。あなたがたのことについて、私たちはいつも神に感謝しなければなりません。そうするのが当然なのです。なぜならあなたがたの信仰が目に見えて成長し、あなたがたすべての間で、ひとりひとりに相互の愛が増し加わっているからです。

それゆえ私たちは、神の諸教会の間で、あなたがたがすべての迫害と患難とに耐えながらその従順と信仰とを保っていることを、誇りとしています。

みなさんは信仰の成長を願っていますか?


「私は信仰がないです」というクリスチャンもいます。

謙遜なことばに聞こえますか?


信仰がないことは大変なことです。

救われていないこと、いのちがないことを意味しますのでぜひ信仰ある人になって下さい。


【ヘブル11章6節】

信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。

このように言われてあるので、私たちは信仰ある者になって神を喜ばせる者になることです。



信仰にも色々あるので、私たちは信仰がさらに成長するように励まないといけないです。


信仰が弱いと、それもとても危険ですから、揺るがない強い信仰を持たないといけないです。


どのようにしたら信仰をさらに成長させることが出来るかを語ります。

聖書にはすべての答えがあります。




神のことばをよく聞くこと




信仰はいつから始まりましたか。


信仰を持って生まれる人は誰もいません。

人間はサタンの支配を受けながら生まれます。


ですから信仰を持つためには必ず主に出会わないといけないです。

どのように主に出会いますか?


【ローマ10章17節】

そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。

すなわちキリストについてのみことばを聞いて、キリストに出会い、そのことばに従う時から信仰が始まります。



ですから、みことばによって始まった信仰を成長させるには、さらにみことばを良く聞いて、みことばに従うことです。


心を開いて、みことばを植えるならば、みことばが成長し、豊かに実を結ぶことが出来ます。




神の恵みを慕い求めること




幼子は絶えず両親に頼りながら必要なものを求めます。

乳を求め、日々必要なものを求めます。


それと同じく私たちも神に必要な恵みを求めないといけないです。


【ヘブル4章16節】

ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。

神からの恵みを体験すると信仰も成長していきます。


生きておられる神を体験して、信仰が成長しない人はあまりいないです。

恵みを体験することは必要です。




聖霊に満たされると信仰は成長する




【使徒の働き1章8節】

しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」

聖霊を受ける前は信仰の薄い者であった弟子たちが、聖霊を受けた後は 信仰が成長して勇気ある者、謙遜な者、真理の人になり、成熟した姿を見せました。



信仰が成長すると患難も迫害も乗り越えることが出来ます。


2020.5.17
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主を待ち望む



テーマは「 主を待ち望む 」です


【イザヤ書40章28-31節】

あなたは知らないのか。聞いていないのか。主は永遠の神、地の果てまで創造された方。疲れることなく、たゆむことなく、その英知は測り知れない。

疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。

若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。

しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。

今日の聖書のことばは好きな聖句の一つです。

理由は、このことばを読むだけでも偉大な神の力を感じるからです。


永遠から永遠まで存在する方、すべてを創造した神の存在を感じます。


疲れを知らない無限な力に溢れる方を知っていることはどんなに素晴らしいことか分かりません。



主を自分の頭の中だけの小さな神と思っていることは神を冒涜することです。


例えるならば象のような神を蟻のような神だと考えることは、神に対して大変失礼なことです。



神は私たちの考えをはるかに超えた力がある偉大な方です。

この神の子どもであるならば自慢せずにおられるでしょうか。


頼らず、信頼せずに生きるでしょうか。



私たちは自分の無知によって神を冒涜したり、受けるべき祝福を失ってもいけないです。


神を知るためには聞く耳をもって主のことばを聞くことです。

疲れた者、貧しい者、倒れた者に語る主のことばです。



主の手は力ある働きをします。

主を待ち望む者に。


主を自分の力の源にする人は、力尽きて倒れることがありません。


【詩篇42編11節】

わがたましいよ。なぜ、おまえはうなだれているのか。なぜ、私の前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の顔の救い、私の神を。

遠出する人は車にガソリンを満タンにして出発します。

1月は新年の始まりです。



心を聖霊とみことばで満タンにすることが大切です。

聖霊は力です。


力を満タンにするならば、荒波の世でも、溺れることなく、希望の港まで進むことが出来ます。



信仰生活のために、主の働きのために、喜びの生活のために聖霊の力で満たされるように主を待ち望みましょう。


待ち望む者に主の力が注がれます。


2020.1.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

惑わしに注意しよう



テーマは「 惑わしに注意しよう 」です


【マタイの福音書24章24節】

にせキリスト、にせ預言者たちが現れて、できれば選民をも惑わそうとして、大きなしるしや不思議なことをして見せます。

マタイの福音書24章では、終わりの時代に起こる様々なことを 主が前もって教えて下さいました。


その中に “惑わしの霊の活動” があることを語って下さいました。

主が語りましたので、必ず惑わしは起こります。


クリスチャンは この惑わしを大いに警戒しないと惑わされて、とんでもないことになります。



惑わしの霊はクリスチャンを狙います。

惑わしは教会の中でも起こります。


指導者を通しても起こります。

教えを通しても 様々な奇跡や賜物、不思議なわざを通しても起こります。


分別が難しいこともあるので、注意深く判断しなければなりません。


今回は、どのような形で惑わしがあるのかを学びます。

惑わされないための霊的戦いが必要です。




聖書のことばで惑わします




・ 人々の魂に向けて語るのではなく、知識として頭に入れようとする


・ 聖書のことばを自分勝手に解釈して教える


・ 人のことばを神のことばよりも多く教える


・ 神学者たちの主張を神の言葉の権威よりも上に置く




信仰行為に没頭させる




・ 礼拝や賛美、祈りなどにおいて狂信的にさせる


・ パリサイ人たちのように宗教に熱心にさせ、自分の義を現すようにする


・ 主を見上げるのではなく、宗教行為を熱心にさせ安心させる




悪霊なのに、まるで聖霊の働きであるかのように騙す




・ 神からではない異言や預言、賜物、奇跡の力を使って人々を惑わす

これに多くの人々が惑わされます。


・ サタンは、見えるものに熱狂する人々を 奇跡を通して惑わす




世俗的なことに関心を向けるように惑わす




・ 世のもの、情報、世の流れを絶えず流して それに関心を持つように、好きになるように、繁栄するように惑わす


・ 先入観、価値観などを変えていく


・ 世的な者にさせて惑わす




これ以外にも、惑わす内容なたくさんあります。


サタンの策略なので惑わされないように御言葉に堅く立って警戒と注意が必要です。


【マタイの福音書24章4-5節】

そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「人に惑わされないように気をつけなさい。

わたしの名を名のる者が大ぜい現れ、『私こそキリストだ』と言って、多くの人を惑わすでしょう。

このことばを忘れず、心に留めながら気を付けましょう。


2019.7.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖なる者になりなさい



テーマは「 聖なる者になりなさい 」です


【レビ記19章2節】

「イスラエル人の全会衆に告げて言え。あなたがたの神、主であるわたしが聖であるから、あなたがたも聖なる者とならなければならない。

私たちに対する神のみこころは 何よりも私たちが “聖なる者” になることです。


聖徒たちは神に仕える者なので、聖なる者になることを神は要求しておられます。

みことばで繰り返してそのことを語っておられます。




祭司である聖徒は主に仕える者なので、聖なる者にならなければなりません




【レビ記21章8節】

あなたは彼を聖別しなければならない。彼はあなたの神のパンをささげるからである。彼はあなたにとって聖でなければならない。あなたがたを聖別する主、わたしが聖であるから。

汚れたまま主に仕えることは 神を冒涜することであり、神の名を汚すことになります。

罪によって自分を汚してはいけないです。


【レビ記22章2節】

イスラエル人の聖なるものは、わたしのために聖別しなければならない。彼らはわたしの聖なる名を汚してはならない。それは彼らがわたしのために、聖なるものとすべきものである。わたしは主である。



心と生活の中から悪を捨て、きよめなければなりません




外側だけきれいにし、内側が汚いままなら それは偽善者の姿です。

主が忌み嫌う姿です。


【マタイの福音書23章28節】

そのように、おまえたちも外側は人に正しく見えても、内側は偽善と不法でいっぱいです。

【詩篇24編3-5節】

だれが、主の山に登りえようか。だれが、その聖なる所に立ちえようか。

手がきよく、心がきよらかな者。そのたましいをむなしいことに向けず、欺き誓わなかった人。

その人は主から祝福を受け、その救いの神から義を受ける。

神に祝福を受けるためには、まず何を捨てるべきかを考えることです。


汚いものを捨てて、きよめられた器を差し出すならば、主はその器に祝福を入れて下さいます。




罪を悔い改めなければなりません




私たちを汚すのは罪です。

神の御心から離れたすべてが罪になります。


罪のないものは一人もいません。

ですから神はこの言葉を下さいました。


【第1ヨハネ1章9節】

もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。

悔い改めるならば主はきよめて下さいます。

きよめられた者として主に仕えることが大切です。


2019.1.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ