すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

へりくだる

人間関係の回復



テーマは「 人間関係の回復 」です


【ローマ12章17-18節】

だれに対してでも、悪に悪を報いることをせず、すべての人が良いと思うことを図りなさい。

あなたがたは、自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。

人間関係の問題は誰もが経験してあります。

家庭、社会、会社、学校、教会など人間が集まるところでは多かれ少なかれ人間関係の摩擦、葛藤、ストレスがあります。



そこからさらに信仰の問題が生じますので、人間関係を解決するために努力しないといけないです。


また自分に関する限り、すべての人と平和を保つように心掛けなければなりません。


人間関係において大切なことを学びます。




期待よりは待つことです




相手に対する期待が大きければ大きいほど 失望感も大きくなり、相手に悪い感情が生まれ、人間関係も悪くなります。


親子や夫婦、上司や部下の関係でも期待値が大きいと失望感も大きくなって相手を責めたり、非難したりします。



イエス様の弟子たちに対する姿を見ると、いつも “待つ姿” でした。

不満や非難のことばはありませんでした。


弟子たちが裏切ることを知って祈りました。

そしてペテロにこのように言いました。


【ルカの福音書22章32節】

しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」


期待ではなく 待ったので、弟子たちは成長することが出来、主のための働きも出来ました。


これが私たちに対する主の姿です。


私たちは期待が大きいのに、待つことをしないので人間関係が壊れます。




殺すことばより、生かすことばを使うことです




悪いところばかり指摘して人を変えようとする人が多いです。


絶えずことばのむちで打つならば相手は死にます。

愛という名のもとで行われていますが、それによって人間関係も悪くなります。



神は生かす霊で、私たちにも生かすことばを使って下さいました。


祝福や励ましのことば、肯定的なことばは生かすことばです。

生かすことばを使うと人は生かされるので人間関係も良くなります。




人を自分よりまさっていると思うことです




相手を自分よりまさっていると思う時に、人を尊敬します。

しかし自分よりも劣っていると思うなら、高慢になって人を見下します。


【ピリピ2章3節】

何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。


どんな人にも、神は1つは賜物を与えてあります。

それを見つけて認め、学ぼうとするなら自分の成長に役に立ちます。



これらのことを私たちが普段やっていくならば人間関係は回復に向かっていくと思います。


2020.10.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

喜びの生活はできるのか



テーマは「 喜びの生活はできるのか 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 4章4節

◎関連聖句 ピリピ1:20~21、2:5、3:8、4:11~13

いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。(ピリピ4:4)

【 要 旨 】

人生は様々なことが起きる。

突然悲しいことが発生しても、私たちは感謝して喜んでいることが出来るだろうか。


パウロはキリストに出会ってから、人生の目的が一瞬にして変わった。

キリストに会って、人生の目的が180度変換されたからである。

いつも喜んで生きるという決心ができた。


ピリピ1:20~21には

私がどういうばあいにも恥じることなく、いつものように今も大胆に語って、生きるにしても、死ぬにしても、私の身によって、キリストのすばらしさが、現わされることを求める私の切なる願いと望みにかなっているのです。私にとっては生きることはキリスト、死ぬこともまた益です。
と告白している。


また、ピリピ2章では

同じ愛の心を持ち、志を一つにし、何事も自己中心や虚栄からではなく、へりくだって互いに人を自分よりすぐれた者と思い、他の人を顧みなさい。これはキリスト・イエスのうちにもみられるものです。
とパウロは言っている。


そしてピリピ3:8では

私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。私はキリストのためにすべてのものを捨てて、キリストを得ました。
と。


霊的に満たされると、喜びが湧いて来る。

神の御心を追い求めれば、霊的に富む者となり、喜びが増す。


私たちは環境には支配されないで、キリストからのみ学ぶことが肝要である。


イエスは人間の姿となって、我々に生き方を示された。

パウロはそれを学んで喜びに満たされた。彼は私たちのお手本である。

2017.10.29
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ