すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

創世記

罪人を捜す主



テーマは「 罪人を捜す主 」です


【創世記3章6-9節】

そこで女が見ると、その木は、まことに食べるのに良く、目に慕わしく、賢くするというその木はいかにも好ましかった。それで女はその実を取って食べ、いっしょにいた夫にも与えたので、夫も食べた。

このようにして、ふたりの目は開かれ、それで彼らは自分たちが裸であることを知った。そこで、彼らは、いちじくの葉をつづり合わせて、自分たちの腰のおおいを作った。

そよ風が吹くころ、彼らは園を歩き回られる神である主の声を聞いた。それで人とその妻は、神である主の御顔を避けて園の木の間に身を隠した。

神である主は、人に呼びかけ、彼に仰せられた。「あなたは、どこにいるのか。」

神が世界と人間を創造した時に、世には罪が存在しませんでした。


しかし最初の人間アダムとエバが、神のことばに背いたことで 罪が世界に入りました。

それから生まれて来るすべての人間はみんな罪人です。



アダムは罪を犯した後に、神から離れて隠れました。

罪を犯すまでは 罪がどういうものか分かりませんでしたが、罪を犯した後に罪が神との関係を壊すものであること、恥であること、罪を犯すと神の前に出られないことを知りました。


その姿を見た神が、罪人を呼びました。

「あなたはどこにいるのか。」


これは神の前に出られない人間を、神が捜して出て来るように招いたことばです。

それに反応してアダムは出て来ました。



罪人は汚れた者であるので、自ら神の前に出ることは出来ません。


しかし、神が呼んだ時は出ることが出来ます。

神が罪人を捜しておられるからです。


神は罪人を捜して、その人に罪を悔い改めるチャンスを与えます。



神は、すべての人が神の怒りを受けて滅ぼされることを願わず、悔い改めて、主を信じ、救われることを願っています。

イエス様も次のように語りました。


【ルカの福音書5章32節】

わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて、悔い改めさせるために来たのです。」

主が捜し出した罪人が悔い改めて信じる時に、主は一番喜びます。



「悔い改めなさい」と言うことばは、罪人を招く主の声です。

それに応じる人は魂が救われます。


悔い改めて主に立ち返る人は、救いという素晴らしい祝福を受けます。


2019.2.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

従順の人になりなさい



テーマは「 従順の人になりなさい 」です


【創世記26章4-5節】

そしてわたしは、あなたの子孫を空の星のように増し加え、あなたの子孫に、これらの国々をみな与えよう。こうして地のすべての国々は、あなたの子孫によって祝福される。

これはアブラハムがわたしの声に聞き従い、わたしの戒めと命令とおきてとおしえを守ったからである。

従順の人と言えば、アブラハムの名前が出てきます。

アブラハムは神が認めた従順の人でした。


本文のことばは、主がイサクに語ったアブラハムに対する評価です。

神の戒め、命令、掟、教えを守った従順の人として高い評価を受けました。


アブラハムは、信仰と従順において レジェンドです。


レジェンドは「伝説」を意味する英語です。

伝説として語り継がれる偉大な人物のことを「レジェンド」と言います。


アブラハムこそ、レジェンドにふさわしい人物です。

アブラハムは二つの厳しい従順のテストに合格しました。




最初のテストは創世記12章




【創世記12章1節】

あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。

そのことばを聞いたアブラハムは従順しました。


【創世記12章4節】

アブラムは主がお告げになったとおりに出かけた。

アブラハムは最初の従順を通して神様と親密な関係を結びました。


最初のボタンが、“神への従順” でした。

最初のボタンを間違うと、次のボタンも全て間違います。


神のことばに従って荷造りをして、故郷を離れ 示された所に足を踏み入れたことで神様を喜ばせました。




二回目のテストは創世記22章




このテストは、高難度のテストで真剣に応じることが出来る成熟した人だけが受けるテストでした。


100歳の時に生まれた息子イサクをいけにえとしてささげるテストでした。

アブラハムにとって これは実戦であり、現実でした。


しかしアブラハムはそこから逃げず、自分のいのちよりも大切なイサクを神にささげました。


それが出来たのは、息子イサクが自分の所有ではないことを正確に知ったからです。


アブラハムが神の命令や教え、戒めに対して従順したのは、従順だけに集中したのではなく、従順を要求する方が誰であるのかに集中しました。



私たちが従順の人になるためにも、神に目を向け、神に集中しなければなりません。


アブラハムは高難度のテストに合格したことで、創造主なる神の友になる祝福を受けました。

さらにイエス・キリストがアブラハムの子孫であると聖書の系図に紹介される名誉も受けました。


聖書には従順の人と不従順の人が出てきます。


あなたは従順する人ですか?それとも不従順する人ですか?


2019.1.20
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

アブラハムが祝福された理由



テーマは「 アブラハムが祝福された理由 」です


◎基調聖句 創世記12:1、申命記28:1~14、ヤコブ1:6~8

こう言われました。「わたしは必ずあなたを祝福し、あなたを大いにふやす。」 こうして、アブラハムは、忍耐の末に、約束のものを得ました。(へブル6:14~15)

【 要 旨 】

神は誰にでも祝福したいと願っている。

約束の言葉に聞き従うならば、必ずその祝福を与える。


私たちはアブラハムのような、神の言葉に絶対従順な、祝福してもらった人の姿を見ることが大切である。

たとえ、神の計画を何も知らなくても絶対に従うことは、神の権威を認めることで、神を恐れ、信頼することになる。


アブラハムは、イサクを捧げよと言われても服従した。

百人隊長は、イエスにその権威を認めただけで、その姿勢を誉めた。


申命記28:1では

もし、あなたが、あなたの神、主の御声によく聞き従い、私が、きょう、あなたに命じる主のすべての命令を守り行うなら、あなたの神、主は、地のすべての国々の上にあなたを高くあげられよう、
と記されている。


ヤコブ1:6~8には

少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。そういう人は、主から何かをいただけると思ってはなりません。そういうのは二心のある人で、その歩む道すべてに安定を欠いた人です。
と手厳しい。


すべては神のものであり、神は公平なお方である。

忍耐を持って神を待つ、これが信仰である。


アブラハムは、自分のものは何もないと言われた。

従順、行動、忍耐、これがまことの信仰であることを肝に命じよう。


2016.2.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神が与えて下さった3つのチャンス



テーマは「 神が与えて下さった3つのチャンス 」です


◎基調聖句 創世記 3章8~13節

◎関連聖句 創世記32:26~28、エペソ4:23~24、創世記16:8

神である【主】は、人に呼びかけ、彼に仰せられた。「あなたは、どこにいるのか。」 彼は答えた。「私は園で、あなたの声を聞きました。それで私は裸なので、恐れて、隠れました。」 すると、仰せになった。「あなたが裸であるのを、だれがあなたに教えたのか。あなたは、食べてはならない、と命じておいた木から食べたのか。」 人は言った。「あなたが私のそばに置かれたこの女が、あの木から取って私にくれたので、私は食べたのです。(創世記3:9~12)

【 要 旨 】

エデンの楽園は、神が造られたので、罪というものを知らなかったのに、人間は罪を犯したので、神を避けるようになった。

罪人たちに起こるのは恥と恐れである。


神は人に、あなたは何処にいるのかと聞いたのは、


①悔い改めを起こさせるチャンスを与えるためであった。


神は憐れみをもって、悔い改めさせ、罪を赦したいと願っている。

神様は人間が誰一人として滅びるのは願っていない。


②番目は、人間は変えられるというチャンスを与えてくれることである。


創世記32章26~28節には、ヤコブの話が出て来る。


ヤコブは満たされない心を満たして欲しいと神にお願いした。

すると神はイスラエルという名を下さった。

ヤコブとは詐欺師という意味であるが、イスラエルは神の王子という意味である。


新しく生まれた人は信仰によって生きられる。

真理に基づき、義と聖によって、心の霊が新しくされる訳であるが、神は忍耐をもって、人が変わる姿を待って下さる。


③番目のチャンスは、永遠の命をいただくことである。


サライの女奴隷ハガルは、神に、あなたは何処から来てどこに行くのかと問われた。

サマリヤの女にイエスは、私は道である。

失われたものを探しに、私は来たと言われた。


神から背を向けた瞬間から天国への道はない。

悔い改めるチャンス、変えられるチャンス、永遠の命を受けるチャンスを逃してはならない。

2016.2.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ