すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

ガラテヤ

神と私たちの関係



テーマは「 神と私たちの関係 」です


【ガラテヤ4章6-7節】

そして、あなたがたは子であるゆえに、神は「アバ、父」と呼ぶ、御子の御霊を、私たちの心に遣わしてくださいました。

ですから、あなたはもはや奴隷ではなく、子です。子ならば、神による相続人です。

12月はクリスマスがあるので、イエス様のことを考える機会も増えると思います。

もちろんクリスチャンはいつも主と共にいるので、イエス様の事や父なる神のことは思っています。


でも今月は改めて神と私たちの関係を深く考えて その関係をさらに良くしていきたいと思います。


私たちが罪から救われることは単なるたましいの救いだけではなく、救いによって神と私たちの関係が変わったことも正確に知らなければなりません。


一番うれしいことは霊の親子関係になったことです。

「アバ、父」と呼ぶ関係です。


この関係は敵対する関係ではなく、愛の関係です。

神に愛され、神を愛する関係です。


一番近い関係とも言えます。



その次には羊飼いと羊の関係です。

聖書にはこの関係もよく出て来ます。


私たちの良い羊飼いとしての主の姿があります。


この関係は信頼の関係です。

詩編23編にはこの関係がよく現れてあります。



それから主人としもべの関係があります。


この関係は服従の関係です。


主を主人として認め、主を喜ばせるために、与えられたタラントをよく用いて忠実に働くことが要求されます。

良い忠実なしもべは主に喜ばれ、祝福されます。



どの関係も大切な関係です。


どれもないがしろにするならば、関係に問題が生じますので、良い関係を維持するために いつも努力する姿勢が必要です。


2019.12.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

蒔いたものを刈り取る



テーマは「 蒔いたものを刈り取る 」です


【ガラテヤ6章7-10節】

思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。

自分の肉のために蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊のために蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。

善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります。

ですから、私たちは、機会のあるたびに、すべての人に対して、特に信仰の家族の人たちに善を行いましょう。

人はいつ 神を “不公平の神” だと勘違いするでしょうか。


それは、自分のことではなく、他人が蒔いた通りに刈り取らないのを見た時です。

悪人が繁栄し、苦しみもなく、思い通りの人生を生きているのを見ると、その怒りを神にぶつける人が多いです。


現実を見て、そう思う時もあります。


しかし神は不公平な神ではなく、公平な神です。

私たちが勘違いしているだけで、神は公正、公平な方です。



個人の意見ですが、神がなぜ、永遠の世界を造ったのかを考えた時に、人それぞれの生き方に従って、正しく裁くためであるかも知れないと思ったりします。


短い人生で毎日蒔いたものを刈り取らせるならば、生き残る人は一人もいないと思います。



神は人間に自由意志を与えました。

自分の意思で選択出来るようにして下さいました。


しかし、その選択に対しての責任は本人に取らせます。

死んだ後に必ず裁きを受けると聖書に書いてあります。


その時、正しい裁き主である神の前に驚く人は多いと思います。



クリスチャンが受ける恵みは、神がそれらのことを事前に教えておられることです。


神のことばを真剣に受け入れると、種を蒔く時に何も考えずに蒔くことはしないと思います。



私たちが蒔く種は二つです。

肉のために種を蒔くか、御霊のために蒔くか です。


肉のために蒔くなら、肉の行いが出てきます。

肉の行いにはこれらのものがあります。


不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、酩酊、遊興、殺意、不義、悪とむさぼり、欺き、不平不満、悪事、不従順、不慈悲、高慢などたくさんあります。


これらによって永遠の滅びを刈り取ります。

肉の欲望を満足させても、そこから刈り取るものは滅びです。



しかし御霊のために蒔くならば、永遠のいのちを刈り取ります。


御霊によって歩む人は、御霊の実を結ぶために良い種を蒔きます。



御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。

また善を行います。


神はその選択を喜びます。


そしてその人たちには永遠のいのちと良い報いを与えます。



人は死んだ後に神と清算します。

それが裁きです。


いつか裁き主の前に立ってさばきを受けることを忘れないで、今良い種を蒔きましょう。

2019.11.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

私たちのための死



テーマは「 私たちのための死 」です


◎基調聖句 ガラテヤ人への手紙 1章4節

◎関連聖句 ローマ5:8、創世記6:5~7

キリストは、今の悪の世界から私たちを救い出そうとして、私たちの罪のためにご自身をお捨てになりました。私たちの神であり父である方のみこころによったのです。(ガラテヤ1:4)

【 要 旨 】

今はキリストの受難週です。

イエス様が誰のためになぜ十字架で死んで下さったか、もう一度考えなければならない。


聖餐式の祈りにも「…ですからあなたがたは、このパンを食べ、この杯を飲むたびに、主が来られるまで、主の死を告げ知らせるのです。」とある。


神様は裁き主であるが、愛を持っておられるので、人間が罪を犯したことに心を痛めていた。

イエス様はそのことを知っておられたので、人々を救うために人間の姿をして地上に来て十字架に架かってくださった。


その時代の人々だけでなく、後の時代の人々のため、全世界の人々のためであった。

神の御心にその意味があった。



ノアの洪水の時、神の言葉に聞き従い方舟を造ったノアの家族8人以外はすべて滅ぼされた。

神は裁く前に救いの道を開いて下さる神様です。


今はノアの方舟より救いの道を拡げて、私を信じる者は、私の言葉を聞いて従いなさい。

そうすれば救われる。


イエス様が私たちの罪のために十字架にかかって下さったことを知った今は、罪に対して敏感になって罪から離れなければならない。

私たちがこれからも罪を犯し続けるならば、イエス様を何度も何度も十字架にかけることになる。


どうしたら私たちの罪を贖ってくださったイエス様に恩返しができるか、考えることが私たちクリスチャンに求められている。


もし罪を犯したならば心から悔い改め、罪から立ち直って、いのちの道、み言葉の道を歩むことである

2018.3.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ