すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

マルコの福音書

障害物があるのか



テーマは「 障害物があるのか 」です


【マルコの福音書10章21-23節】

イエスは彼を見つめ、その人をいつくしんで言われた。「あなたには、欠けたことが一つあります。帰って、あなたの持ち物をみな売り払い、貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについて来なさい。」

すると彼は、このことばに顔を曇らせ、悲しみながら立ち去った。なぜなら、この人は多くの財産を持っていたからである。

イエスは、見回して、弟子たちに言われた。「裕福な者が神の国に入ることは、何とむずかしいことでしょう。」

多くの財産を持っていた彼は それなりの努力と汗を流したと思います。


それだけでなく、神のことばもしっかり守る信仰ある人でした。

イエス様に対する態度も謙遜でした。


主の前にひれ伏して「尊い先生。永遠のいのちを自分のものとして受けるためには、わたしは何をしたらよいでしょうか。」と尋ねました。



主の答えが本文にあります。

主は彼に決断と選択を求めました。


「すべてを捨ててわたしに従って来なさい」と。

しかし多くの財産がある彼は決断が出来ず、悲しみながら帰りました。



彼は財産を諦められず、永遠のいのちを諦めました。


愚かな選択だと思いませんか?


間違った選択は永遠に彼を苦しめると思います。

財産は彼にとって祝福ではなく、障害物になりました。


世と世にあるものを愛する人は、永遠のいのちを得る時に それが障害物になります。



神の国に入りたい人は、その障害物を まず除けないといけないです。


除けないと知恵ある選択が出来なくなります。

愚かな選択は自分の身を滅びに導きます。


神より愛するもの、頼るものがあるならば、主に従って生きることが出来ないです。



障害物を捨てて主に従う人には、このような祝福があります。


【マルコの福音書10章28-30節】

ペテロがイエスにこう言い始めた。「ご覧ください。私たちは、何もかも捨てて、あなたに従ってまいりました。」

イエスは言われた。「まことに、あなたがたに告げます。わたしのために、また福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子、畑を捨てた者で、

その百倍を受けない者はありません。今のこの時代には、家、兄弟、姉妹、母、子、畑を迫害の中で受け、後の世では永遠のいのちを受けます。

その通り、彼らは主に用いられ、また永遠のいのちも得ることが出来ました。


何が大切なもので、なくてはならないものかをよく考えることです。


2021.5.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

罪人を救うイエス様



テーマは「 罪人を救うイエス様 」です


【マルコの福音書2章13-17節】

イエスはまた湖のほとりに出て行かれた。すると群衆がみな、みもとにやって来たので、彼らに教えられた。

イエスは、道を通りながら、アルパヨの子レビが収税所にすわっているのをご覧になって、「わたしについて来なさい」と言われた。すると彼は立ち上がって従った。

それから、イエスは、彼の家で食卓に着かれた。取税人や罪人たちも大ぜい、イエスや弟子たちといっしょに食卓に着いていた。こういう人たちが大ぜいいて、イエスに従っていたのである。

パリサイ派の律法学者たちは、イエスが罪人や取税人たちといっしょに食事をしておられるのを見て、イエスの弟子たちにこう言った。「なぜ、あの人は取税人や罪人たちといっしょに食事をするのですか。」

イエスはこれを聞いて、彼らにこう言われた。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。」

罪人たちを見る神の心には 深い悲しみがあります。

罪人の結末を知っているからです。


あわれみ深い神が罪人を救うために、地上に遣わした方が御子イエス・キリストです。


病人を見る医者は何とかして治してあげたいので最善を尽くします。

そして多くの病人が助かります。



イエス様は罪人たちを永遠の死から救い出し、永遠のいのちを与えるために、神が人となって来られた方です。

そして自分を罪人と思う人たちはイエス様の所に来ました。


イエス様を救い主として受け入れ、主と共に喜びました。



しかし自分には罪がないと思う人、自称・義人たちは、自分には救いは要らないと思いました。

そしてイエス様を拒みました。


たましいの救いを受ける大切なチャンスを拒みました。

この人たちは後に自分の愚かさに胸を叩きながら後悔します。


今は自分の判断を正しいと確信していると思うでしょうが、後に自分が罪人であったことに気付いた時には手遅れの場合が多いです。



見える病気よりも見えない病気の方が恐ろしいように、自分の内面に潜んである罪の汚れが たましいに致命的な影響を与えることに気付いていないです。



神の目に義人はいないです。

すべて罪人です。


罪を認める人が一番救いに近いです。


罪を赦して下さるイエス様は、罪人たちに救いの手を差し出します。

病人に医者が必要であるように、罪人たちに絶対必要な方は救い主イエス・キリストです。


この方だけが罪を赦す権威があります。


自分の罪を悔い改め、主が用意した救いを喜んで受け入れましょう。


2019.12.15
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ