すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

ピリピ

神に献身したパウロ


【ピリピ4章11-13節】

乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。

私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。

私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。

新約時代でパウロほど偉大な人物はいません。


復活したイエス様が直接彼に現れて彼を選び、異邦人への伝道者として任命しました。

彼は伝道者としては不適格な人物でした。


神に敵対し、教会を激しく迫害した人物なのに、主は彼を使徒として選び、福音を伝える伝道者にしました。



パウロ自身にとってもありえないことが自分の身に起きましたが、パウロは素直に主からの召しを受け入れ、死に至るまで主のために忠実に働いたしもべでした。


主への働きにいのちを懸けました。

彼は昼も夜も働きました。


ユダヤ教から改宗した彼に対してユダヤ教の人々は彼を憎み、殺害までしようとしました。

どこに行っても迫害を受け、死の連続の生活を送りました。


しかしパウロは死を恐れず、福音を至る所で伝えました。



主に選ばれなかったならば、激しい試練を受けることはなかったと思います。

世的に成功の人生を送ったと思います。


しかし主に従ったことで、苦難の道に足を踏み入れ、多くの苦しみを受けました。


しかしあらゆる境遇の中でも主だけを見上げながら、どこでも伝道しました。

喜んで働きをしていました。


言い訳しながら仕事をさぼったことはありませんでした。


自分の以前の姿を思い出しながら、魂を愛し、一生懸命に働きました。



彼は神学者であり、説教家であり、伝道者でした。

とても謙遜な人として人々に仕えていました。


神から受ける冠に期待しながら、最後まで走り続けました。

神に喜ばれる人物でした。


2019.10.27
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰の目で見ること



テーマは「 信仰の目で見ること 」です


◎基調聖句 ピリピ書4:10~13

私のことを心配してくれるあなたがたの心が、このたびついによみがえって来たことを、私は主にあって非常に喜びました。あなたがたは心にかけてはいたのですが、機会がなかったのです。

乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。

私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。

【 要 旨 】

使徒パウロは「私は、私を強くして下さる方によって、どんなことでも出来るのです。」と言われました。

パウロがそのように言えたのはイェス様によって、しっかりと訓練を受けたからです。


その訓練を通して、どんなことに対しても満ち足りることが出来、自分自身をその環境に適用させることが出来ました。


人間は環境にとても弱く、変わる環境に対して強いストレスを受ける人も多いです。

ある人は耐えられなくて逃げる人もいます。


パウロはイェス様に出会って生活が激変しました。

本当に目まぐるしく変わりました。
それも過酷な環境です。


しかしパウロはその中で鍛えられました。

心が強くなりました。
恐れず、大胆な人になりました。


満ち足りる心は満足する心です。

どんな環境でも満足出来る人はこわいものがない人です。

一番強い人です。



主から鍛えられて強くなった人は、信仰によって生きる力ある生活が出来ます。

そして祈りによっていつも神のみわざを体験しながら生きます。


そして死に至るまで自分の十字架を負って、主に従って歩む生活をします。


2018.9.30
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰を守る人



テーマは「 信仰を守る人 」です


◎基調聖句 ピリピ書2:12

そういうわけですから、愛する人たち、いつも従順であったように、私がいる時だけでなく、私のいない今はなおさら、恐れおののいて自分の救いの達成に努めなさい。

【 要 旨 】

信仰に入った人は最後までその信仰を守り通さなければ意味がありません。


スタートした選手がゴールまで全力で走るように、信仰も全力で守って神の国というゴールに辿り着かなければなりません。

それを救いの達成と言います。


そのためには信仰を守るために努めなければなりません。



まず信仰を守るためには聞いた主のことばを悟り、悟ったことばを守ることです。

悟ったことばを守る人は賢い人であると主から言われました。


マタイの福音書7:24~25

だから私のこれらのことばを聞いてそれを行う者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることが出来ます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ち付けたが、それでも倒れませんでした。岩の上に建てられていたからです。

みことばの根をイェス様に下ろしてあるから、信仰を守ることが出来ます。


次には主が再臨なさるので、そのためによく準備をして信仰を守ることです。


主は花婿として花嫁を迎えに来られます。

その時も賢い花嫁と愚かな花嫁がいました。



いつでもどこでも主が再臨しても迎える準備ができている人が賢い花嫁です。

愚かな花嫁は間に合いませんでした。

主に会うことが出来ませんでした。



最後に信仰を守るためには自分の内面を満たすことです。

世のもので満たすのではなく、聖霊で満たすことです。


主への思いや霊的なもので満たすことです。



生きている時に様々な環境や問題、事件事故などがあるかも知れませんが、どんな時でも自分の信仰を守っている人はそれらによって信仰を失うことなく、神の国に信仰を守った勝利者として入ることが出来ます。


2018.9.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

正しい信仰の態度

【ピリピ4章4-7節】

『いつも喜んでいなさい。もう一度言います。喜びなさい。あなたがたの寛容な心を、すべての人に知らせなさい。主は近いのです。何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願いことを神に知っていただきなさい。そうすれば人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イェスにあって守ってくれます。

正しい信仰はその人のことば、態度、人格、生活で現れます。


正しい信仰生活を送る人はその生活態度で非難されることがありません。


パウロは福音を伝えたことでは反対者からは激しい迫害を受けましたが、信仰の態度で非難されたことはありませんでした。


私たちの場合は迫害されたことはないですが、信仰の態度においては非難される部分が多いです。


正しい信仰の態度があれば非難されることはありません。


本文で教えてもらう正しい信仰の態度は次のようです。


・いつも喜ぶ生活です。


苦難の中でも喜ぶ生活です。

すでに主から受けた祝福があります。


そして天に対する望みがあります。

それらが喜びの根底にあります。


・何も思い煩わないで神に感謝をもって祈ることです。


喜びの敵は神の守りと導きに対する疑い、信頼の欠如です。

しかし感謝と祈りの答えに対する確信と神様の御心に対して従順するならば、主から平安が与えられ、その心が守られます。


ですからどんなに過酷な状況の中にいても心の深い所には消えない喜びがあります。


その喜びを奪い取ることは出来ないです。


ヘブル書11章に出て来る人物はみんな正しい信仰の態度で信仰を貫いた人たちです。


彼らはみな勝利者でした。


2018.6.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

キリストに見習う



テーマは「 キリストに見習う 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 2章6~11節

◎関連聖句 ピリピ人への手紙 1章27節

キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、 自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。(ピリピ2:6~8)

【 要 旨 】

ピリピ1:27では、パウロは

ただ、キリストの福音にふさわしい生活をしなさい。
と言っている。


私たちはキリストの子どもだから、常に悔い改めて、神の姿を捨てて、十字架の死にまで従ったイエス・キリストに見習って、生きなさいと諭されている。

アダムの子どもでは、私たちは天国に行けない。


それに反してイエスは、完全に神に従順するという模範を示された。

これが本物の愛である。


神はイエス・キリストを主と信じさせた。

イエスは人間になって、すべてに勝るものを与えられたのである。


イエスは、神に愛と謙遜の姿を見せ、本物としての行動で態度を現わした。

これがクリスチャンの生き方である。


私たちもキリストを見習って、正しく美しく生きたいものである。

2018.2.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ