すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

ローマ

負債のある者



テーマは「 負債のある者 」です


【ローマ1章14-15節】

私は、ギリシヤ人にも未開人にも、知識のある人にも知識のない人にも、返さなければならない負債を負っています。

ですから、私としては、ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を伝えたいのです。

キリストの福音ほど良い知らせはありません。

それは単に良い知らせではなく、自分のいのちが救われるという最高に良い知らせです。


イエス様も天から良い知らせを伝えるために、地上に来られ、福音を伝えました。


それに関する預言がイザヤ書にあります。


【イザヤ書61章1節】

神である主の霊が、わたしの上にある。主はわたしに油をそそぎ、貧しい者に良い知らせを伝え、心の傷ついた者をいやすために、わたしを遣わされた。捕らわれ人には解放を、囚人には釈放を告げ、

良い知らせを伝えるように命令された使徒たちの中で、一番多くの人に福音を伝えた人はパウロでした。


しかし彼は元々使徒でもなく、福音に一番反対した人でした。

福音を伝える主の使徒や信徒たちを激しく迫害しました。



ある時、復活したイエス様が彼に直接現れ、主のことばを聞いた瞬間、彼の運命は180度変わりました。


迫害した者が福音を伝える者になりました。

彼自身が迫害される側になりました。


しかし、迫害の中でも熱心に福音を伝えた彼には 特別な思いがありました。

それは、自分には返さなければならない負債がある という思いでした。



教会や信徒たちを迫害した者として、神の恵みを受ける資格がまったくないのに、一方的な主の赦しと愛、憐れみによって救いを受けたことは 彼には驚くべき恵みでした。


そして、その恵みを返さなければならない負債とも思いました。

この考えは私たちにも必要です。


自分たちも主の愛、恵み、赦しを受ける資格がないです。

ですから私たちにも負債があります。



主に負債を返す方法は、救われていない人々に福音を伝えることです。

神の一番の願いがすべての人が救われることですから。


そして福音を伝えるようにと命令も受けているので、救われた人たちは福音を伝えることです。


救われた人に負債のない人はいないです。

恵みを受けた人はそう思うのが当然です。


2021.4.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神はえこひいきしない



テーマは「 神はえこひいきしない 」です


【ローマ2章6-11節】

神は、ひとりひとりに、その人の行いに従って報いをお与えになります。

忍耐をもって善を行い、栄光と誉れと不滅のものとを求める者には、永遠のいのちを与え、

党派心を持ち、真理に従わないで不義に従う者には、怒りと憤りを下されるのです。

患難と苦悩とは、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、悪を行うすべての者の上に下り、

栄光と誉れと平和は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、善を行うすべての者の上にあります。

神にはえこひいきなどはないからです。

神を知っていると言う人々の中でも、実際は神を知らない人が多いです。

それは自分が考える神の姿であって、本当の神の姿ではないです。



「主よ、主よ」と言う大勢の者に対して、主は「わたしはあなたがたを全然知らない」と言われました。


自分は知っていると思っていたのに、肝心な主が自分を知らないという とんでもないことが起こります。



自分が描く神ではなく、本当の主の姿を知らないと神への誤解、疑い、不信仰が出てきます。

誤解や疑いは信仰を邪魔するものです。


神はえこひいきしていると誤解しているクリスチャンも多いです。

不公平だと思って心に不満を持っています。



しかし神はそのような方ではないです。


神は気ままに誰かを祝福したり裁いたりする方ではなく、基準があってそれに従って正しく祝福したり、裁いたりします。

その基準が変わったことは一度もありません。



忍耐しながら善を行い、栄光と誉れと不滅のものを求める者には永遠のいのちを、不義に従う者には怒りが下り、悪を行う者には患難と苦悩があります。


神は決してうわべで判断することはしないです。


律法を持っている人は律法に従って、律法を持たない人は良心が裁きの基準になります。

また隠れたことも見て、正しく報いたり裁いたりします。



信じる人は神を正しく知ることが何より大切です。

そうしないと信仰を持つのが難しいです。


人々を通して神を知るのではなく、神のことばで神を知って下さい。


主を知ることを切に求めて下さい。



2020.12.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

人間関係の回復



テーマは「 人間関係の回復 」です


【ローマ12章17-18節】

だれに対してでも、悪に悪を報いることをせず、すべての人が良いと思うことを図りなさい。

あなたがたは、自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。

人間関係の問題は誰もが経験してあります。

家庭、社会、会社、学校、教会など人間が集まるところでは多かれ少なかれ人間関係の摩擦、葛藤、ストレスがあります。



そこからさらに信仰の問題が生じますので、人間関係を解決するために努力しないといけないです。


また自分に関する限り、すべての人と平和を保つように心掛けなければなりません。


人間関係において大切なことを学びます。




期待よりは待つことです




相手に対する期待が大きければ大きいほど 失望感も大きくなり、相手に悪い感情が生まれ、人間関係も悪くなります。


親子や夫婦、上司や部下の関係でも期待値が大きいと失望感も大きくなって相手を責めたり、非難したりします。



イエス様の弟子たちに対する姿を見ると、いつも “待つ姿” でした。

不満や非難のことばはありませんでした。


弟子たちが裏切ることを知って祈りました。

そしてペテロにこのように言いました。


【ルカの福音書22章32節】

しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」


期待ではなく 待ったので、弟子たちは成長することが出来、主のための働きも出来ました。


これが私たちに対する主の姿です。


私たちは期待が大きいのに、待つことをしないので人間関係が壊れます。




殺すことばより、生かすことばを使うことです




悪いところばかり指摘して人を変えようとする人が多いです。


絶えずことばのむちで打つならば相手は死にます。

愛という名のもとで行われていますが、それによって人間関係も悪くなります。



神は生かす霊で、私たちにも生かすことばを使って下さいました。


祝福や励ましのことば、肯定的なことばは生かすことばです。

生かすことばを使うと人は生かされるので人間関係も良くなります。




人を自分よりまさっていると思うことです




相手を自分よりまさっていると思う時に、人を尊敬します。

しかし自分よりも劣っていると思うなら、高慢になって人を見下します。


【ピリピ2章3節】

何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。


どんな人にも、神は1つは賜物を与えてあります。

それを見つけて認め、学ぼうとするなら自分の成長に役に立ちます。



これらのことを私たちが普段やっていくならば人間関係は回復に向かっていくと思います。


2020.10.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

賜物の活用



テーマは「 賜物の活用 」です


【ローマ12章3節】

私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。

【ローマ12章7-8節】

奉仕であれば奉仕し、教える人であれば教えなさい。

勧めをする人であれば勧め、分け与える人は惜しまずに分け与え、指導する人は熱心に指導し、慈善を行う人は喜んでそれをしなさい。

信じる者が自分には何の賜物もないと考えるのは間違えています。

神がおのおのに賜物を分け与えて下さいましたから。


ただ本人がそれに気付いていないことも多いです。


賜物を活用するために、まずしなければならないことは、自分がどんな賜物を受けたのかを発見することから始めないといけないです。


隠された賜物をまず発見することです。






先週のメッセージで賜物の種類に何があるのかを教えました。

聖書を開いて賜物の目録を記録することです。


そして聖書に出て来る人物が それをどのように使ったのかを調べます。


初代教会の使徒や信徒たちは賜物を活発に活用して良い働きをしました。



いま自分がしていることが賜物にあるならば、すでにその賜物を活用しています。


私たちは自分の賜物を発見する責任があります。


パウロは弟子テモテに、このようなことばを送りました。


【第2テモテ1章14節】

そして、あなたにゆだねられた良いものを、私たちのうちに宿る聖霊によって、守りなさい。

聖霊によってゆだねられたものの中には、賜物があることも考えられます。


【コロサイ4章17節】

アルキポに、「主にあって受けた務めを、注意してよく果たすように」と言ってください。

すなわち、受けた賜物を活用して主の働きをするように言われました。



賜物を確認したならば、それを必ず用いて働くことです。

賜物を受けても働かないならば、それは聖霊を妨害することになります。


聖霊が私たちに使ってほしい賜物を与えたのに、それをしないこと自体が聖霊を妨害することになります。


賜物は種のようなものです。



蒔かれる時は小さいものですが、蒔かれると花を咲かせ、実を結びます。


聖霊は私たちが献身して賜物を道具として使い、神の栄光のために、また他の人のために仕えることを願っています。


賜物を積極的に活用して主の栄光を現していきましょう。


2019.9.22
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

どのように主に仕えるのか



テーマは「 どのように主に仕えるのか 」です


【ローマ12章11-13節】

勤勉で怠らず、霊に燃え、主に仕えなさい。望みを抱いて喜び、患難に耐え、絶えず祈りに励みなさい。聖徒の入用に協力し、旅人をもてなしなさい。

神様が人間を創造する前に他の被造物を創造したのは、人間のためでした。


人間は神の形に似せられて特別な存在として創造されました。

人間は神の栄光のために造られました。


ですから人間は神に栄光をささげなければなりません。




勤勉に主に仕えること




勤勉に仕えることはいつも変わらない態度で、時にかなった働きをすることです。


農夫のことを考えてみましょう。

農夫は春、夏、秋、冬に何をすべきかを知って 朝早くから畑に出て、汗を流しながら働きます。


神は私たちが農夫のように、あらゆる悪条件があっても それに耐えながら種を蒔き、喜びながら刈り取ることを願っています。

怠けていることは魂が眠っていることです。


【第1コリント10章31節】

こういうわけで、あなたがたは食べるにも飲むにもただ神の栄光を現すためにしなさい。



患難に耐え、絶えず祈りに励みながら主に仕えること




辛い時には失望せず、神にもっと近づき、神から力を受け、神から慰めを受けなければなりません。

神との交わりを持つことも主に仕えることです。


祈りを通して神との交わりを持つことも神に仕えることです。




兄弟を愛し、助けてあげることも神に仕えること




伝道の働きをする人を助けることも 主に仕えることです。


私たちが主に仕えることは 主に栄光をささげることです。


いつも感謝しながら主に仕えることは、私たちにとっても祝福になります。


2018.12.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ