すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

マタイの福音書

イスラエルと再臨の時期



テーマは「 イスラエルと再臨の時期 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 24章32~35節

◎関連聖句 申命7:6~7、創世12:7、13:15、15:7、17:8、 申命28:15、28:36~37、30:4~5、 Ⅱテサロニケ2:3~4、ルカ21:34~36

まことに、あなたがたに告げます。これらのことが全部起こってしまうまでは、この時代は過ぎ去りません。 この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。(マタイ24:34~35)

【 要 旨 】

マタイ24:32~35に書かれている「いちじくの木のたとえ」はマルコ13:28~31、ルカ21:21~27にも、同じような表現で書かれている。

それほどこれは重要なことなのである。


基調聖句のこれらのこととは、

  • ・御国の福音が全世界に宣べ伝えられる。
  • ・民族や国は敵対して立ち上がる。
  • ・人々が互いに裏切り、憎み合う。
  • ・不法がはびこり、多くの人たちの愛が冷たくなる。
  • ・かつてなかったようなひどい苦難に合う。
  • ・偽キリストや偽預言者が現れて不思議なことをして見せる。
  • ・天の万物が揺り動かされる。
  • ・人の子の遣わした御使いたちが、天の果てから果てまで選びの民を集める。

などのことを指している。


では、なぜイスラエルなのか。

神は創世記でアブラハムにこのイスラエルのカナンの地を子孫までも与えると約束されているからである。

2600年以前からイスラエルの土地であって、パレスチナ人の土地ではなかった。


ただ、イスラエル人が神に逆らったので、一時期追放されていただけである。

イスラエルは小さい国であるが、神に選ばれた国である。


神の地のイスラエルを建国したこと、近世では60日戦争でエルサレム(神の都)を奪還したことは成就したのであるが、神殿建設はまだ始まっていない。


ルカ21:34~36には

あなたがたの心が放蕩などこの世の煩いで沈み込んでいる所に、その日がわなのように突然あなたがたに望むことがないように、よく気をつけなさい。その日は全地の表に住むすべての人に臨むからです。しかし、やがて起ころうとしているこれらすべてのことから逃れ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。
と書かれている。


要は望みをもって主を待ち、真実の言葉を、目を覚まして聞こうと言うことに尽きる。

2017.10.22
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

天国は誰が入るのか



テーマは「 天国は誰が入るのか 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 11章12節

◎関連聖句 ルカ13:24、Ⅰペテロ5:8~9

バプテスマのヨハネの日以来今日まで、天の御国は激しく攻められています。そして、激しく攻める者たちがそれを奪い取っています。(マタイ11:12)

「悔い改めなさい。天の御国は近づいたから」と言われているのに、その日のメッセージに無関心で、いくら笛を吹いても踊らない人は、天国へ入るのは難しいと言われています。

また、ルカ13:24では

努力して狭い門から入りなさい。なぜなら、あなたがたに言いますが、入ろうとしても入れなくなる人が多いのですから
とイエス様は言われているのですから。


高い山に登る人は、はじめは緩い道なので、賑やかなのですが、頂上が近くなると険しくなるので、静かになります。

信仰生活もそれに似ています。


もう一歩の所でダウンしないように気をつけてなくてはなりません。

教会の奉仕がつらくなったりした時は、サタンの策略ですから誘惑に負けないように気をつけましょう。


Ⅰペテロ5:8では

身を慎みなさい。あなたがたの敵である悪魔がほえたけるししのように、悔い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。
と書かれています。


このことに後で気がついても、手おくれになることが多いのです。

もう一つ大切なことは、パリサイ人のように二重生活をすることを避けることです。


肉の思いが強くなったと感じたなら、み言葉を口ずさんで下さい。

そして努力して良いことができると、イエス様が待っていて下さいます。


神さまの思いは、私たち全員が真理の道を究めて、天国に入ってくれることです。

2017.10.15
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

苛立ちと怒り



テーマは「 苛立ちと怒り 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 15章12節

そのとき、弟子たちが、近寄って来て、イエスに言った。「パリサイ人が、みことばを聞いて、腹を立てたのをご存じですか。」(マタイ15:12) 要 旨

【 要 旨 】

自分の思うままにしようとする場合、人間の持っている愚かさの最たるものは、苛立ちと怒りである。


特に親しい者とともにいる時、期待と異なる言葉が出てくると腹を立てる。


「聖書は、このようには書かれていない」と言っても「そんなことはできない」と苛立つ者が多い。

これが日常に頻繁に現れると、人間関係を壊し、感情が罪を起こし、平安が損なわれ、喜びの会話がなくなる。


奥様を奴隷と思っているような世の愚鈍な亭主は、怒りの言葉で暴力的に妻を叱る。

叱られた妻も苛立ちでやさしい言葉が出て来ず、家庭の中の平安が失われる。

ねぎらいの言葉もなく、馬鹿者と怒鳴り、勝手な言葉を投げつける旦那には耐えられなくなって、うつ病になったり、自殺する妻もいる。

また、子供の成長にも悪影響を与える。


神の御心は、平安と喜びの愛のムチで、人間を良い道に導くことである。

この神の御心に従わない自我、すなわち自分の思いのみという考えは捨てなければならない。


これは背後にいるサタンの仕業ではあるが、愛の交わりは破壊されてしまう。


自分が正しい者であるという考えは、神の栄光の働く余地はない。


苛立ちと怒りをなくするには、訓練がいる。

まず苛立ちの罪を認識して、イエスの血潮で直して下さいと従順に悔い改めることである。


そして、私たちの心が平安であるように神様に祈ることである。


2017.7.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ