すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

ヨハネの福音書

なぜイエスを信じるべきなのか



テーマは「 なぜイエスを信じるべきなのか 」です


【ヨハネの福音書3章16ー18節】

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。

御子を信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子の御名を信じなかったので、すでにさばかれている。

「信じなくても、人生や生活に何の支障もないし、不便もないのに、何で信じなければならないのか」と思う人も多いと思います。


「信じなくても幸せで、満足しているから信じる必要がない」と言う人もいます。


今回は「なぜイエスを信じるべきなのか」を話します。






・人間だけが霊的存在であるから


すべての被造物は神が造りましたが、その中で人間だけを霊的存在として造りました。




・すべての人間は罪を犯し、罪から受ける報酬は死であるから


罪には必ず刑罰が伴います。

そして、その罪によって死後に行く場所が地獄です。


罪が赦されるならば、その刑罰を免れることが出来ます。

その罪を赦すために、天から来られ、十字架で死んだ方がイエス・キリストです。



罪人の代わりに刑罰を受け死にました。

そして贖いの道を開いて下さいました。


主の血によって罪が赦されます。

このキリストにあって、死の問題が解決されます。


信じないで死ぬならば、永遠の死がその人を待っています。




・イエスを信じるならば復活の望みがあります


イエス様は今も墓の中にいるのではなく、死んで三日後に復活しました。


栄光の体になりました。

信じる者のためにも復活が用意されてあります。




・イエスを信じるならば天国に入れます


「わたしは道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることがありません。」と言われました。


人間には、罪の問題、死の問題、死後の永遠の世界の問題があります。


老後の準備よりも これらを解決して永遠のいのちを得て永遠の世界で生きる準備をするのを優先しなければなりません。


イエス・キリストはそのすべてに対する答えを持っておられます。


2019.8.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

天国の恵み



テーマは「 天国の恵み 」です


【ヨハネの福音書14章1-6節】

「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。

わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに行くのです。

わたしが行って、あなたがたに場所を備えたら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしのいる所に、あなたがたをもおらせるためです。

わたしの行く道はあなたがたも知っています。」

トマスはイエスに言った。「主よ。どこへいらっしゃるのか、私たちにはわかりません。どうして、その道が私たちにわかりましょう。」

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。

神を信じ、救われた人が受ける一番の祝福は天国に入ることです。


天国は神の臨在、神の御座がある所、永遠の世界、光の世界、平安の世界です。

天国の主人は神です。



神は おひとりで天国に暮らすのではなく、神を信じて救われ、神の子どもになった人々と一緒に暮らします。


天国はお金や権力、名誉や努力で入る国ではなく、イエス・キリストを信じる信仰で入る国です。


【ヨハネの福音書14章6節】

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。

と、このように言われました。



神は信仰を守り通した人たちに報いとして天国の祝福を与えます。

まるで親が子どもたちに財産を相続するかのように、天国は神がご自分の子どもたちに相続して下さいます。


悔い改めて信じる者に神の国は相続されます。


【マタイの福音書5章3節】

「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

【マタイの福音書5章10節】

義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

【第2テモテ4章18節】

主は私を、すべての悪のわざから助け出し、天の御国に救い入れてくださいます。

戦いながらも信仰を守り通した人たちに神は永遠の天国を恵みとして与えて下さることを堅く信じて試練にも耐えて信仰を守りましょう。



2019.6.30
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

救いの恵み



テーマは「 救いの恵み 」です


【ヨハネの福音書3章16-17節】

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。

6月は「神の恵み」をテーマにしてメッセージを伝えます。


今日は「救いの恵み」に対してです。


神は壮大な計画をもって世界を造りました。

空、陸、山、海、生き物など。


これほどすごいものを神はことば一つで造りました。


すなわち簡単に造りました。

神には力があるからです。



その神が罪を犯した人間のために「救いの計画」を立てましたが、この計画は ことば一つで簡単に出来たのではなく、御子を世に遣わし、多くの犠牲を払わせ、救いの計画を成し遂げました。


人間を全員滅ぼして新しく造るほうが簡単なのに、罪を犯した人間を滅ぼさず、救いの計画を立てたので、簡単ではありませんでした。



神を一番悩ませた「救いの計画」であったからこそ、救いの恵みは測り知れないほど大きな恵みになります。


罪を犯して堕落した人間は何の値打もないのに神は見捨てることなく救いの恵みを備えて下さいました。



【詩篇8編4節】

人とは、何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。

堕落した人間に対して、神が救いの恵みを備えて下さったのは、神は愛だからです。


【ローマ5章8節】

しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。


神の愛の偉大さを私たちは考えないといけないです。


「救いの恵み」は神が私たちに与えた最善の恵みです。

御子のいのちを差し出した恵みです。



【エペソ2章8節】

あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。

小さな恵みに対しては感動するのに、救いの恵みに対しては無感覚な人も多いです。


この救いの恵みに感激する者になりますように。


2019.6.2
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

メシヤに会いましたか



テーマは「 メシヤに会いましたか 」です


【ヨハネの福音書1章29-41節】

その翌日、ヨハネは自分のほうにイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。

私が『私のあとから来る人がある。その方は私にまさる方である。私より先におられたからだ』と言ったのは、この方のことです。

私もこの方を知りませんでした。しかし、この方がイスラエルに明らかにされるために、私は来て、水でバプテスマを授けているのです。」

またヨハネは証言して言った。「御霊が鳩のように天から下って、この方の上にとどまられるのを私は見ました。

私もこの方を知りませんでした。しかし、水でバプテスマを授けさせるために私を遣わされた方が、私に言われました。『御霊がある方の上に下って、その上にとどまられるのがあなたに見えたなら、その方こそ、聖霊によってバプテスマを授ける方である。』

私はそれを見たのです。それで、この方が神の子であると証言しているのです。」

その翌日、またヨハネは、ふたりの弟子とともに立っていたが、

イエスが歩いて行かれるのを見て、「見よ、神の小羊」と言った。

ふたりの弟子は、彼がそう言うのを聞いて、イエスについて行った。

イエスは振り向いて、彼らがついて来るのを見て、言われた。「あなたがたは何を求めているのですか。」彼らは言った。「ラビ(訳して言えば、先生)。今どこにお泊まりですか。」

イエスは彼らに言われた。「来なさい。そうすればわかります。」そこで、彼らはついて行って、イエスの泊まっておられる所を知った。そして、その日彼らはイエスといっしょにいた。時は第十時ごろであった。

ヨハネから聞いて、イエスについて行ったふたりのうちのひとりは、シモン・ペテロの兄弟アンデレであった。

彼はまず自分の兄弟シモンを見つけて、「私たちはメシヤ(訳して言えば、キリスト)に会った」と言った。

【ヨハネの福音書1章40節-41節】

ヨハネから聞いて、イエスについて行ったふたりのうちのひとりは、シモン・ペテロの兄弟アンデレであった。

彼はまず自分の兄弟シモンを見つけて、「私たちはメシヤ(訳して言えば、キリスト)に会った」と言った。

人々にイエス様をメシヤとして最初に紹介した人はバプテスマのヨハネでした。


ヨハネは自分の使命が何かを知っていました。

“イザヤが預言した「主の道をまっすぐにせよ」と荒野で叫ぶ者の声” であることを。


そしてメシヤを最初に見抜いたのも バプテスマのヨハネでした。



ヨハネのことばを聞いて、ユダヤ人は初めイエス様をメシヤだと思いました。

イエス様はメシヤです。


しかし彼らが思っていたメシヤではないことにつまずきました。


イスラエル民族は長い間、外の勢力によって支配され、自由や財産を奪われ、様々な苦痛に悩まされていました。

ですから彼らは、神が預言者たちを通して語ったイスラエルを回復させるメシヤを待ち望んでいました。


それでヨハネからメシヤの話を聞いたユダヤ人は、イエス様に大きな期待を寄せました。

それは、イスラエルが回復され、自分たちの生活も豊かになり、自由も与えられることでした。


バプテスマのヨハネさえもそのように期待しました。



しかしイエス様の働きは自分たちの期待とは違っていたので、だんだんイエス様に失望するようになりました。


霊の目が開かれてメシヤであるイエス様を人々に紹介したヨハネさえも失望するようになり、イエス様の所に人々を遣わし挑発的な質問をしました。


【マタイの福音書11章3節】

イエスにこう言い送った。「おいでになるはずの方は、あなたですか。それとも、私たちは別の方を待つべきでしょうか。」

その質問に対してイエス様はメシヤが来て何をするのかを正しく教えました。


彼らが期待するメシヤの姿ではなく、霊的メシヤの姿を教えました。


【マタイの福音書11章5節】

目の見えない者が見、足のなえた者が歩き、ツァラアトに冒された者がきよめられ、耳の聞こえない者が聞き、死人が生き返り、貧しい者たちに福音が宣べ伝えられている。

このような働きのためにメシヤが来られたことを私たちも知らなければなりません。

そして主はこのようにも言われました。


【マタイの福音書11章6節】

だれでもわたしにつまずかない者は幸いです。」

今も多くのユダヤ人はつまずいたままです。

別の方が来るのを待ち望んでいます。


つまずかないで素直にイエス様をメシヤとして信じている人は本当に幸いです。


みなさんは、弟子たちのように “メシヤに会った幸いな人” ですか。


2019.4.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

救いが必要な人間



テーマは「 救いが必要な人間 」です


【ヨハネの福音書3章16節】

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

< 救いの必要性 >

アダムが犯した罪によって世界に罪が入り、この罪は全人類に罪の性質をもたらしました。


誰かが罪を教えて人間が罪を犯すのではなく、罪の性質を持って生まれるので、誰もが罪を犯します。

そして罪には刑罰が伴います。


その刑罰は死です。

死なずに生きている人間が存在しないのは、みんなが罪人として死という刑罰を受けるからです。


そして死で終わらないのが神の霊を受け入れた人間にあります。



死後にさばきがあります。


この裁きが無く、すべてが死で終わるならば、他の生き物と同じく救いは要らないです。

動物には救いは要らないです。

死で終わるからです。



しかし人間だけが裁きを受け、永遠の死か永遠のいのちかの判決を神から受けます。


本来ならば罪人である人間は永遠の死の判決を受けますが、人間を哀れんだ神は救いの計画を立てました。



< 神の救いの計画 >

人間に対する救いの計画は、神の憐れみと愛から始まりました。

愛のない神ならば裁きだけで終わらせると思います。


しかし愛の神は永遠の死を受ける人間を助けたくて 救いの道を設けました。


その計画に用いられたのが神のひとり子イエス様でした。

イエス様は地上に来られた目的を人々にこう話しました。


【マルコの福音書10章45節】

人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。」

人間を救う計画がないならば、神の子が来る理由はないですね。

イエス様は十字架の上で救いの計画を完了しました。


ですから 後は人間側の責任になります。


信仰によって神の救いのご計画を受け入れる人には 神の恵みで救いを与えます。


永遠のいのちと天国の市民権です。

素晴らしい救いの計画を受け入れましょう。


2019.3.24
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ