すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

礼拝メッセージ

キリストの花嫁



テーマは「 キリストの花嫁 」です


◎基調聖句 ヨハネの黙示録 19章6~9節

◎関連聖句 マタイ9:15、22:1~14、25:1~13、Ⅱコリント11:2、黙示録14:4、16:15

私たちは喜び楽しみ、神をほめたたえよう。小羊の婚姻の時が来て、花嫁はその用意ができたのだから。 花嫁は、光り輝く、きよい麻布の衣を着ることを許された。その麻布とは、聖徒たちの正しい行いである。」 御使いは私に「小羊の婚宴に招かれた者は幸いだ、と書きなさい」と言い、また、「これは神の真実のことばです」と言った。(黙示録19:7~9)

【 要 旨 】

黙示録19章7~9節は、花婿はイエス・キリストであると、マタイの福音書9章15節、25章1~13節に示唆されている御言葉と符合する。


これは、神はすべての人間を救われることを望んでいたが、天の御国に入れる人は少ないと言うことである。


結婚式の準備が終わっている人は、神の栄光、喜び、輝きを伴って純潔を守った勝利者だけの特権と言えよう。


その日、その時を私たちは知らないので、いつでも目を覚ましていて、その準備を怠ってはならない。

私たちは聖書を学んでいくうちに、準備の仕方が分かって来る。


光輝いている花嫁とは、聖徒たちにふさわしい正しい行いをして、悪の道を歩まない者である。

私たちの魂は、罪と偶像崇拝で汚れている。


キリストの血によって聖くしてもらったならば、それは終生保つべきである。


黙示録16章15節には

わたしは盗人のように来る。目を覚まして、身に着物を着け、裸で歩く恥を人に見られないようにする者は幸いである。
と書かれている。


神の備えた住まいで永遠に正しい行いをして、イエスだけを愛する花嫁をめざしたい。

2017.5.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

三人の働き人



テーマは「 三人の働き人 」です


◎基調聖句 ヨハネの手紙第三 1~15節

長老から、愛するガイオへ。私はあなたをほんとうに愛しています。 愛する者よ。あなたが、たましいに幸いを得ているようにすべての点でも幸いを得、また健康であるように祈ります。 兄弟たちがやって来ては、あなたが真理に歩んでいるその真実を証言してくれるので、私は非常に喜んでいます。(Ⅲヨハネ1~3)

【 要 旨 】

三人の働き人のうち、デメテリオは、愛と真理を秘めていて、人を喜ばせる本物の働き人です。

そして、二人は喜んで伝道の働きをしました。


悔い改めて、高慢にならないで、神の命令を忠実に守りました。



これに反してデオテレペスは、自分で仕切ろうとして、権力を貯めようとしている悪い働き人です。


長老と言われる人たちは、えてして、このようなタイプの人が多いです。

このような人を神は喜びません。


現在のシャローム松山教会には、このような人がいないのは幸いです。



良い働き人は真理に従って、神様に役立つ話をするように努めます。

そして、人々にも益をもたらしているか、愛をもって接しているかを大切にします。


イエス様から常に学んで成長して、よくやった。良いしもべだ。と褒められたいものです。


教会で不義をなす人は、神様は受け入れてくれません。


ヨハネのように愛の人と呼ばれ、本物の働きをするように普段から心がけましょう。

2017.4.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

三人の働き人



テーマは「 三人の働き人 」です


◎基調聖句 ヨハネの手紙第三 1~15節

長老から、愛するガイオへ。私はあなたをほんとうに愛しています。 愛する者よ。あなたが、たましいに幸いを得ているようにすべての点でも幸いを得、また健康であるように祈ります。 兄弟たちがやって来ては、あなたが真理に歩んでいるその真実を証言してくれるので、私は非常に喜んでいます。(Ⅲヨハネ1~3)

【 要 旨 】

三人の働き人のうち、デメテリオは、愛と真理を秘めていて、人を喜ばせる本物の働き人です。


そして、二人は喜んで伝道の働きをしました。

悔い改めて、高慢にならないで、神の命令を忠実に守りました。


これに反してデオテレペスは、自分で仕切ろうとして、権力を貯めようとしている悪い働き人です。

長老と言われる人たちは、えてして、このようなタイプの人が多いです。

このような人を神は喜びません。


現在のシャローム松山教会には、このような人がいないのは幸いです。


良い働き人は真理に従って、神様に役立つ話をするように努めます。

そして、人々にも益をもたらしているか、愛をもって接しているかを大切にします。


イエス様から常に学んで成長して、よくやった。良いしもべだ。と褒められたいものです。


教会で不義をなす人は、神様は受け入れてくれません。


ヨハネのように愛の人と呼ばれ、本物の働きをするように普段から心がけましょう。

2017.4.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主と弟子の再会



テーマは「 主と弟子の再会 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 26章31~32節、28章6~7節

◎関連聖句 マルコ16:11、マタイ28:16~17、マルコ16:14

「ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。 ですから急いで行って、お弟子たちにこのことを知らせなさい。イエスが死人の中からよみがえられたこと、そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれ、あなたがたは、そこで、お会いできるということです。では、これだけはお伝えしました。」(マタイ28:6~7)

【 要 旨 】

今日はイースター(復活祭)です。

イエスは世にあった最後の日に、弟子たちに二つの約束をされました。


よみがえってガリラヤへ行くことと、必ず再臨するという約束です(再臨はまだ実現しておりません)。

しかし、弟子たちはイエスに言われた約束は、心に残っていませんでした。


信じていない姿、これが私たち人間の姿なのです。

復活したイエスを弟子たちは信じようとせず、疑った者もいました。


先入観や自分の経験や思いを大切にするので、復活を信じることができなかったのです。

いくら真理であっても、自分で理解できないことは、受け入れないのです。


しかし、イエスは神の子だと霊的にとらえて、主の言葉はすべて真実だと信じた人には、イエスは必ず来て下さいます。

「主よ、来てください。」と言えば必ず来て下さいます。


これが信仰というものです。


再臨を信じない世の人のようであってはいけません。

2017.4.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

最後の晩餐



テーマは「 最後の晩餐 」です


◎基調聖句 マルコの福音書 14章12~16節、22~25節

◎関連聖句 出エジプト記12章1~14節

そして、その人が入って行く家の主人に、『弟子たちといっしょに過越の食事をする、わたしの客間はどこか、と先生が言っておられる』と言いなさい。 するとその主人が自分で、席が整って用意のできた二階の広間を見せてくれます。そこでわたしたちのために用意をしなさい。」(マルコ14:14~15)

【 要 旨 】

弟子たちは最後の晩餐に気付かなかったが、イエスは用意していることをすべて述べられた。

イエスが言った通り、席が用意できていた。


このことはイエスが神であられることを物語っている。

最後の食事に招かれるのは、弟子たちの特権である。

過ぎ越しの子羊とはイエスご自身のことであるのだから。


旧約の出エジプト記12章1~14節には、神様がモーセとアロンに告げられている。

羊を焼いて食しなさい。
これは過ぎ越しのいけにえであると。


その通りにすると、あなたがたに与える血の災いは、起こらないからと言われた。


そのためのしるしとして、ほふられた羊の血を門柱とかもいの間につければ、あなたの家には災いは起こらないから、永遠のおきてとして、この祝いをしなさいと書いてある。


これが過ぎ越しの祭りである。

しかし民は何度も反逆して、神の言われることに従わなかった。

これが人間の姿である。


しかし、イエス様は、過ぎ越しの子羊となって、私たちの罪を悔い改めさせて下さった。

それが、マルコ14:22~25に書かれているパンとぶどう酒のイエスの私たちへの捧げ物である。


パンとぶどう酒をいただいた者は、イエスの血と命、すなわちイエスの十字架の恵みを知っているのであるから、主の力がみなぎった聖別された者となり、罪のために裁かれことのない神の国へ入ることができる。


この恵みに感謝しなければならない。

2017.4.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
カテゴリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ