すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

礼拝メッセージ

アダム以後の人間



テーマは「 アダム以後の人間 」です


【創世記6章5節】

主は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった。

【創世記6章11-12節】

地は、神の前に堕落し、地は、暴虐で満ちていた。

神が地をご覧になると、実に、それは、堕落していた。すべての肉なるものが、地上でその道を乱していたからである。

アダムの世代から今までの世代を考えてみて下さい。

何が同じで、何が変わったでしょうか?


生活環境は大きく変わりました。

文明は発達し、あらゆる便利なものがいっぱい出来ました。


流行もどんどん変わっていきます。

衣食住が変わりました。



しかしまったく変わっていないものがあります。


それは人間です。

堕落した人間の本性だけは昔も今も同じです。


アダムの時代の人間の本性を見ても、何の違和感がありません。

今とそっくりですから。

やる事も考えることも同じです。


神の傑作であったアダムは、神の目に良かったですが 堕落してからの人間の姿はあまりにも無残で神は心を痛めました。

見ていられない姿でした。


そして罪が入った世界にも のろいと死が入り、闇の力が大いに活動するようになりました。



神が地をご覧になると「堕落と暴虐」が見えました。

神が人を見ると「悪に満ちた人間」が見えました。


エデンの園とはまったく違うものでした。


それはアダム以後の堕落した人間が、地上でその道を乱していたからです。

道を乱していることは、神のルールをみんな無視しながら生きていることです。



今は、昔よりもひどくなっています。

神に逆らって生きる悪が増大し続けてきたからです。


神のルールを守りながら生きている民が世界のどこにあるでしょうか。

全世界の国々はサタンのルールに従って生きています。


罪の奴隷は、すなわち サタンの奴隷でもあります。

アダム以後の人間の姿はこれです。


【ローマ3章10-12節】

それは、次のように書いてあるとおりです。「義人はいない。ひとりもいない。

悟りのある人はいない。神を求める人はいない。

すべての人が迷い出て、みな、ともに無益な者となった。善を行う人はいない。ひとりもいない。」

2019.3.17
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

堕落してしまったアダム



テーマは「 堕落してしまったアダム 」です


【創世記3章17-19節】

また、人に仰せられた。「あなたが、妻の声に聞き従い、食べてはならないとわたしが命じておいた木から食べたので、土地は、あなたのゆえにのろわれてしまった。あなたは、一生、苦しんで食を得なければならない。

土地は、あなたのために、いばらとあざみを生えさせ、あなたは、野の草を食べなければならない。

あなたは、顔に汗を流して糧を得、ついに、あなたは土に帰る。あなたはそこから取られたのだから。あなたはちりだから、ちりに帰らなければならない。」

最初の人アダムが犯した罪の責任はとても大きいです。


彼は神が臨在する世界、いのちあふれる世界、完璧な世界に最初に罪をもたらした人間です。


聖書はアダムが犯した罪の重さに対して このように記録してあります。


【ローマ5章17節】

もしひとりの違反により、ひとりによって死が支配するようになったとすれば、

【ローマ5章18節】

こういうわけで、ちょうどひとりの違反によってすべての人が罪に定められたのと同様に

【ローマ5章19節】

すなわち、ちょうどひとりの人の不従順によって多くの人が罪人とされた

アダムの罪は神のことばに対しての不従順でした。

神のことばには逆らい、サタンのことばには聞き従いました。


この世では殺人を一番悪い罪と考える傾向がありますが、神から見ると神への不従順が一番大きい罪です。


被造物が創造主に逆らう行為は決して小さい罪ではないです。


神に栄光をささげる使命があるのに、神を侮辱しました。


自ら神になろうとしました。

反逆罪があります。



罪は神との関係をまず壊しました。

罪を犯した人間が最初に取った行動は神から隠れることでした。


悔い改めもせず、言い訳と責任転換でした。

神への非難も口にしました。



堕落した人間の醜い姿をアダムからまず見ることが出来ました。


転落した人生を見ると悲惨で悲しくなります。

アダムの転落した人生がある意味、一番悲惨な転落でした。


罪を犯した人間に与えられたのはのろいでした。


エデンの園から追い出され、死が入りました。

そして一生労苦しながら食を得なければならなくなりました。



神と親しく歩むことが出来なくなり、地上ではさすらい人になりました。

重荷を負って苦しみながら生きる人生になりました。


神が与えた祝福すべてを失ってしまいました。

そして全人類がアダムの罪の結果で、罪に支配されるようになりました。


もしアダムが罪を犯さなかったならば、今の不幸な世界は存在しないと思います。


あらゆる不幸をすべて神のせいにする人が多いですが、神ではなく、アダムのせいで悪いものがすべて始まりました。


2019.3.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神が創造した人間



テーマは「 神が創造した人間 」です


【創世記1章26-27節】

神は仰せられた。「さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて。彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配するように。」

神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。

今月のテーマは人間です。


人間が何者なのかを知ることは大切です。


サルが進化して人間になったという進化論を信じることと、神の創造物であることを信じることは大きな差があります。


進化論を信じるならば、その人の先祖はサルです。

サルは今も存在しています。

それを自分の先祖と信じることです。


しかし創造論を信じる人は、自分が神による特別な作品であると信じます。



≪ 人間創造の特徴 ≫

他の被造物と違って人間は神の厳粛な計画により、造られました。


他の物を造る時は「種類に従って造られた。」と書いてありますが、人間を造る時は神の特別な思いがあることを教えました。


人間のモデルは神です。


「われわれに似るように、われわれの形に」

他の被造物は神と交流が出来ないですが、人間は神と交流が出来るように、神の固有の性質を持つものとして創造されました。


人間を造る時だけ神の動作がありました。

他の被造物は神のことばだけで創造されたり土から造られたりしましたが、人間は土地のちりで造られ、神の息が吹き込まれて肉体と共に霊的存在に造られました。


【創世記2章7節】

神である主は土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで人は生きものとなった。

女を造る時はアダムのあばら骨の一つを取って造りました。


また人間には特別な力を与えて、すべての被造物を統治する権限を与えて、神の代理人として立てました。

またエデンの園を人間の居住地として与えました。


快適な環境を人間に与えたことは、人間に対する神の特別な関心があることを示しています。



≪ 人間創造の目的 ≫

【イザヤ書43章7節】

わたしの名で呼ばれるすべての者は、わたしの栄光のために、わたしがこれを創造し、これを形造り、これを造った。

神は最初の人間アダムを罪も汚れも死もない素晴らしい者として造り、何一つ不足も不自由もない環境を与えました。


素晴らしい作品として人は創造されました。


今の人間とは違います。

不幸を招いたのは人間の方です。


2019.3.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

予期しない災難



テーマは「 予期しない災難 」です


【使徒の働き1章9-11節】

こう言ってから、イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて、見えなくなられた。

イエスが上って行かれるとき、弟子たちは天を見つめていた。すると、見よ、白い衣を着た人がふたり、彼らのそばに立っていた。

そして、こう言った。「ガリラヤの人たち。なぜ天を見上げて立っているのですか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります。」

死からよみがえった主にお会い出来たことで弟子たちは大喜びでした。


しかし雲に包まれて天に上っていく姿を見た弟子たちは、今度は心が辛くなったと思います。

会えなくなるからです。


その時に、再び主が来られることが告げられました。

それは弟子たちに大きな希望を与えることばでした。


主の再臨。
必ずあります。


主の再臨は聖徒たちを救うためと世を滅ぼすためです。




主の再臨と前兆




【マタイの福音書24章27-31節】

人の子の来るのは、いなずまが東から出て、西にひらめくように、ちょうどそのように来るのです。

死体のある所には、はげたかが集まります。

だが、これらの日の苦難に続いてすぐに、太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は天から落ち、天の万象は揺り動かされます。

そのとき、人の子のしるしが天に現れます。すると、地上のあらゆる種族は、悲しみながら、人の子が大能と輝かしい栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見るのです。

人の子は大きなラッパの響きとともに、御使いたちを遣わします。すると御使いたちは、天の果てから果てまで、四方からその選びの民を集めます。



再臨の時期




【第1テサロニケ5章2-3節】

主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。

人々が「平和だ。安全だ」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。



再臨を準備する態度




【第1テサロニケ5章6-8節】

ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。>

眠る者は夜眠り、酔う者は夜酔うからです。

しかし、私たちは昼の者なので、信仰と愛を胸当てとして着け、救いの望みをかぶととしてかぶって、慎み深くしていましょう。

主の再臨の日に、主イエス・キリストにあって救いを得る者になりたいです。


2019.2.24
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

愛とあわれみ深い神



テーマは「 愛とあわれみ深い神 」です


【申命記4章31節】

あなたの神、主は、あわれみ深い神であるから、あなたを捨てず、あなたを滅ぼさず、あなたの先祖たちに誓った契約を忘れない。

怖い神のイメージを持っている人もいると思いますが、私たちの神は誰よりも愛が熱く、あわれみ深い方です。


怖い神だけならばアダムとエバが罪を犯した時にすぐに彼らを殺したと思います。

神のことばに逆らった者として。


しかし彼らを殺さず、生かし、救われる道を計画しました。



エジプトで430年間奴隷だったイスラエルの民を そこから救い出したのも、40年間荒野での生活を支えたのも、いつも彼らを赦したのも、彼らをカナンの地に導き入れて下さったのも主でした。


滅ぼされるような行動を常にした民に対して、怒りを抑えて、捨てず、滅ぼさず、導いて下さったのは、彼らに対する主の愛とあわれみがあったからです。


【詩篇145編8-9節】

主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵みに富んでおられます。

主はすべてのものにいつくしみ深く、そのあわれみは、造られたすべてのものの上にあります。

そして主の愛とあわれみが一番現れた所は、イエス様の十字架です。

私たちを愛して救うためにひとり子イエス様さえも惜しまず差し出したのも神です。


十字架を見上げる度に、いつも主の愛とあわれみを感じています。



主のおかげで今の私がいると感謝しています。

それがないなら滅びしかありません。


私たちが福音を伝えることは、十字架にある神の愛と憐れみと赦しを伝えることです。


残念なことは神の愛とあわれみを受けていながらも、気付いていない人があまりにも多いことです。

どんなに神が悲しむでしょうか。



次の箇所で神はこのように言っています。


【マラキ書1章2節】

「わたしはあなたがたを愛している」

このように語りかけると、民から出たことばは次の通りでした。


「どのように、あなたが私たちを愛されたのですか」

私たちが救われたのも神の愛とあわれみがあったからです。



すべての記憶がなくなることがあっても、主の愛と主のあわれみを忘れてはいけないと思います。


主の愛とあわれみは尽きることがなく、今 私たちに注がれています。


それを感じながら生きる人が幸せな人です。


2019.2.17
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ