すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

礼拝メッセージ

偏見を捨てましょう



テーマは「 偏見を捨てましょう 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 7章45~52節

彼らのうちのひとりで、イエスのもとに来たことのあるニコデモが彼らに言った。 「私たちの律法では、まずその人から直接聞き、その人が何をしているのか知ったうえでなければ、判決を下さないのではないか。」 彼らは答えて言った。「あなたもガリラヤの出身なのか。調べてみなさい。ガリラヤから預言者は起こらない。」(ヨハネ7:50~52)

【 要 旨 】

偏見を捨てるには、肉にあるものを取り除き、神からの霊的訓練を受けることから始まる。

イエスの話に多くの人は耳を傾け、信仰を持つようになったが、パリサイ人は自尊心が強く、イエスのすべてが嫌いだという想いに満たされていた。


それで律法を知らない群衆は惑わされている。呪われていると言った。

そして、ガリラヤからは預言者も奇跡も起こらないと断じた。

これは偏見以外の何ものでもない。


今の時代でも、キリスト教に対する偏見がある。

また、教会の中でも争いが生じている。


偏見は間違った判断を引き起こす。
民族、出身地、学歴などに対する偏見は、分裂を起こし教会を惑わす。


自分だけが正しいと考えないで、他人は自分より立派だと認識すべきである。

そうでないと悪魔に取りつかれてしまう。


罪人と見られている人とは交わらないと決めているパリサイ人と同じ考えではいけない。

韓国人に対して、一部の日本人は偏見を持っている。

よくよく調べないで、他人の悪口を言うことは、自分は正しいとの思いからの独断である。


誰かの悪口を言うのは、皆の気分を悪くする。
すなわち悪影響を与える。


私たちはひとつづつでも、偏見を減らして行こうではないか。

真理を知らずに、神に反対する者になってはならない。

イエスの命をいただき、真理を見出す者にさせていただこう。


盲人が盲人の手引きをすると二人とも穴に落ちると言われている。

2017.7.2
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

目を覚ましてすべきことNo2



テーマは「 目を覚ましてすべきことNo2 」です


◎基調聖句 エペソ人への手紙 5章14~21節

◎関連聖句 ローマ13:12、エペソ5:16、Ⅰコリント15:34、Ⅰペテロ5:8~9

いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。 キリストを恐れ尊んで、互いに従いなさい。(エペソ5:20~21)

【 要 旨 】

前回のNo1は、神に対して目を覚ますべきことの話であったが、今回は自分に対して、何をすべきかについて述べる。


それは、イエス・キリストが、今日再臨しても、天国に行けるように、絶望・後悔しないように準備を怠らず、信仰を守り通すことである。


その日は盗人のように突然来るから、罪から離れて、主に立ち返っていないと、取り残されることになる。


この悪い時代は、この世が終わりに近いことを暗示している。

であるから、目を覚ましていて、敵対する者に負けないように攻撃し、光の中を歩むことに励まなければならない。


闇の中の、罪に満ちた肉欲に陥らないようにしよう。


米国では、最近特にマリファナ(麻薬)の臭いが酷く、同性愛者も多くなっている。

霊の目を開いていないと、神の喜ぶ良い生活を、一生することは難しい。


Ⅰコリント15:34には

目を覚まして、正しい生活を送り、罪をやめなさい。神についての正しい知識を持っていない人がいます。私はあなたがたを、はずかしめるために、こう言うのです
とパウロは書いている。

悪魔は神に勝てないので、我々に狙いをつけている。

眠っていると悪魔の奴隷になる。


信仰の上に堅く立って、目を覚まして、やるべきことを実行する。


機会を十分に生かすのは、常に目を覚ましていて、霊の目を開けることである。

2017.6.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

目を覚ましてすべきことNo1



テーマは「 目を覚ましてすべきことNo1 」です


◎基調聖句 エペソ人への手紙 5章14~21節

◎関連聖句 コロサイ人への手紙 4章2節

明らかにされたものはみな、光だからです。それで、こう言われています。「眠っている人よ。目をさませ。死者の中から起き上がれ。そうすれば、キリストが、あなた を照らされる。」 そういうわけですから、賢くない人のようにではなく、賢い人のように歩んでいるかどうか、よくよく注意し、 機会を十分に生かして用いなさい。悪い時代だからです。 ですから、愚かにならないで、主のみこころは何であるかを、よく悟りなさい。(エペソ5:14~17)

【 要 旨 】

いつまでも、神に対して眠っている人は、悪い時代だから目を覚ませと言われる。

そのためには、命のパンを毎日食べて、神と対話し、祈りを捧げ、霊と真をもって、真実な愛のもとに、主の御名を誉むべきである。


病院に1か月位入院して、歩くことをしないと、筋肉が弱くなり歩けなくなる。


霊もそれと同じで、対話がなければだんだん弱くなってゆく。

目を覚ましていて、なすべきことは神に対して、本当の意味での願いをして、導き、受け入れられるようにしていただき、感謝をすることである。


それが些細なことであっても、積み重ねていく努力が大切である。


神の恵みは、当たり前と思ってはならない。

神の願いは、永遠の地獄から罪人となった我々が立ち返ることである。


これに返礼することは、時が良くても悪くても続けなければならない。


その愛に報いるために、私たちは、神に恵まれない人々に福音を伝えることが使命である。


神に対して目を覚ましていて、大胆に次世代の人たちに伝えることが、なすべきことである。

2017.6.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖書にある愚か者



テーマは「 聖書にある愚か者 」です


◎基調聖句 ルカの福音書 14章15~24節

◎関連聖句 ルカ12:19~21、マタイ19:16~24、ヨブ2:9~10、ガラテヤ6:3、Ⅰヨハネ1:8~9、黙示録2:21~23、ヤコブ5:3

するとイエスはこう言われた。「ある人が盛大な宴会を催し、大ぜいの人を招いた。 宴会の時刻になったのでしもべをやり、招いておいた人々に、『さあ、おいでください。もうすっかり、用意ができましたから』と言わせた。 ところが、みな同じように断り始めた。最初の人はこう言った。『畑を買ったので、どうしても見に出かけなければなりません。すみませんが、お断りさせていただきます。』 もうひとりはこう言った。『五くびきの牛を買ったので、それをためしに行くところです。すみませんが、お断りさせていただきます。』(ルカ14:16~19)

【 要 旨 】

神の国(天国)で食事することは、大きい恵み、特典、祝福である。

基調聖句はその例え話であるが、実は神の国の招待を断った人たちのことである。


この人たちは自分が愚か者とは思っていないことが大問題で、今の目の前のことを大切にしたため、光の国を見損なった、実は愚かな人なのである。

変心しないと駄目である。


ルカ12:19~21は、ある金持ちの話で、畑が豊作だったので倉に入らない位、蓄えることが出来たので、これからは安心して飲んで食べて、楽しもうとしたが、神は「愚か者、お前のたましいは今夜取り去られる。」と言われ、神の前で富まない者は、この通りだと託宣されている。


また、マタイ19:16~24には、永遠の命を得るために、どうしたら良いかとイエスに問うた青年に、十戒を守るように言われたが、青年はそんなことはみな守っているが、まだ何が欠けているのでしょうかと尋ねた。


するとイエスは、あなたの持ち物を売り払って、貧しい人に与えるなら、天に宝を積むことになると言われ、悲しんで去ったとされる。

彼も愚か者である。


黙示録2:21~23には、神が機会を与えた時には悔い改めて、信じる人となり、愚か者にならないで、賢い人となって信じる人になりなさいとある。

自分には何か欠点がある。

それを神の言葉で、再検討することが、大切なことである。

2017.6.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

勝利を得る者



テーマは「 勝利を得る者 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 13章13節

◎関連聖句 マタイ22:23、第1コリント3:11~15、第2テモテ4:6~8、3~8、2:3~6、マタイ22:37~40、黙示録2:3~5

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。(第1コリント13:13)

【 要 旨 】

「いつまでも残るもの、すなわち勝利を得る者は、信仰と希望と愛で、その中で一番すぐれているのは愛です」
と第1コリント13:13でパウロは言っています。


神の国は、オリンピックの勝利者のような、この世の勝利者とは異なっています。


いくら預言や奇跡を沢山行ったからと言っても、イエス様に褒められない人は、裁きの日には不法を成す者ども、わたしから離れて行けと告げられ、あなたを全然知らないと突き放されることになります。


イエス様の前に残る者を神様は評価して下さいます。

それは忠実な者で、完成に向かって、信仰を成長し続ける者であって、自分の命の尽きるまで、上記(第2テモテ4:7~8)で告白しているパウロに見習うべきです。



世を愛すると、イエス様の決めた信仰の道をそれてしまいます。

神様は公平な方です。


最後まで忠実に走り続けるなら、私たちのために素晴らしいものを用意して下さいます。


神さまの永遠の国を相続させて下さいます。

それが神の国の希望、栄光、収穫を得ることで、勝利を得る者ということになります。


神の愛は私たちをキリストの花嫁として受け入れて下さいます。


この世は段々と不安全になって来て、いつ滅亡するか分からない状況にあります。

完全に悔い改めて、始めの愛を持ち続けて、勝利を得る者とさせていただきましょう。

2017.5.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ