すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

礼拝メッセージ

神と私たちの関係



テーマは「 神と私たちの関係 」です


【ガラテヤ4章6-7節】

そして、あなたがたは子であるゆえに、神は「アバ、父」と呼ぶ、御子の御霊を、私たちの心に遣わしてくださいました。

ですから、あなたはもはや奴隷ではなく、子です。子ならば、神による相続人です。

12月はクリスマスがあるので、イエス様のことを考える機会も増えると思います。

もちろんクリスチャンはいつも主と共にいるので、イエス様の事や父なる神のことは思っています。


でも今月は改めて神と私たちの関係を深く考えて その関係をさらに良くしていきたいと思います。


私たちが罪から救われることは単なるたましいの救いだけではなく、救いによって神と私たちの関係が変わったことも正確に知らなければなりません。


一番うれしいことは霊の親子関係になったことです。

「アバ、父」と呼ぶ関係です。


この関係は敵対する関係ではなく、愛の関係です。

神に愛され、神を愛する関係です。


一番近い関係とも言えます。



その次には羊飼いと羊の関係です。

聖書にはこの関係もよく出て来ます。


私たちの良い羊飼いとしての主の姿があります。


この関係は信頼の関係です。

詩編23編にはこの関係がよく現れてあります。



それから主人としもべの関係があります。


この関係は服従の関係です。


主を主人として認め、主を喜ばせるために、与えられたタラントをよく用いて忠実に働くことが要求されます。

良い忠実なしもべは主に喜ばれ、祝福されます。



どの関係も大切な関係です。


どれもないがしろにするならば、関係に問題が生じますので、良い関係を維持するために いつも努力する姿勢が必要です。


2019.12.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主が喜ぶ実



テーマは「 主が喜ぶ実 」です


【マタイの福音書3章6-8節】

自分の罪を告白して、ヨルダン川で彼からバプテスマを受けた。

しかし、パリサイ人やサドカイ人が大ぜいバプテスマを受けに来るのを見たとき、ヨハネは彼らに言った。「まむしのすえたち。だれが必ず来る御怒りをのがれるように教えたのか。

それなら、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。

実を結ぶ木はたくさんあります。


しかし、ある実はとても美味しいですが、ある実は食べると大変なことになります。

良い実と悪い実があるので、見極める必要があります。


人間が結ぶ実も、良い実があれば悪い実もあります。


特に宗教儀式に熱心なパリサイ人やサドカイ人たちは敬虔な実を結んでいるように見えましたが、実はすべて神と人を騙す偽善の実でした。


主が忌み嫌う実でしたので、ヨハネも彼らに向かって「悔い改めにふさわしい実を結びなさい」と言いました。



私たちが悪い実を結ぶならば、神は悪い木をみな切り倒されて、火に投げ込むと言われました。


ですから 後に後悔することがないように、主が喜ぶ実を私たちは結ばないといけないです。

主が喜ぶ実はどんな実でしょうか。




愛の実




神を愛し、人を愛して結ぶ実を主は喜びます。

愛のない者が結ぶ実は すべて価値のない実です。


【第1コリント13章3節】

また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。



悔い改めの実




罪人が罪を悔い改めて主に立ち返ることを 主はとても喜びます。


そして悔い改めにふさわしい実を結ぶことを喜びます。


取税人のかしらであったザアカイは主に出会って、すぐに悔い改めにふさわしい実を結びました。


「主よ。ご覧ください。私の財産の半分を貧しい人たちに施します。また誰からでも、私がだまし取った物は、四倍にして返します。




光の実




【エペソ5章8-9節】

あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。光の子どもらしく歩みなさい。

──光の結ぶ実は、あらゆる善意と正義と真実なのです──



伝道の実




魂が救われることを誰よりも望んでおられるのが主です。

ですから私たちは主が喜ぶ伝道の実を結ばないといけないです。


【マルコの福音書16章15節】

それから、イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。


私たちに恵みを与えておられる主は、その恵みによって私たちが良い実を結ぶことを期待します。


恵みの中で成長し、主が喜ぶ実を結ぶ時に、主はさらにその人たちを祝福しますが、悪い実を結ぶ者は必ず神の御怒りに会います。


いま良い実を結んでいますか?


2019.11.24
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

豊かな実り



テーマは「 豊かな実り 」です


【ヨハネの福音書12章24-26節】

まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。

自分のいのちを愛する者はそれを失い、この世でそのいのちを憎む者はそれを保って永遠のいのちに至るのです。

わたしに仕えるというのなら、その人はわたしについて来なさい。わたしがいる所に、わたしに仕える者もいるべきです。もしわたしに仕えるなら、父はその人に報いてくださいます。

農夫が豊作を喜び、安心出来るのはいつでしょうか。


収穫前の熟した状態ではないと思います。

自然災害で一瞬にしてすべてを失う場合もあるからです。


農夫が安心出来るのは、収穫を終え 手元に利益が入った時です。



人間も死んだ時に総決算が行われます。

その時に良い実がたくさん残れば、その人は勝利した人生になります。


イエス様は人間として地上に来られ、多くの苦しみを経て、十字架の死によって豊かな実を結びました。


十字架は失敗ではなく、勝利の実でした。


イエス様の勝利の実によって、私たち人間がどれほど恵みを受けているかわかりません。


その恵みを受け、その恵みに感謝するためには、イエス様が結んだ実がどんな実なのかを知り、私たちもそのような実を結ぶように日々励むことです。





主は永遠のいのちの実を結びました


十字架の上でいのちをささげました。


しかし三日後に復活して永遠のいのちの実を結びました。




主はゆるしの実を結びました


主は正しい者のために世に来られたのではなく、罪人を赦すために来て下さいました。

そして罪人の罪を赦すために代わりに死んで下さいました。




主は救いの実を結びました


十字架の死は人類を救うための神の計画でした。


主はみごとにその計画を成し遂げて救いの実を結びました。

誰でも信じる者は救われます。




主は和解の実を結びました


罪によって敵対関係にあった神と人間の仲介役を イエス様が務めました。


それによって和解の道が開かれました。




主は平安の実を結びました


私たちに平安を残しました。


【ヨハネの福音書14章27節】

わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。

私たちがイエス様を信じ、イエス様に仕えるならば、私たちもイエス様によって同じ実を結ぶことが出来ます。


その結果、イエス様のように実り豊かな人生を送ることが出来ます。


2019.11.17
収穫感謝祭メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

蒔いたものを刈り取る



テーマは「 蒔いたものを刈り取る 」です


【ガラテヤ6章7-10節】

思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。

自分の肉のために蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊のために蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。

善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります。

ですから、私たちは、機会のあるたびに、すべての人に対して、特に信仰の家族の人たちに善を行いましょう。

人はいつ 神を “不公平の神” だと勘違いするでしょうか。


それは、自分のことではなく、他人が蒔いた通りに刈り取らないのを見た時です。

悪人が繁栄し、苦しみもなく、思い通りの人生を生きているのを見ると、その怒りを神にぶつける人が多いです。


現実を見て、そう思う時もあります。


しかし神は不公平な神ではなく、公平な神です。

私たちが勘違いしているだけで、神は公正、公平な方です。



個人の意見ですが、神がなぜ、永遠の世界を造ったのかを考えた時に、人それぞれの生き方に従って、正しく裁くためであるかも知れないと思ったりします。


短い人生で毎日蒔いたものを刈り取らせるならば、生き残る人は一人もいないと思います。



神は人間に自由意志を与えました。

自分の意思で選択出来るようにして下さいました。


しかし、その選択に対しての責任は本人に取らせます。

死んだ後に必ず裁きを受けると聖書に書いてあります。


その時、正しい裁き主である神の前に驚く人は多いと思います。



クリスチャンが受ける恵みは、神がそれらのことを事前に教えておられることです。


神のことばを真剣に受け入れると、種を蒔く時に何も考えずに蒔くことはしないと思います。



私たちが蒔く種は二つです。

肉のために種を蒔くか、御霊のために蒔くか です。


肉のために蒔くなら、肉の行いが出てきます。

肉の行いにはこれらのものがあります。


不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、酩酊、遊興、殺意、不義、悪とむさぼり、欺き、不平不満、悪事、不従順、不慈悲、高慢などたくさんあります。


これらによって永遠の滅びを刈り取ります。

肉の欲望を満足させても、そこから刈り取るものは滅びです。



しかし御霊のために蒔くならば、永遠のいのちを刈り取ります。


御霊によって歩む人は、御霊の実を結ぶために良い種を蒔きます。



御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。

また善を行います。


神はその選択を喜びます。


そしてその人たちには永遠のいのちと良い報いを与えます。



人は死んだ後に神と清算します。

それが裁きです。


いつか裁き主の前に立ってさばきを受けることを忘れないで、今良い種を蒔きましょう。

2019.11.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

良い実を結ぶ人



テーマは「 良い実を結ぶ人 」です


【マタイの福音書13章23節】

ところが、良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。」

今月は「実を結ぶ生活」に関してのメッセージを伝えます。

今日は「良い実を結ぶ人」に対して学びます。


イエス様はマタイの福音書13章で「良い実を結ぶ人」と「実を結ばない人」の事を語って下さいました。


そのことを「種を蒔く人」の例えを通して語って下さいました。


種蒔く人が種まきに出かけて種を蒔きました。

収穫の時に収穫を期待しましたが、ほとんどの畑には実りがなく、いばらと雑草だらけで、良い地に落ちた種だけが豊かな実を結びました。


良い実を結んだ人は汗水流して一生懸命働いた人で、実を結んでいない人は怠けた人ではないです。



神の目に良い実はどんな実でしょうか。

自分が考える良い実と神が考える良い実は違います。


神の目に良い実を結ぶ人は天国の福音を聞き、それを受け入れ、思いもよらない多くの実を結ぶ人です。


良い実を結ぶ人は主の中に留まって生きています。

どんな時でも主から離れることなく、主と共に歩んでいます。


主を離れては良い実を結ぶことが出来ない と、木と枝の例えを用いて主が教えて下さいました。


【ヨハネの福音書15章1-8節】

わたしはまことのぶどうの木であり、わたしの父は農夫です。

わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、実を結ぶものはみな、もっと多く実を結ぶために、刈り込みをなさいます。

あなたがたは、わたしがあなたがたに話したことばによって、もうきよいのです。

わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。

わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。

だれでも、もしわたしにとどまっていなければ、枝のように投げ捨てられて、枯れます。人々はそれを寄せ集めて火に投げ込むので、それは燃えてしまいます。

あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。

あなたがたが多くの実を結び、わたしの弟子となることによって、わたしの父は栄光をお受けになるのです。

さらに木についていない枝は実を結ばないので、火に投げ込まれるとも言われました。


しかし主にあって良い実を結ぶ人は 主の弟子と認められ、主から祝福を受けます。


良い実は試練に耐え、最後まで忠実な人たちが結ぶ実です。



収穫直前に台風などで落ちた果物などを見ると残念な気持ちでいっぱいになります。

売りものにならないので廃棄処分になります。

でも台風の中でも、落ちずに耐えた果物は高く売れますね。


試練があっても最後まで信仰と希望を持って耐える人が良い実を結ぶことが出来ます。



また良い実を結ぶ人たちは、感謝と賛美、祈りとみことばの肥料を絶えず与えて、良い実が出来るように努力します。


そして心の状態に気を配り、良い実を邪魔する肉の欲やサタンの誘惑を断ち切ります。


そのような努力によって落ちた種が成長して良い実を結び、神には栄光、自分には主からの報いと永遠のいのちを受けます。


良い実を結んだ人生は勝利を得たプラスの人生です。

人生の勝者は主にあって良い実を結んだ人だけです。


2019.11.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ