すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

礼拝メッセージ

自分との戦い



テーマは「 自分との戦い 」です


【第1ヨハネ2章15-17節】

世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。

すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものだからです。

世と世の欲は滅び去ります。しかし、神のみこころを行う者は、いつまでもながらえます。

自分の心を守り、罪に勝ち、誘惑に勝つ人が一番強い人です。


【ヤコブ1章14-15節】

人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。

欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。

誘惑されるのも 罪を生むのも 死を招くのも、原因は自分の中にある欲に勝てなかったことにあります。


霊的戦いは、まず自分との戦いから始まります。



自分に勝てない人が この世、他人、悪魔に勝つことが出来るでしょうか?

本文では勝つためには どうすべきかを教えています。


世をも、世にあるもの(肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢など)を愛してはいけないです。



“世と世にあるもの” とは何でしょうか。


私たちの肉を喜ばせるもの、私たちの目を喜ばせるもの、私たちの人生で自慢できるものなどです。


それらは生き方にも現れます。


世のやり方を愛します。

世のものを愛します。

世のものに関心があります。



そして真理に従って歩むことを喜ばず、自分の欲のまま、自分の思いのまま、そして偉そうな生き方をします。


その結果、世を愛する心が 主を愛する心を追い出すので、主を愛する心が消えていき、主から自分を孤立させます。

父なる神のみこころに従って歩むことが不可能になります。


私たちは世を愛するか神を愛するかをはっきりさせないといけないです。


【マタイの福音書6章24節】

だれも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。

世と世にあるものは、どんなに愛して手に入れてもすべて消えていきます。


しかし神のみこころを行う(自分の生活の中に神の目的を遂行する)人は永遠にとどまります。


神はその人のことを “自分に勝利した人” として認めて下さいます。


2019.7.21
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

惑わしに注意しよう



テーマは「 惑わしに注意しよう 」です


【マタイの福音書24章24節】

にせキリスト、にせ預言者たちが現れて、できれば選民をも惑わそうとして、大きなしるしや不思議なことをして見せます。

マタイの福音書24章では、終わりの時代に起こる様々なことを 主が前もって教えて下さいました。


その中に “惑わしの霊の活動” があることを語って下さいました。

主が語りましたので、必ず惑わしは起こります。


クリスチャンは この惑わしを大いに警戒しないと惑わされて、とんでもないことになります。



惑わしの霊はクリスチャンを狙います。

惑わしは教会の中でも起こります。


指導者を通しても起こります。

教えを通しても 様々な奇跡や賜物、不思議なわざを通しても起こります。


分別が難しいこともあるので、注意深く判断しなければなりません。


今回は、どのような形で惑わしがあるのかを学びます。

惑わされないための霊的戦いが必要です。




聖書のことばで惑わします




・ 人々の魂に向けて語るのではなく、知識として頭に入れようとする


・ 聖書のことばを自分勝手に解釈して教える


・ 人のことばを神のことばよりも多く教える


・ 神学者たちの主張を神の言葉の権威よりも上に置く




信仰行為に没頭させる




・ 礼拝や賛美、祈りなどにおいて狂信的にさせる


・ パリサイ人たちのように宗教に熱心にさせ、自分の義を現すようにする


・ 主を見上げるのではなく、宗教行為を熱心にさせ安心させる




悪霊なのに、まるで聖霊の働きであるかのように騙す




・ 神からではない異言や預言、賜物、奇跡の力を使って人々を惑わす

これに多くの人々が惑わされます。


・ サタンは、見えるものに熱狂する人々を 奇跡を通して惑わす




世俗的なことに関心を向けるように惑わす




・ 世のもの、情報、世の流れを絶えず流して それに関心を持つように、好きになるように、繁栄するように惑わす


・ 先入観、価値観などを変えていく


・ 世的な者にさせて惑わす




これ以外にも、惑わす内容なたくさんあります。


サタンの策略なので惑わされないように御言葉に堅く立って警戒と注意が必要です。


【マタイの福音書24章4-5節】

そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「人に惑わされないように気をつけなさい。

わたしの名を名のる者が大ぜい現れ、『私こそキリストだ』と言って、多くの人を惑わすでしょう。

このことばを忘れず、心に留めながら気を付けましょう。


2019.7.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

御使いの活動



テーマは「 御使いの活動 」です


【ダニエル書10章1-14節】

ペルシヤの王クロスの第三年に、ベルテシャツァルと名づけられていたダニエルに、一つのことばが啓示された。そのことばは真実で、大きないくさのことであった。彼はそのことばを理解し、その幻を悟っていた。

そのころ、私、ダニエルは、三週間の喪に服していた。

満三週間、私は、ごちそうも食べず、肉もぶどう酒も口にせず、また身に油も塗らなかった。

第一の月の二十四日に、私はティグリスという大きな川の岸にいた。

私が目を上げて、見ると、そこに、ひとりの人がいて、亜麻布の衣を着、腰にはウファズの金の帯を締めていた。

そのからだは緑柱石のようであり、その顔はいなずまのようであり、その目は燃えるたいまつのようであった。また、その腕と足は、みがき上げた青銅のようで、そのことばの声は群集の声のようであった。

この幻は、私、ダニエルひとりだけが見て、私といっしょにいた人々は、その幻を見なかったが、彼らは震え上がって逃げ隠れた。

私は、ひとり残って、この大きな幻を見たが、私は、うちから力が抜け、顔の輝きもうせ、力を失った。

私はそのことばの声を聞いた。そのことばの声を聞いたとき、私は意識を失って、うつぶせに地に倒れた。

ちょうどそのとき、一つの手が私に触れ、私のひざと手をゆさぶった。

それから彼は私に言った。「神に愛されている人ダニエルよ。私が今から語ることばをよくわきまえよ。そこに立ち上がれ。私は今、あなたに遣わされたのだ。」彼が、このことばを私に語ったとき、私は震えながら立ち上がった。

彼は私に言った。「恐れるな。ダニエル。あなたが心を定めて悟ろうとし、あなたの神の前でへりくだろうと決めたその初めの日から、あなたのことばは聞かれているからだ。私が来たのは、あなたのことばのためだ。

ペルシヤの国の君が二十一日間、私に向かって立っていたが、そこに、第一の君のひとり、ミカエルが私を助けに来てくれたので、私は彼をペルシヤの王たちのところに残しておき、

終わりの日にあなたの民に起こることを悟らせるために来たのだ。なお、その日についての幻があるのだが。」

7月は霊的戦いに対して語ります。

そして今回は、霊的戦いの背後で働く御使いの活動について語ります。



聖徒たちがこの世で生きる時には必ずサタンの攻撃や誘惑に会うので、霊的戦いは避けることが出来ません。

サタンに勝つか やられるか のどちらかです。


霊的戦いで勝つためには私たちを守る御使いの活動を知らなければなりません。


御使いは信じる者たちを助けます。

御使いの活動を知り、恐れずに霊的戦いに臨むことです。



ダニエル書には何度も激しい霊的戦いがありました。


そして信じる者たちはその戦いで勝利しました。

御使いの助けがありました。



◎ダニエルが国や民族のために心配し断食しながら祈っていた時に御使いの訪問を受けました。


そして神からのメッセージを伝えました。

ダニエルが祈り始めた時に、神は彼の祈りを聞き、御使いを遣わしましたが、サタンの攻撃に会い、見えない霊の世界で激しい戦いがありました。


御使いが勝利をおさめ、祈りの答えをダニエルに届けることが出来ました。

そしてダニエルを慰め励ましました。


御使いたちは神の使いとして戦いをし、サタンを追い出し、聖徒のためにも働きます。



◎ダニエル書3章では、神への信仰を守るために、王の命令に背いて、偶像崇拝しなかったダニエルの3人の友が激しい火の燃える炉の中に投げ込まれた時に、御使いが現れて彼らを守り、彼らはやけど一つ負うこともなく助け出されました。


奇跡が起こりました。



◎ダニエル書6章では、ダニエルが祈りを禁じた法令に背いて、いつものように神に祈ったことで獅子の穴の中に投げ込まれましたが、神が御使いを送り守ったので、何の被害も受けませんでした。


しかしダニエルを訴えた者たちが家族と共に投げ込まれた時には みんな獅子の餌食にされました。



御使いたちは私たちを守るために今も働きます。


1人で戦うのではなく、御使いが共に戦うことを信じて恐れず大胆に戦いましょう。


2019.7.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

天国の恵み



テーマは「 天国の恵み 」です


【ヨハネの福音書14章1-6節】

「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。

わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに行くのです。

わたしが行って、あなたがたに場所を備えたら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしのいる所に、あなたがたをもおらせるためです。

わたしの行く道はあなたがたも知っています。」

トマスはイエスに言った。「主よ。どこへいらっしゃるのか、私たちにはわかりません。どうして、その道が私たちにわかりましょう。」

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。

神を信じ、救われた人が受ける一番の祝福は天国に入ることです。


天国は神の臨在、神の御座がある所、永遠の世界、光の世界、平安の世界です。

天国の主人は神です。



神は おひとりで天国に暮らすのではなく、神を信じて救われ、神の子どもになった人々と一緒に暮らします。


天国はお金や権力、名誉や努力で入る国ではなく、イエス・キリストを信じる信仰で入る国です。


【ヨハネの福音書14章6節】

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。

と、このように言われました。



神は信仰を守り通した人たちに報いとして天国の祝福を与えます。

まるで親が子どもたちに財産を相続するかのように、天国は神がご自分の子どもたちに相続して下さいます。


悔い改めて信じる者に神の国は相続されます。


【マタイの福音書5章3節】

「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

【マタイの福音書5章10節】

義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

【第2テモテ4章18節】

主は私を、すべての悪のわざから助け出し、天の御国に救い入れてくださいます。

戦いながらも信仰を守り通した人たちに神は永遠の天国を恵みとして与えて下さることを堅く信じて試練にも耐えて信仰を守りましょう。



2019.6.30
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

報いの恵み



テーマは「 報いの恵み 」です


【第2テモテ4章7-8節】

私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。

今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現れを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。

神のことばに素直に従って歩むと、この世では得するより損することが多いです。


ですからクリスチャンでも損をしたくないので、神のことばを知っていても その通りには従いません。


【マタイの福音書5章39-42節】

しかし、わたしはあなたがたに言います。悪い者に手向かってはいけません。あなたの右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい。

あなたを告訴して下着を取ろうとする者には、上着もやりなさい。

あなたに一ミリオン行けと強いるような者とは、いっしょに二ミリオン行きなさい。

求める者には与え、借りようとする者は断らないようにしなさい。

【ローマ12章20節】

もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。

【ピリピ2章30節】

なぜなら、彼は、キリストの仕事のために、いのちの危険を冒して死ぬばかりになったからです。彼は私に対して、あなたがたが私に仕えることのできなかった分を果たそうとしたのです。

そして主の働きのために弟子たちはみんな殉教しました。

彼らが無知で愚かで盲目だったので自分たちのいのちを粗末にしたでしょうか。


神の知恵を得ていた彼らは、他の者よりも知恵があり、悟りがありました。

主がどのような方であるのかをよく知っていました。



そして自分たちの働きが無駄ではなく、尊い働きで報いも大きいことを知っていました。

その報いは人々が想像することも出来ない素晴らしい報いであることを知っていたので、いのちを捨てることにも 何の恐れもなく惜しむこともありませんでした。


主はたとえ私たちが忘れても、私たちが主のためにしたすべてのことを覚えて報いを与えて下さいます。



悪い主人のように騙してタダ働きをさせる方ではなく、すばらしい報いを与えて下さる方です。


忠実に主のために働いた者たちは勝利者として天に迎えられます。



【ヨハネの黙示録2章7節】

勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう。」』

【ヨハネの黙示録2章10節】

死に至るまで忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。

【ヨハネの黙示録2章11節】

勝利を得る者は、決して第二の死によってそこなわれることはない。

【ヨハネの黙示録2章17節】

わたしは勝利を得る者に隠れたマナを与える。

【ヨハネの黙示録2章26節】

勝利を得る者、また最後までわたしのわざを守る者には、諸国の民を支配する権威を与えよう。

【ヨハネの黙示録3章5節】

勝利を得る者は、このように白い衣を着せられる。そして、わたしは、彼の名をいのちの書から消すようなことは決してしない。

【ヨハネの黙示録3章12節】

勝利を得る者を、わたしの神の聖所の柱としよう。彼はもはや決して外に出て行くことはない。

【ヨハネの黙示録3章21節】

勝利を得る者を、わたしとともにわたしの座に着かせよう。それは、わたしが勝利を得て、わたしの父とともに父の御座に着いたのと同じである。

このような素晴らしい報いは世には存在しません。


しかし主は勝利を得る者たちにこのような報いを与えて下さいます。


2019.6.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ