すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

礼拝メッセージ

信じる人の倫理基準



テーマは「 信じる人の倫理基準 」です


【マタイの福音書5章1-10節】

この群衆を見て、イエスは山に登り、おすわりになると、弟子たちがみもとに来た。

そこで、イエスは口を開き、彼らに教えて、言われた。

「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。

柔和な者は幸いです。その人たちは地を受け継ぐから。

義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。

あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。

心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。

平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。

義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

本文にあることばは、天国の民に示された倫理基準として考えることも出来ます。


主の所には毎日大勢の人々が集まって来ました。

彼らのほとんどは世的な祝福を求めて来ました。

癒しや解放、問題解決を求めて来ました。


彼らは霊的祝福に対しては関心もなければ、理解することもありませんでした。



主は彼らに八つの祝福について語りながら、神が彼らに与えたい本当の祝福は、天国の祝福であることを知らせました。


聖徒は信仰によって神の子どもになった者です。

救いを受けて天国の市民になった者です。


天国の市民になった者は天国の市民意識をもって倫理基準に従って歩むことです。


犯罪が多い国の市民意識は低いです。


反対に犯罪の少ない国の市民意識は高いです。

法律も倫理、道徳もよく守ります。



神の国を目指しているならばキリストが示した高い倫理基準に従って生きる時に八つの祝福が与えられます。


天国の市民として生きるためには神の国にふさわしい高い倫理基準が必要です。


イエス様が示した倫理基準はとても高いですが、神の民として生きるためにはそのような倫理基準が必要です。


【マタイの福音書5章29節】

もし、右の目が、あなたをつまずかせるなら、えぐり出して、捨ててしまいなさい。からだの一部を失っても、からだ全体ゲヘナに投げ込まれるよりは、よいからです。


2019.5.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

どんな心を持つべきなのか



テーマは「 どんな心を持つべきなのか 」です


【第1ペテロ3章3-4節】

あなたがたは、髪を編んだり、金の飾りをつけたり、着物を着飾るような外面的なものでなく、

むしろ、柔和で穏やかな霊という朽ちることのないものを持つ、心の中の隠れた人がらを飾りにしなさい。これこそ、神の御前に価値あるものです。

「心の中の隠れた人柄を飾りにしなさい」と言われました。

本当に美しい人は 外見ではなく、心が美しい人です。


「人はうわべを見るが、主は心を見る。」と書いてあるように、人の目を意識して生きる人は日々、外見をよく見せようと努力します。


しかし主の目を意識する人は、自分の心が気になって心を飾ることに努力します。


自分の心は自分がよく知っていると思います。

美しく整えられた綺麗な心なのか、それとも雑草だらけの荒地のような心なのか。


どのような心が主の目には美しく飾られた心でしょうか?

柔和で穏やかであることは温かい心であることがわかります。


ゆとりある心、愛のある心、譲歩する心、正直な心、きれいな心、理解ある心、明るい心、信頼する心、感謝する心、自制ある心は聖書でいう良い心で美しい心です。


心は行動を生み、行動は習慣を、習慣はその人の運命を決めます。


ただ単に神が見るから心を飾るのではなく、自分の運命を良いものにするためにも心の中に隠れた人柄を飾ることを勧めます。


【ヘブル10章22節】

そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。


2019.5.12
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

いつも感謝



テーマは「 いつも感謝 」です


【コロサイ3章17節】

あなたがたのすることは、ことばによると行いによるとを問わず、すべて主イエスの名によってなし、主によって父なる神に感謝しなさい。

主のことばに、「感謝しなさい」ということばがたくさんあります。


すべてのことについて感謝しなさい、絶えず感謝しなさいと命じられてあります。

感謝は決して卒業のない過程です。



この世で一番どうしようもない人間は、感謝することを知らない人間であるとゲーテが言いました。


感謝の心は一番偉大な美徳ですし、幸せのへの近道です。


どんなに恵まれても感謝がない人は幸せな人ではありません。



感謝する心は環境や条件などに左右されることがありません。


試練がどんなに大きくても、救われた者には 感謝する理由がたくさんあります。



永遠の死から永遠のいのちに移されたことは、永遠に感謝しても感謝しきれないです。


神様はいつも感謝する人に祝福を与えます。

日常生活のこともよく考えるならば感謝だらけです。


水や太陽、食べ物など あらゆる恵みを受けていますので、そのことを当たり前と思うのではなく、常に感謝することです。



感謝とは、うわべだけを見てすることではなく、恵みをよく考えてその深さを悟ることです。


一番幸せな人は恵みを悟り、神様にいつも感謝する心を持って生きる人です。


2019.5.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

使命に生きる聖徒



テーマは「 使命に生きる聖徒 」です


【マタイの福音書23章11節】

あなたがたのうちの一番偉大な者は、あなたがたに仕える人でなければなりません。

イエス様は十二弟子を選び、使命を与えました。


そしてその使命を果たしていくことが出来るように、彼らを訓練しました。

彼らの前で仕える姿も見せました。


しかし彼らは仕えることには あまり関心がなく、人より偉くなりたい思いが強かったです。


その姿はイエス様が願う姿とは かけ離れていました。



そこで、一番偉大な人は “仕える人である” と語りました。

イエス様は神であり一番偉い方であるにも関わらず、卑しい人間に仕えました。


人の上に君臨することは、神のしもべたちのすべきことではありません。


主のように仕える姿こそ、使命に生きる聖徒たちの姿です。

使命に生きる人の姿が次の箇所にあります。


【ピリピ2章13-17節】

神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです。

すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行いなさい。

それは、あなたがたが、非難されるところのない純真な者となり、また、曲がった邪悪な世代の中にあって傷のない神の子どもとなり、

いのちのことばをしっかり握って、彼らの間で世の光として輝くためです。そうすれば、私は、自分の努力したことがむだではなく、苦労したこともむだでなかったことを、キリストの日に誇ることができます。

たとい私が、あなたがたの信仰の供え物と礼拝とともに、注ぎの供え物となっても、私は喜びます。あなたがたすべてとともに喜びます。

自分の十字架を負って主に従っていく姿が、使命に生きる姿です。


2019.4.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

復活への希望



テーマは「 復活への希望 」です


【第1コリント15章19-22節】

もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。

しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。

というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活もひとりの人を通して来たからです。

すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。

アダムによって罪が世界に入り、罪によって死が世界に入りました。


生まれて来るすべての人間にどんでもない呪いをもたらしたのはアダムでした。


生まれて来るすべての人間は 罪と死、闇とサタンの束縛から逃れることが出来ない状態です。


しかしキリストがこの世に来られて 十字架の死の遂げた理由は、悲惨な状態の人間を贖うためでした。


そして十字架の死は人間に救いの道を開きました。

しかしそれですべてが完成したわけではなく、主の復活によって救われた人々に 永遠の命を与えて下さいました。



主を信じる人々にはキリストの復活によって復活の希望があります。

キリストと共に古い人が死んだ者は、キリストと共に復活のいのちにあずかります。


キリスト教は歴史の中で絶えず迫害を受けました。

いつもその危機を乗り越えたのは復活信仰があったからです。


どんな悲しみや恐怖、失望や苦しみ 孤独も、復活の事実を信じ、復活の力の中で生き、復活の福音を伝えるクリスチャンを倒すことは出来ません。


復活の信仰がなかったならば、キリスト教は迫害に耐えられず、この地上から消えて もはや存在しないと思います。

この復活のいのちは永遠に消えることがありません。


主にあって死んだ者は、キリストが死から復活したように、必ず復活します。


これは事実です。

偽りではありません。


キリストの約束です。


2019.4.21
イースター礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ