テーマは「 栄光の主の姿 」です


【ヨハネの黙示録1章12-18節】

そこで私は、私に語りかける声を見ようとして振り向いた。振り向くと、七つの金の燭台が見えた。

それらの燭台の真ん中には、足までたれた衣を着て、胸に金の帯を締めた、人の子のような方が見えた。

その頭と髪の毛は、白い羊毛のように、また雪のように白く、その目は、燃える炎のようであった。

その足は、炉で精錬されて光り輝くしんちゅうのようであり、その声は大水の音のようであった。

また、右手に七つの星を持ち、口からは鋭い両刃の剣が出ており、顔は強く照り輝く太陽のようであった。

それで私は、この方を見たとき、その足もとに倒れて死者のようになった。しかし彼は右手を私の上に置いてこう言われた。「恐れるな。わたしは、最初であり、最後であり、

生きている者である。わたしは死んだが、見よ、いつまでも生きている。また、死とハデスとのかぎを持っている。


今日はイースターです。

復活した主に焦点を合わせてメッセージを伝えます。


主の弟子ヨハネは、3年間も主と一緒だったので、主の姿はよく覚えています。


復活なさった主にもすでに会っていました。


その姿は見慣れた姿で、誰もびっくりしませんでした。

親しみを感じる姿でした。



しかし特別な啓示を与えるために現れたイエス様の姿は、今までとは違う姿で、主を見たとき、その足元に倒れて死者のようになってしまいました。


圧倒的な栄光に満ちた本来の神の姿を見たからです。


威厳と栄光に満ちた姿です。

天におられる主の姿です。



主はご自分のことを このように言われました。


「恐れるな。わたしは、最初であり、最後であり、生きている者である。わたしは死んだが、見よ、いつまでも生きている。また、死とハデスとのかぎを持っている。」


死んだこと、そして復活したことを主の口から言われました。

主の姿は弱々しい姿ではなく、威厳に満ちた裁き主の姿です。


足までたれた衣、金の帯、頭と髪の毛は雪のように白く、燃える炎のような目、足はしんちゅうのように光輝いてあり、声は大水の音のようでした。

顔は強く照り輝く太陽のようでした。



王の王、主の主、大祭司の姿、王としての威厳、知恵と聖潔、神的洞察力と公義、裁き主としての栄光と権能と威厳があります。


復活の主は、公義のさばき主として すべてのものをさばきます。


この方の前に立つと、誰もがその栄光と聖さの前で倒れます。


死者の中から最初によみがえられた方、今いまし、昔いまし、後に来られる方、万物の支配者は必ず来られます。


主を迎える準備をしていますか。


2020.4.12
イースター礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■