テーマは「 神による逆転の人生 」です


【創世記46章1-4節】

イスラエルは、彼に属するすべてのものといっしょに出発し、ベエル・シェバに来たとき、父イサクの神にいけにえをささげた。

神は、夜の幻の中でイスラエルに、「ヤコブよ、ヤコブよ」と言って呼ばれた。彼は答えた。「はい。ここにいます。」

すると仰せられた。「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民にするから。

わたし自身があなたといっしょにエジプトに下り、また、わたし自身が必ずあなたを再び導き上る。ヨセフの手はあなたの目を閉じてくれるであろう。」

人生が完全に終わるまで、その人生を語ってはならないです。


勝利で終わるか失敗で終わるかは最後まで見ないと分からないからです。



ヤコブの人生も波乱万丈で いばらのような人生でしたが、老年の人生は一番祝福された人生でした。


ヤコブの息子であるヨセフも、父のように若い時から いばらの道を歩みましたが、その後の人生は本当に祝福された人生でした。


ヨブの人生も祝福からどん底人生、そして逆転されてもっと祝福された人生になりました。


最後まで見ないと分からないのが人生です。

特に神を信じている人たちの人生は神が導くので、逆転の人生が多く、ハッピーエンドで終わる人生が多いです。


聖徒の人生は神なしに語ることが出来ないです。






ヤコブの人生を勝利の人生、ハッピーエンドの人生にしたのはヤコブの努力ではなく、神様の導きと祝福でした。


老年のヤコブに神が現れて彼を呼び、そして語って下さいました。

ヤコブにとってどんなに嬉しかったでしょうか。


真実な神として現れました。


アブラハムの神、イサクの神がヤコブにも現れました。



苦しみの時にいつも助けて下さった神です。

ヤコブの人生で苦しかった時にはいつも主が現れ、彼に語り、励まして下さいました。


主の約束のことばを思い出させ、希望を持つようにして下さいました。






体験した人は神が真実な方であることをはっきりと知っています。

また神は悲しみ、痛みがある時に慰めて下さる方です。


死んだと思っていた息子ヨセフに会えるという期待と 神の現れが、どれほどヤコブにとって慰めになったか分かりません。



また神は飢饉に見舞われていたヤコブと家族を食糧が豊富にある所に導き、住む所も与えて下さいました。


主は私たちの苦しみを知っておられます。

主に頼って生きる者を養って下さる神は、祝福の神です。



ヤコブの神は私たちが信じる神と同一の神です。

今も同じく働いておられます。


この神によって自分の人生もハッピーエンドに終わることを思い、主に感謝をささげましょう。


私たちの人生を逆転させて下さるのが神です。


真実な神、慰めの神、祝福の神です。


2020.3.8
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■