テーマは「 わたしが彼らを祝福する 」です


【民数記6章22-27節】

ついで主はモーセに告げて仰せられた。

「アロンとその子らに告げて言え。あなたがたはイスラエル人をこのように祝福して言いなさい。

『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。

主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。

主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』

彼らがわたしの名でイスラエル人のために祈るなら、わたしは彼らを祝福しよう。」

祝福の範囲は広いです。

祝福が嫌いな人はいないと思います。


みんなが祝福を欲しがっていますが、多くの人が求める祝福は主が私たちに与えたいと願っている祝福とは異なります。


主に召され、主を信じる人ならば自分が願う祝福ではなく、主が与えたいと願っている祝福が何かを知ってそれを切に求めないといけないです。


それに関心がなく自分が思う祝福ばかりを求めるならば、何一つもらうことがないと思います。



主が「私が彼らを祝福する」と言われた祝福はどんな祝福でしょうか。




主の守り




主の守りです。


イスラエルの民がカナンの地に入る前に通った道は荒野でした。

どれほど厳しい所であるのかは通ったイスラエルの民たちは知っています。


今、私たちが日々歩んでいるこの世も荒野です。


誘惑し惑わすサタンが強く働く所です。

主の守りがないとサタンのえじきになる所です。


主の守りがあって安全に暮らすことが出来ます。




主の恵み




次には主の恵みです。


恵みは暗やみを照らす太陽のようなものです、恵みは光であり、いのちです。

それによって私たちは生かされています。


主から毎日恵みが注がれることを求めないといけないです。

主の恵みこそ私たちにはなくてはならない祝福です。




主の平安




主の平安です。


平安のないこころは幸せではありません。

不安の中にいる弟子たちにも主は平安を残しました。


不安と恐れが多い世の中で、主の平安なしに生きることは難しいです。


主は私たちに主の平安を与えたいと願っています。


私たちは毎日祈りを通して主の守り、主の恵み、主の平安を求めましょう。


2020.2.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■