【ピリピ4章11-13節】

乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。

私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。

私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。

新約時代でパウロほど偉大な人物はいません。


復活したイエス様が直接彼に現れて彼を選び、異邦人への伝道者として任命しました。

彼は伝道者としては不適格な人物でした。


神に敵対し、教会を激しく迫害した人物なのに、主は彼を使徒として選び、福音を伝える伝道者にしました。



パウロ自身にとってもありえないことが自分の身に起きましたが、パウロは素直に主からの召しを受け入れ、死に至るまで主のために忠実に働いたしもべでした。


主への働きにいのちを懸けました。

彼は昼も夜も働きました。


ユダヤ教から改宗した彼に対してユダヤ教の人々は彼を憎み、殺害までしようとしました。

どこに行っても迫害を受け、死の連続の生活を送りました。


しかしパウロは死を恐れず、福音を至る所で伝えました。



主に選ばれなかったならば、激しい試練を受けることはなかったと思います。

世的に成功の人生を送ったと思います。


しかし主に従ったことで、苦難の道に足を踏み入れ、多くの苦しみを受けました。


しかしあらゆる境遇の中でも主だけを見上げながら、どこでも伝道しました。

喜んで働きをしていました。


言い訳しながら仕事をさぼったことはありませんでした。


自分の以前の姿を思い出しながら、魂を愛し、一生懸命に働きました。



彼は神学者であり、説教家であり、伝道者でした。

とても謙遜な人として人々に仕えていました。


神から受ける冠に期待しながら、最後まで走り続けました。

神に喜ばれる人物でした。


2019.10.27
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■