テーマは「 賜物の活用 」です


【ローマ12章3節】

私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。

【ローマ12章7-8節】

奉仕であれば奉仕し、教える人であれば教えなさい。

勧めをする人であれば勧め、分け与える人は惜しまずに分け与え、指導する人は熱心に指導し、慈善を行う人は喜んでそれをしなさい。

信じる者が自分には何の賜物もないと考えるのは間違えています。

神がおのおのに賜物を分け与えて下さいましたから。


ただ本人がそれに気付いていないことも多いです。


賜物を活用するために、まずしなければならないことは、自分がどんな賜物を受けたのかを発見することから始めないといけないです。


隠された賜物をまず発見することです。






先週のメッセージで賜物の種類に何があるのかを教えました。

聖書を開いて賜物の目録を記録することです。


そして聖書に出て来る人物が それをどのように使ったのかを調べます。


初代教会の使徒や信徒たちは賜物を活発に活用して良い働きをしました。



いま自分がしていることが賜物にあるならば、すでにその賜物を活用しています。


私たちは自分の賜物を発見する責任があります。


パウロは弟子テモテに、このようなことばを送りました。


【第2テモテ1章14節】

そして、あなたにゆだねられた良いものを、私たちのうちに宿る聖霊によって、守りなさい。

聖霊によってゆだねられたものの中には、賜物があることも考えられます。


【コロサイ4章17節】

アルキポに、「主にあって受けた務めを、注意してよく果たすように」と言ってください。

すなわち、受けた賜物を活用して主の働きをするように言われました。



賜物を確認したならば、それを必ず用いて働くことです。

賜物を受けても働かないならば、それは聖霊を妨害することになります。


聖霊が私たちに使ってほしい賜物を与えたのに、それをしないこと自体が聖霊を妨害することになります。


賜物は種のようなものです。



蒔かれる時は小さいものですが、蒔かれると花を咲かせ、実を結びます。


聖霊は私たちが献身して賜物を道具として使い、神の栄光のために、また他の人のために仕えることを願っています。


賜物を積極的に活用して主の栄光を現していきましょう。


2019.9.22
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■