テーマは「 恵みの賜物 」です


【エペソ3章7ー9節】

私は、神の力の働きにより、自分に与えられた神の恵みの賜物によって、この福音に仕える者とされました。

すべての聖徒のうちで一番小さな私に、この恵みが与えられたのは、私がキリストの測りがたい富を異邦人に宣べ伝え、また、万物を創造した神のうちに世々隠されていた奥義を実現が何であるかを、明らかにするためです。

異邦人としてクリスチャンになった人たちにとって、使徒パウロほどありがたい存在はありません。


いのちを懸けて異邦人に福音を伝え、教会を建てました。

そのことで多くの異邦人が信じるようになりました。



イエス様が彼を選び、聖霊は彼の中に強く働きました。

多くの奇跡や不思議なわざが現れました。


パウロは多くの賜物を主から受けました。


彼はその賜物を恵みの賜物と思っていました。



特に福音に仕える者として召されたことを一番の恵みの賜物と思っていました。


福音に仕えることは実際大変でした。


多くの迫害や反対を受け、いつもいのちも狙われていましたが、パウロは福音に仕える者として選ばれたことを恵みの賜物として受け取ったと語りました。


なぜなら、彼は神の教会を迫害し、神の働きを妨害してきた者だったので、自分はそれに一番ふさわしくないと思っていました。



神の選びは不思議です。


パウロは自分が受けた賜物を喜び、誰よりも多く働く者となりました。


賜物の価値を知らない者も多いです。

重荷と思う人すらいます。



賜物は主からの尊い恵みです。

それを用いて主に仕えることほど価値あることはありません。


賜物をもって奉仕することを主の恵みと思っていますか?


パウロの姿から学ぶことです。


2019.9.8
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■