テーマは「 成長の段階 」です


【第1ペテロ2章1-2節】

ですから、あなたがたは、すべての悪意、すべてのごまかし、いろいろな偽善やねたみ、すべての悪口を捨てて、

生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。それによって成長し、救いを得るためです。

キリスト者とは神から離れて生きていた罪人が 神に立ち返り、罪を悔い改めて、キリストを自分の救い主として信じ頼り、毎日主を喜ばせるため信仰によって生きようと努力する人です。


これが水と御霊によって生まれ変わった人の姿であり、主にあって成長している姿です。


成長も、成長の段階があります。

その段階を経て成長します。


どのような段階があるのか、もっとも基本的な段階を学びます。




自制




自制の段階があります。

肉の思いと行動を自制できないならば私たちは罪を犯します。


自制出来ない人は 肉の思いが暴走するので、信仰が成長することが出来ないです。


使徒パウロはいつも自制を働かせていました。


【第1コリント9章27節】

私は自分のからだを打ちたたいて従わせます。それは、私がほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者になるようなことのないためです。

肉の思いが暴走しないように止めるのが自制です。




忍耐




忍耐の段階があります。


一本の木が成長するにも、どんなに忍耐が必要かわかりません。


ここでの忍耐とは 何もせずジッとしていることではなく、勇気を背景にする忍耐です。


私たちに戦いを仕掛けてくるものに対して 勇気を持って対処し、それを足場にして前進することです。


ヨセフやヨブの忍耐を見たら分かると思います。

最悪の状況が最善の状況に変わることを信じて忍耐し勝利しました。


信仰の忍耐が彼らにはありました。







愛の段階です。


愛は律法の完成です。

これは人間的な愛ではなく、神の愛であるアガペーの愛です。


すべての人間は、神の憐れみと愛を受けています。

罪人たちに対する神の愛の段階まで成長していかなければなりません。


主がその愛を私たちにも要求しました。


【ローマ12章20節】

もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。

この愛は自分たちの力では出来ないです。


キリストの愛が自分の中にある時に可能になります。


成長したキリストの花嫁になることを私たちは目指しましょう。



2019.8.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■