テーマは「 赦しの恵み 」です


【エペソ4章32節】

お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。

今日は「神の恵み」の中で「赦しの恵み」について語ります。


神が赦しの神であることを信じますか?

もし神が赦しの神でないならば 人類は存在せず、みんな裁かれたと思います。


救いを経験した人は 神の赦しを経験した人です。

救われていない人は まだ神の赦しを経験していない人です。



すべての人間は神の赦しの恵みが必要です。


赦しを得ていないと、いつか必ず神のさばきを受けます。


神はひとりとして いきなり裁かれて永遠に滅ぼされることを望まないです。

赦される道を教えて下さいました。



罪を犯している人間たちに預言者を遣わして何度も何度も語ることばがありました。


赦しの恵みは神のあわれみから来るものです。


【エレミヤ書36章3節】

ユダの家は、わたしが彼らに下そうと思っているすべてのわざわいを聞いて、それぞれ悪の道から立ち返るかもしれない。そうすれば、わたしも、彼らの咎と罪とを赦すことができる。」


神様は最初から赦すことを考えて預言者を通してメッセージを語らせました。


【エゼキエル書16章63節】

それは、わたしが、あなたの行ったすべての事について、あなたを赦すとき、あなたがこれを思い出して、恥を見、自分の恥のためにもう口出ししないためである。──神である主の御告げ──」

【ダニエル書9章9-10節】

あわれみと赦しとは、私たちの神、主のものです。これは私たちが神にそむいたからです。

私たちは、私たちの神、主の御声に聞き従わず、神がそのしもべである預言者たちによって私たちに下さった律法に従って歩みませんでした。


神は正しく裁く方ですが、裁く前に赦しの恵みがあることを聞かせています。


悪の道から立ち返って悔い改めるならば あわれみ深い神はその罪を赦して下さいます。


主の十字架こそ、私たちを赦すためにある主の恵みです。


十字架の上での主が祈ったのは赦しの祈りでした。



【ルカの福音書23章34節】

そのとき、イエスはこう言われた。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」

この祈りに答えて十字架を見上げて悔い改める者を父なる神は赦して下さいます。


「赦しの恵み」を受けた人は罪の重荷を背負うことなく、罪から自由にされています。


2019.6.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■