テーマは「 聖なる者になりなさい 」です


【レビ記19章2節】

「イスラエル人の全会衆に告げて言え。あなたがたの神、主であるわたしが聖であるから、あなたがたも聖なる者とならなければならない。

私たちに対する神のみこころは 何よりも私たちが “聖なる者” になることです。


聖徒たちは神に仕える者なので、聖なる者になることを神は要求しておられます。

みことばで繰り返してそのことを語っておられます。




祭司である聖徒は主に仕える者なので、聖なる者にならなければなりません




【レビ記21章8節】

あなたは彼を聖別しなければならない。彼はあなたの神のパンをささげるからである。彼はあなたにとって聖でなければならない。あなたがたを聖別する主、わたしが聖であるから。

汚れたまま主に仕えることは 神を冒涜することであり、神の名を汚すことになります。

罪によって自分を汚してはいけないです。


【レビ記22章2節】

イスラエル人の聖なるものは、わたしのために聖別しなければならない。彼らはわたしの聖なる名を汚してはならない。それは彼らがわたしのために、聖なるものとすべきものである。わたしは主である。



心と生活の中から悪を捨て、きよめなければなりません




外側だけきれいにし、内側が汚いままなら それは偽善者の姿です。

主が忌み嫌う姿です。


【マタイの福音書23章28節】

そのように、おまえたちも外側は人に正しく見えても、内側は偽善と不法でいっぱいです。

【詩篇24章3-5節】

だれが、主の山に登りえようか。だれが、その聖なる所に立ちえようか。

手がきよく、心がきよらかな者。そのたましいをむなしいことに向けず、欺き誓わなかった人。

その人は主から祝福を受け、その救いの神から義を受ける。

神に祝福を受けるためには、まず何を捨てるべきかを考えることです。


汚いものを捨てて、きよめられた器を差し出すならば、主はその器に祝福を入れて下さいます。




罪を悔い改めなければなりません




私たちを汚すのは罪です。

神の御心から離れたすべてが罪になります。


罪のないものは一人もいません。

ですから神はこの言葉を下さいました。


【第1ヨハネ1章9節】

もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。

悔い改めるならば主はきよめて下さいます。

きよめられた者として主に仕えることが大切です。


2019.1.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■