テーマは「 神の正しい裁き 」です


【ローマ2章1-3節】

ですから、すべて他人をさばく人よ。あなたに弁解の余地はありません。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めています。さばくあなたが、それと同じことを行っているからです。

私たちは、そのようなことを行っている人々に下る神のさばきが正しいことを知っています。

そのようなことをしている人々をさばきながら、自分で同じことをしている人よ。あなたは、自分は神のさばきを免れるのだとでも思っているのですか。

神は一度も他人をさばく権威を人間に与えたことはありません。

クリスチャンにもこの権威を与えられていないです。


神がクリスチャンに与えた権威は「汚れた霊どもを制する権威」です。

自分に授けられた権威は正しく使わなければなりません。



しかし神の権威を勝手に自分の権威のように使うならば、それは主の権威に逆らうことです。


正しく裁く神がいないならば、誰かが裁かないといけないですが、正しく裁く神がいるので、裁きは神に任せなければなりません。


神の裁きはどのように行われるでしょうか。




神は真理に従ってさばきます




この真理は時代が変わっても変わることがありません。

基準が変わることもありません。


真理はすべてを明るみに出すので、ごまかすことも隠すことも偽ることも出来ません。


真理の霊である神の目から逃れることは出来ないです。

神は真理をもって裁くのでその裁きは正しいです。




神は行った通りにさばきます




人間の行動は良し悪しに関係なく、すべて神の書物に書かれてあります。

神はそれに基づいて正しくさばきます。


【ヨハネの黙示録20章12節】

死んだ人々は、これらの書物に書きしるされているところに従って、自分の行いに応じてさばかれた。

バレていない罪があることで安心してはいけないです。

神は裁きの日が来るまではそのままにしておきます。


しかし、裁きの時には免れることなく裁かれます。




神は私たちの良心に従ってさばきます




良心が麻痺された人は罪に対しての自覚がないです。

悪を悪とも思わず悪を行います。



麻痺されたので裁きを逃れることがあるでしょうか?

そんなことはないです。

彼らは良心がないのではなく、良心の声を無視しているだけです。


しかし良心は、まるで監視カメラのようにその人の行いを記録してあります。

裁きの時に良心はその人の罪を告白するでしょう。


自分の味方にはならず、自分を裁く者になります。



すべての人間は神の裁きの座にいつか必ず立ちます。


自分も裁かれる立場にいるので、恐れる心をもって他人をさばくのではなく、神の正しい裁きに任せ、自分も罪を悔い改めて罪を赦してもらいましょう。


2018.10.21
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■