テーマは「 励ましより手術を 」です


◎基調聖句 エレミヤ書8:11

彼らは私の民の娘の傷を手軽にいやし、平安がないのに「平安だ、平安だ。」と言っている。

【 要 旨 】

私も説教者ですが、説教者が受ける誘惑は聖徒たちに慰め、励まし、恵みのことばだけを伝えたいという思いです。

厳しいことばは伝えたくないと思います。


いいことばは誰もが喜びますが、厳しいことばを誰が喜ぶでしょうか。

しかし説教者は必ず厳しいことばも伝えなければなりません。


聖徒たちの間違った生活や罪を指摘して罪を悔い改めるようにメッセージを伝えることです。



医者が患者の中にある病気を見つけて手術を勧めるならば、誰が医者に文句を言うでしょうか。

反対にお願いをするではないでしょうか。


それはいのちにかかわることだからです。

手術はどんなに嫌でも痛くても受けますね。



内面にある罪は魂を殺す癌細胞です。

それを見て見ぬふりをして「大丈夫です。」と何も言わないのが良いでしょうか。


説教者は勇気をもって指摘し治療を勧めなければなりません。

みことばと聖霊によって手術を受けるようにしなければなりません。



手術を受けるならば、罪の癌細胞を取り除くことが出来ます。


自分のたましいが生かされるメッセージを会衆は聞かなければなりません。


2018.9.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■