テーマは「 救いが必要な存在 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 3章16節

◎関連聖句 ローマ5:8、マルコ10:45、ヨハネ3:36、ローマ3:24

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3:16)

【 要 旨 】

救いが必要な存在であるのは、御子を信じる者が

ひとりとして滅びることなく、永遠の命を持つため(ヨハネ3:16)
である。


今日は救いの必要性を、
①救いの性格、②神様の救いの計画、③我々は救いをどう受けるか、に分けて解説する。


① 救いの性格

最初に神がアダムとイブを造った時は、人間は非常に良かった。

しかし、彼らが罪を犯したために、続く全人類に遺伝子が続くように続いた。

「義人はいない」と言われる所以である。


罪の報酬は死である。

しかし、愛のある神さまは、人の罪は当然と考えられないで、救いを考えて下さったのである。



② 神様の救いの計画

その計画とは、神の愛で、イエス・キリストをこの世に贈って下さったことである。

そして私たちを救うために十字架で死んで下さり、復活までされた。


人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。
とマルコ10:45に記されている。



③ 我々は救いをどう受けるか

ヨハネ3:36に

御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。
と言われている。


神の約束の言葉を信じるより、我々は救われる方法はない。

今が救いの時、恵みの時であることを自覚しよう。

2018.3.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■