テーマは「 生ける川の水 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 7章37~39節

◎関連聖句 ヨハネ14:26、ローマ8:10~11、使徒2:38~39、ヨハネ4:10、4:14、イザヤ43:19~20、エレミヤ2:13

さて、祭りの終わりの大いなる日に、イエスは立って、大声で言われた。「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。 わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」(ヨハネ7:37~38)

【 要 旨 】

日本の水はとてもきれいである。

特に地下から湧き出る泉が良い。


上高地の梓川の水は秀逸である。

だから日本では、水であまり苦労しない。


このように良質な水に恵まれていることに感謝すべきである。


しかし、世界中では泥水や不純物で苦労している地域が多い。

その所に住む人の寿命は、日本の半分くらいの所もある。


イエス・キリストの送ってくれる生ける川の水は、父なる神からの聖霊の水である。

その水が注がれるのは、イエスを信じる人だけである。


父、御子、聖霊と呼ばれる三位一体の神は、私たちの死ぬべき身体をも導いて守って下さる。


使徒行伝の弟子たちが、聖霊に満たされて異言などを語り出したのも、生ける川の水に満たされた聖霊によるものであった。


これに反してパリサイ人たちの、まむしの末と言われる人々は、聖霊を拒否していて、この生ける川の水を飲まない。

これは許されない罪である。霊的危機である。


エレミヤ書2:13には

わたしの民は二つの悪を行った。湧き水の泉であるわたしを捨てて、多くの水ためを、水をためることのできない、こわれた水ためを、自分たちのために掘ったのだ。
と書かれている。


聖霊に満たされていない者は、飢え乾きがないため、その外側で生きることを考える。


そうすると、いのちあふれる信仰生活ができなくなるので、良い実が結べなくなる。


そのようにならないために、悔い改めて、聖霊が降りるように按手を受けるなどして、我々はまことの信仰生活に立ち返らねばならない。


2017.12.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■