テーマは「 イエス様の逮捕 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 26章45~56節

◎関連聖句 Ⅰコリント10:12、詩篇31:11~12

イエスを裏切る者は、彼らと合図を決めて、「私が口づけをするのが、その人だ。その人をつかまえるのだ」と言っておいた。 それで、彼はすぐにイエスに近づき、「先生。お元気で」と言って、口づけした。 イエスは彼に、「友よ。何のために来たのですか」と言われた。そのとき、群衆が来て、イエスに手をかけて捕らえた。(マタイ26:48~50)

【 要 旨 】

イエス様の逮捕は通常とは全く逆であり、正しい人が罪人から逮捕されたのです。

罪を罪と思わない無知な人間の、本当に恐い光景でした。


このことは本来、あってはならないことですが、神様の御心だったのです。

多くの宗教指導者は、イエス様に圧力をかけて、その信仰をも捨てたのでした。


人に裏切られることは、実につらいことです。
まして、イエス様は弟子のユダに裏切られたのですから。人の心は陰険です。


ダビデは「私は死人のように、人の心から忘れられ、こわれた器のようになりました。(詩篇31:12)」と嘆いています。


ユダには立ち返らせようと、イエス様は手を尽くされたのですが、悔い改めなかったのです。

その第一の原因は、ユダはお金をこよなく愛していたためです。


クリスチャンの中にも、このように裏切る者はなきにしもあらずです。


私たちはどんな場合でも、イエス様を悲しませてはなりません。

その時に弟子はみなイエス様を裏切りました。


これが人間の悲しさですが、私たちは誘惑されないように、いつも、自らを見守っていなければならないのです。


「立っている者は倒れないように気を付けなさい。(Ⅰコリント10:12)」と言われています。


私たちは、霊の目を持って、新しく生まれ変わって、心からイエスを愛し、信頼し、罪赦されて、強く、正しく生きましょう。

2016.3.20
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■