テーマは「 主が弟子の足を洗う 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 13章1~11節

◎関連聖句 ピリピ2:5~11、エペソ4:32~5:2、へブル10:22

夕食の席から立ち上がって、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。 それから、たらいに水を入れ、弟子たちの足を洗って、腰にまとっておられる手ぬぐいで、ふき始められた。 こうして、イエスはシモン・ペテロのところに来られた。ペテロはイエスに言った。「主よ。あなたが、私の足を洗ってくださるのですか。」 イエスは答えて言われた。「わたしがしていることは、今はあなたにはわからないが、あとでわかるようになります。」(ヨハネ13:4~7)

【 要 旨 】

イエスは弟子たち一人ひとりの足を洗われた。

何故、そのようなことをされたかというと、わたしは仕えられるためではなく、仕えるために来たのであり、わたしは、しもべであるからと言われた。


私たちはプライドがある。
その思いは愛がなくて、高慢である。


イエスは、私たちにその思いをなくすために、私たちの足を洗って、罪人への愛を見習いなさいと、示されたのである。

何故、私たちはイエスのように出来ないか。
イエスのような愛がないからである。


神に敵対した我々を赦して下さったのは、イエス様である。

赦されたことは、素晴らしい祝福である。


足を洗ってくれたのは、イエス様が十字架で血を流して下さったことと同じに尊いことである。

イエス様は十字架で勝利を宣言されたが、それは我々には想像もできない過酷な時間であった。


「完了した」という言葉は、父が喜ぶように、最後まで仕えたイエス様の我々に対する赦しの言葉と言える。

誰一人として滅ぼさせないという思いが、イエス様の心であります。


私たちは互いに赦し合って、愛し合って、イエス様を心に刻み、イエス様の姿が消えることがないようにして下さい。


イエス様がされたことを私たちも、同じようにできるようにして下さい。


2016.3.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■