テーマは「 全ての所におられる神 」です


◎基調聖句 詩篇 139篇7~10節

◎関連聖句 エレミヤ23:23~24、Ⅱ歴代誌2:5~6、 Ⅱコリント5:19

私はあなたの御前を離れて、どこへ逃れましょう。たとい、私が天に上っても、そこにあなたはおられ、私がよみに床を設けても、 そこにあなたはおられます。私が暁の翼をかって、海の果てに住んでも、そこでも、あなたの御手が私を導き、あなたの右の手が私を捕えます。(詩篇139:7~10)

【 要 旨 】

サタンの策略で丸裸になったヨブは、潔白で正しく、神を畏れ、悪から遠ざかっていたが、
それだけの信仰を持っていても、神が側におられることを疑った。

しかし、神はいつも彼の側におられたのである。
神はすべての空間を支配しておられる。


すなわち神の中に天と地がある。


パリサイ人は、神との距離を置いていたから、
イエスの言葉が理解できず、メシアではないと敵対した。

神の本性は、人間とは異次元であるので、遠い存在になっているのである。


また、神がアダムに何処にいるのかと質問された時、
アダムにいぶかしい感情が生じたのも、罪人のように心が遠く離れていたからである。


神は天国にも地獄にもおられる。
しかし、地獄は暗闇であるから、光がないから、それでおられることが解らないのである。

神との交わりの中に天国を見るとき、人間は聖なる臨在を感じるようになる。

反対に神から離れたと意識したならば、
悔い改めて、障害を取り除かなければならない。


人は水と御霊によって生まれ変わり、アバ父と呼べるようになる。

神が近い存在と考えることができるように、イエス・キリストを遣わして下さった。


この恵みに感謝したい。義人はいない、一人もいないと言われているが、聖霊充満によって、我々は神から離れることなく、その域に近づきたいものである。

2014.5.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■