テーマは「 生きている信仰を持つ人 」です


◎基調聖句 ヨシュア記 2章8~16節

◎関連聖句 申命記8:3、ローマ10:9~10、黙示録3:6

どうか、私があなたがたに真実を尽くしたように、あなたがたもまた私の父の家に真実を尽くすと、今、主にかけて私に誓ってください。そして、私に確かな証拠を下さい。 私の父、母、兄弟、姉妹、また、すべて彼らに属する者を生かし、私たちのいのちを死から救い出してください。」  (ヨシュア2:12~13)

【 要 旨 】
信仰を持っているといっても、生きた信仰の人も、死んだ信仰の人もある。生きている信仰を持っている人の信仰とはどういうことかを学ぶ。

① 御言葉を聞く
 神の存在を知るようになり、もっと神を知りたいと思うようになる。それを、関心を持って聞いて学ぶようになる。申命記8:3には、人はパンのみで生きるのではなく、神の口からのすべての言葉で生きると言われている。

② 御言葉を告白する
 真実な信仰は、告白しないと生まれない。ラハブはバアルを信じていたが、その時は乱れた姿であった。イスラエル人から真の神のことを聞いて、深い愛があり真実の神であると信じ、告白した。ローマ書10:9~10には、人は心で信じて義と認められ、口で告白して救われるとある。ともかくも、人々の前で、神を宣べ伝えることである。

③ 告白してのち行動を起こす
ラハブは告白してのち、祖国を選ぶか、神を選ぶかの決断を、命をかけて神を選んで行動した。信じた時に行動を起こすと、神が働いて下さり、恵みと救いに導かれる。行動を伴わない人は多いが、祈りによって告白すべきである。
生きた信仰は、イエスの袖に触れただけでも、救われ、恵まれる。また、生きた信仰は、からし種ほど小さくても、山に向かって海に入れと言えば、そうなる。

2013.9.1
礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■