すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

2020年04月

信仰と忍耐と祝福



テーマは「 信仰と忍耐と祝福 」です


【ヤコブ5章11節】

見なさい。耐え忍んだ人たちは幸いであると、私たちは考えます。あなたがたは、ヨブの忍耐のことを聞いています。また、主が彼になさったことの結末を見たのです。主は慈愛に富み、あわれみに満ちておられる方だということです。

信仰と忍耐と祝福とは深い関連があります。


ヨブを見てもよく分かります。

一つでも抜けると、神の約束の祝福を受けることは出来ないです。


信仰生活に忍耐は必須です。


忍耐なしに信仰の成長はありません。

忍耐のない人は信仰生活を続けることも出来ないです。



神様は私たちのために祝福を備えておられます。

霊的祝福はもちろん、他の祝福も与えて下さる方です。


祝福は勝手に天から落ちてくるものではなく、“ある条件” があります。


ヨブが受けた祝福を見ても分かります。




主の試みに対して勝利する人が祝福される




アブラハムもヨブも とんでもない試みに会いましたが、信仰と忍耐によって勝利しました。

神からの試みは祝福のためでもあります。


【申命記8章16節】

あなたの先祖たちの知らなかったマナを、荒野であなたに食べさせられた。それは、あなたを苦しめ、あなたを試み、ついには、あなたをしあわせにするためであった――



主を恐れ、主のことばを守り、従う人は祝福される




ヨブはすべてのものを失った後も主を愛し、恐れ、主に礼拝をささげ、妻から「神を呪って死になさい」と言われた時にも、神への信仰を捨てず、従い通したので、主はヨブを豊かに祝福しました。




良い行いで主を喜ばせるならば 祝福される




主は良い行いに報いて下さる方です。


【ルカの福音書6章38節】

与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです。」



・任された働きに忠実な者は祝福される




タラントを与えて仕事をさせた主人が しもべたちと清算した時に、良く働いたしもべたちは主人から祝福を受けました。




・主の約束を信じ、主の時まで忍耐した人は祝福される




ヨブも耐え難い試練の中で主の約束を信じ、忍耐したので祝福を受けました。


信仰があり、忍耐もあるならば、主はその人を祝福しますが、それらのものがないならば 願っても祝福は来ないことを覚えましょう。


2020.4.26
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

来て下さい



テーマは「 来て下さい 」です


【ヨハネの黙示録22章17-21節】

御霊も花嫁も言う。「来てください。」これを聞く者は、「来てください」と言いなさい。渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。

私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。

また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。

これらのことをあかしする方がこう言われる。「しかり。わたしはすぐに来る。」アーメン。主イエスよ、来てください。

主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。アーメン。

今日のことばは聖書の最後にあることばです。

最後にあることばの中に「来て下さい」と言う言葉が3回もあります。


ヨハネの黙示録は、未来の歴史が書かれてあります。


歴史は過ぎたことですが、ヨハネの黙示録はこれから起こる 神が書いた未来の歴史です。



神は使徒ヨハネに未来の歴史を示して下さいました。

その中でも特にキリストの再臨に対して黙示録は語りました。


【ヨハネの黙示録22章7節】

「見よ。わたしはすぐに来る。この書の預言のことばを堅く守る者は、幸いである。」

【ヨハネの黙示録22章12節】

「見よ。わたしはすぐに来る。わたしはそれぞれのしわざに応じて報いるために、わたしの報いを携えて来る。

このように語ったことばに対して、聖霊と花嫁(教会)は「来て下さい」と応答しました。


そして招待のことばがありました。



“聞く者、渇く者、ほしい者” は「来て下さい」と言われました。


  • 【聞く者】…… キリストの預言のことばを聞く者
  • 【渇く者】…… 義に飢え渇く者(マタイの福音書5章6節)
  • 【ほしい者】…… いのちの水が欲しい者(キリストの救いを願う者)


これらの者のために、主はすでに自分の血で贖いを完成しましたので、だれでも福音を聞いて、キリストを信じるならば 永遠のいのちを賜物としてタダで受けることが出来ます。


それから神の預言のことばに対して付け加えたり、取り除くならば 神の怒りに会い、神の国には入れません。


なぜなら神の権威を無視する高慢な行為なので、神の怒りにあうのは当然なことです。



主が3度も「私はすぐに来る」と言われたのは、必ず再臨すると強調したことです。


それに対して再臨信仰を持っている人は期待しながら毎日迫害に耐えながら勝利の生活を送っていました。



今も再臨信仰を持っている聖徒は 天の故郷を慕い求めながら「主イエスよ。来て下さい」と告白しなければなりません。


2020.4.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

栄光の主の姿



テーマは「 栄光の主の姿 」です


【ヨハネの黙示録1章12-18節】

そこで私は、私に語りかける声を見ようとして振り向いた。振り向くと、七つの金の燭台が見えた。

それらの燭台の真ん中には、足までたれた衣を着て、胸に金の帯を締めた、人の子のような方が見えた。

その頭と髪の毛は、白い羊毛のように、また雪のように白く、その目は、燃える炎のようであった。

その足は、炉で精錬されて光り輝くしんちゅうのようであり、その声は大水の音のようであった。

また、右手に七つの星を持ち、口からは鋭い両刃の剣が出ており、顔は強く照り輝く太陽のようであった。

それで私は、この方を見たとき、その足もとに倒れて死者のようになった。しかし彼は右手を私の上に置いてこう言われた。「恐れるな。わたしは、最初であり、最後であり、

生きている者である。わたしは死んだが、見よ、いつまでも生きている。また、死とハデスとのかぎを持っている。


今日はイースターです。

復活した主に焦点を合わせてメッセージを伝えます。


主の弟子ヨハネは、3年間も主と一緒だったので、主の姿はよく覚えています。


復活なさった主にもすでに会っていました。


その姿は見慣れた姿で、誰もびっくりしませんでした。

親しみを感じる姿でした。



しかし特別な啓示を与えるために現れたイエス様の姿は、今までとは違う姿で、主を見たとき、その足元に倒れて死者のようになってしまいました。


圧倒的な栄光に満ちた本来の神の姿を見たからです。


威厳と栄光に満ちた姿です。

天におられる主の姿です。



主はご自分のことを このように言われました。


「恐れるな。わたしは、最初であり、最後であり、生きている者である。わたしは死んだが、見よ、いつまでも生きている。また、死とハデスとのかぎを持っている。」


死んだこと、そして復活したことを主の口から言われました。

主の姿は弱々しい姿ではなく、威厳に満ちた裁き主の姿です。


足までたれた衣、金の帯、頭と髪の毛は雪のように白く、燃える炎のような目、足はしんちゅうのように光輝いてあり、声は大水の音のようでした。

顔は強く照り輝く太陽のようでした。



王の王、主の主、大祭司の姿、王としての威厳、知恵と聖潔、神的洞察力と公義、裁き主としての栄光と権能と威厳があります。


復活の主は、公義のさばき主として すべてのものをさばきます。


この方の前に立つと、誰もがその栄光と聖さの前で倒れます。


死者の中から最初によみがえられた方、今いまし、昔いまし、後に来られる方、万物の支配者は必ず来られます。


主を迎える準備をしていますか。


2020.4.12
イースター礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

悲しい人の話



テーマは「 悲しい人の話 」です


【マルコの福音書14章64-71節】

あなたがたは、神をけがすこのことばを聞いたのです。どう考えますか。」すると、彼らは全員で、イエスには死刑に当たる罪があると決めた。

そうして、ある人々は、イエスにつばきをかけ、御顔をおおい、こぶしでなぐりつけ。「言い当ててみろ」などと言ったりし始めた。また、役人たちは、イエスを受け取って、平手で打った。

ペテロが下の庭にいると、大祭司の女中のひとりが来て、

ペテロが火にあたっているのを見かけ、彼をじっと見つめて、言った。「あなたも、あのナザレ人、あのイエスといっしょにいましたね。」

しかし、ペテロはそれを打ち消して、「何を言っているのか、わからない。見当もつかない」と言って、出口のほうへと出て行った。

すると女中は、ペテロを見て、そばに立っていた人たちに、また、「この人はあの仲間です」と言いだした。

しかし、ペテロは再び打ち消した。しばらくすると、そばに立っていたその人たちが、またペテロに言った。「確かに、あなたはあの仲間だ。ガリラヤ人なのだから。」

しかし、彼はのろいをかけて誓い始め、「私は、あなたがたの話しているその人を知りません」と言った。


イエス・キリストが私たち罪人のために受けた苦しみは相当な苦しみです。


霊的、精神的、肉体的苦しみをすべて受けました。

人間的な目で見ると、イエス様の一生はとても悲しい人生でした。


神が人となって汚れた地に生まれた瞬間から 苦しく悲しい人生が始まりました。


公の場に出てくるまでの30年間も苦労だらけの人生でしたし、公での活動を始めてからはさらに苦しいこと、悲しいこと、霊的戦いが増えました。



救い主として罪人たちを救うために来られましたが、人々はそれに関心がなく、自分たちの個人的な問題だけを解決してもらうために主の所に集まって来ました。


彼らを見る主の心には悲しみ、苦しみ、あわれみがいっぱいあったと思います。


主の心を知る者がいないことも主の悲しみでした。

誰が果たして主の心を知っていたでしょうか。



悲しみの主の姿がこのように預言されてありました。


【イザヤ書53章2-3節】

彼は主の前に若枝のように芽ばえ、砂漠の地から出る根のように育った。彼には、私たちが見とれるような姿もなく、輝きもなく、私たちが慕うような見ばえもない。

彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。

イエス様の姿はその通りの姿でした。


うわべを見る人の目はイエス様に満足しませんでした。

ですから慕うことも尊ぶこともなく、さげすみ、のけ者にしました。

イエス様に対する人々の冷たい仕打ちは ますますひどくなっていきました。



それを煽る者は宗教指導者たちでした。

これがさらに主の悲しみになりました。


悪が正義に勝つ世界、罪人が義人を裁く世界、人間が神を踏みにじり裁く世界を見る主の心は悲しみにあふれていたと思います。



無罪なのに死刑にされ、汚れた悪人たちからつばきをかけられ、なぐられ、平手で打たれ、愛する弟子たちは自分のことをのろいながら「知らない」と言い切る姿を見て、主の悲しい心はつぶれそうになったと思います。


怒りが頂点に達すると頭が爆発しそうになりますが、悲しみが頂点に達すると心がつぶれそうになります。


主は怒りではなく、悲しみで心がつぶれそうになったと思います。

ですから主の事を悲しみの人と言われました。


主はご自身の事よりは、人間の罪深い姿が一番悲しかったと思います。


【エペソ4章30節】

神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、贖いの日のために、聖霊によって証印を押されているのです。

2020.4.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ