すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

2013年09月

予期しない災難



テーマは「 予期しない災難 」です


◎基調聖句 ルカの福音書 13篇1~5節

◎関連聖句 ヤコブの手紙 4章14節

また、シロアムの塔が倒れ落ちて死んだあの十八人は、エルサレムに住んでいるだれよりも罪深い人たちだったとでも思うのですか。 そうではない。わたしはあなたがたに言います。あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます。」(ルカ13:4~5)

【 要 旨 】

今は終わりの時代です。
昔より今の方が、竜巻、地震、豪雨、旱魃、戦争などの災難が多いことを見ても分かります。
イエスはイエスを信じただけで安全・安心とは言っておられません。
逃げることには限界があります。それで我々は準備を怠ってはならないのです。人はこの世で長く安泰に生きた者はいません。 そこで、私たちは、この予期しない災難に対して、目を覚まして、罪を意識して悔い改めることが、唯一の対策になります。

自分の行くところは、イエス様によって、もう分かっているのですから、神様のお言葉通り、悔い改めれば、安心をもって生きられます。
ヤコブの手紙4章14節には 『あなたがたには、あすのことはわからないのです。あなたがたのいのちは、いったいどのようなものですか。あなたがたは、しばらくの間現れて、それから消えてしまう霧にすぎません。』 と記されています。

消えてしまう時は、予告なしにやって来ます。
罪を持っている人の行くところは決まっているのです。この世の人は、お金を貯めることと明日生きることだけを考えています。
これは滅びです。

私たちは悔い改めて、天国を目指しましょう。

2013.9.15
礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

悔い改めの祈り



テーマは「 悔い改めの祈り 」です


◎基調聖句 詩篇 51篇1~19節

◎関連聖句 ローマ人への手紙 5章20節

神よ。私にきよい心を造り、ゆるがない霊を私のうちに新しくしてください。 私をあなたの御前から、投げ捨てず、あなたの聖霊を、私から取り去らないでください。 あなたの救いの喜びを、私に返し、喜んで仕える霊が、私をささえますように。(詩篇51:10~12)

【 要 旨 】

聖人君子のようなダビデも、夫のあるバテ・シェバのもとに通い、そのことを隠すという大罪を犯した。
そのため、神様から断絶され、地獄のような状態であったときの悔い改めが、詩篇51編である。

神様の愛と慰めによって、勇気をもって御前に悔い改めたのが、この歌である。

クリスチャンは罪人であっても、神様の恵みによって赦され、雪よりも白くしてくれるのである。罪があると心に平安がなくなり、喜びがなくなる。苦しみに満たされてしまうからである。
そこで聖霊充満を求めて祈ることになる。

パウロも罪を告白し、神の憐れみ、恵みを求めて祈り、そして福音を宣べ伝えた。私たちも罪を告白して、悔い改めれば、神様の喜ばれる砕かれた魂、悔いた心にしていただける。罪を軽く考えてはならない。

ローマ書5章20節で、律法が入って来たのは、違反が増し加わるためであり、罪の増し加わるところには、恵みも満ち溢れると述べられている。  私たちは毎日、多少の罪は犯しているものである。
しかし、そんな時には、この詩篇51篇のダビデに学んで、告白し悔い改めよう。罪を持ったままでは、身体も心も清くなることはない。
それでは喜びがない。

2013.9.8
礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

生きている信仰を持つ人とは?



テーマは「 生きている信仰を持つ人 」です


◎基調聖句 ヨシュア記 2章8~16節

◎関連聖句 申命記8:3、ローマ10:9~10、黙示録3:6

どうか、私があなたがたに真実を尽くしたように、あなたがたもまた私の父の家に真実を尽くすと、今、主にかけて私に誓ってください。そして、私に確かな証拠を下さい。 私の父、母、兄弟、姉妹、また、すべて彼らに属する者を生かし、私たちのいのちを死から救い出してください。」  (ヨシュア2:12~13)

【 要 旨 】
信仰を持っているといっても、生きた信仰の人も、死んだ信仰の人もある。生きている信仰を持っている人の信仰とはどういうことかを学ぶ。

① 御言葉を聞く
 神の存在を知るようになり、もっと神を知りたいと思うようになる。それを、関心を持って聞いて学ぶようになる。申命記8:3には、人はパンのみで生きるのではなく、神の口からのすべての言葉で生きると言われている。

② 御言葉を告白する
 真実な信仰は、告白しないと生まれない。ラハブはバアルを信じていたが、その時は乱れた姿であった。イスラエル人から真の神のことを聞いて、深い愛があり真実の神であると信じ、告白した。ローマ書10:9~10には、人は心で信じて義と認められ、口で告白して救われるとある。ともかくも、人々の前で、神を宣べ伝えることである。

③ 告白してのち行動を起こす
ラハブは告白してのち、祖国を選ぶか、神を選ぶかの決断を、命をかけて神を選んで行動した。信じた時に行動を起こすと、神が働いて下さり、恵みと救いに導かれる。行動を伴わない人は多いが、祈りによって告白すべきである。
生きた信仰は、イエスの袖に触れただけでも、救われ、恵まれる。また、生きた信仰は、からし種ほど小さくても、山に向かって海に入れと言えば、そうなる。

2013.9.1
礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
カテゴリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ